2017年12月13日 (水)

東京国際交流旅行ザ☆パンティ19~お昼ご飯とスペイン人ぽっちゃりパンティ

 

ついに最終話です。

 

正直ぼく自身もこんなかかる
(時間的にも話数的にも)
なんて思ってませんでしたが、

 

せめてもの締切である、
ヘイボーと東京へ行くまでには
終わらせたいと思うておりました。

 

そしてこれにて最終回です!

 

まあこんなやっといて、
また数日後には東京のお話を
書かなくてはならないのですが、

とりあえず9月のお話ですからね、
今回は今回で作ります!

 

 

それから、読者であるまっそーさんから、
「もっと小分けにした方がいいんじゃ?」
というアドバイスをいただきました。

 

なるほど、確かにそういうやり方もありか!
と思って、この最終話を小分けに
作ろうと考えておりましたが、
もう時間がないのでそれはまた
別の機会にしようと思います。

 

 

~~~~~~

 

 

べに
はー、にしても南米パンティ残念だった。

 

もう計画段階で破綻確定だった
トモダチシーウィード作戦」ですが、
全然まだ実行すらしてないので、

もし決行していたら
成功していたんじゃなかろうか?

そんなありえない前提でぼくは
考え事をしておりました。

 

まあその考え事というのは
パンティもらうという
頭腐ってる内容なのですが、

当時のぼくはまだ
パンティを諦めていなかった。

 

 

埼玉県秩父市。

和同開珎の祖である
聖神社を出たぼくは、

群馬県の道の駅
「ららん藤岡」へと車を走らせました。

 

理由は一つ。

 

 

そこでお弁当食べるため。

 

 

ららん藤岡は、
敷地内に噴水があり、
その周辺がテラスみたいになっていて、
自由にそこで飲食が出来るのです。

 

もうそこで弁当食べるしかない。

意地でも野外でお弁当食べたかったぼくは、
もうそこしか手頃な場所がないと判断。

 

ららん藤岡へ向かいました。

 

 

 

で、到着。

 

で、

 

 

Tgr19_1

ついにそのベールが脱がされるお昼ご飯(撮影時17:30)

 

 

 

Tgr19_2

カラシのせの儀を済ませたシウマイとわらじカツ弁当!!

 

 

Tgr19_3

もうちょー旨そうじゃね?

過去にも書きましたが、
このシウマイはそのまま食べられるやつです。

温めなくてもいいやつ。

 

 

そんなわけで、

Tgr19_4

群馬県の噴水を見ながら

神奈川県のシウマイと

埼玉県のわらじカツと水を

新潟県のぼくがいただきます。

 

 

うお、メインである東京がなくね!?

(崎陽軒は神奈川県が本社です。)
 

 

そんなわけでお昼ご飯を美味しくいただきました。

 

 

~~~~~~

 

 

べに
・・・・・・・・。

 

お弁当を食べながら、
ぼくは必死に検索をしていた。

 

そう、如何にネタである
パンティを手に入れるか。

 

 

であるなら、ぼくはこのお昼ご飯を食べた後、

風俗店に行って
パンティをゲットする必要がある。

 

 

そんなわけでぼくはご飯食べながら
風俗を検索するという、

人間の欲望の赴くままに
我が道を進んでいる状態でした。

 

 

そうこう検索していると、

どうやらハーフである風俗嬢が、
高崎のデリヘルで働いているらしい。

 

 

噂で聞いたことがあるのですが、

「金髪!アメリカ!ロシア!本人100%!!」

という謳い文句で
経営している外国人デリヘルを呼んでみると、

 

もう普通に中国人のおばちゃんが
来るお店があるとのこと。

 

金髪でなければ、アメリカやロシアですらない、
本人じゃない確率が100%という
今時の詐欺もびっくりな手口。

 

・・・あれ、なんかつい先日、
そんなマッサージ屋さんがあったよな。
28歳がいるって言ってたのにな。

 

 

ですがね、世の中進んだものです。
 

「爆サイ.com」

こちら検索してヒットすれば、
大体そのお店の雰囲気がわかるのです。

今回のそのハーフの人が居るデリヘルも、
調べてみるとまあまあ無難な方でした。

 

 

あんまりハッキリ書くと特定されそうなので、
やんわりと書きますが、
「ぽっちゃり専門店のハーフのデリヘル嬢」です。

 

ぽっちゃり専門店、
ということで一つ覚悟しないとですね。 

 

 

ようし、方向性は決まったぜ!

お弁当食べ終わったぼくは、
高崎のとあるラブホテルへ行き、
そしてお店に電話して召喚の儀を執り行いました。

 

 

 

~~~~~

 

 

待ってる間、
もちろんアダルトチャンネルを見るわけですけど、

 

Tgr19_5


この映像がとてもエロかった。
こう、おっぱいの形がステキだったね。

 

 

さて、先程も書きましたが、
ぽっちゃり専門店です。

ぽっちゃり専門店の良さは、
「おっぱいが基本コースで大きい」
という利点があります。

おっぱいが好きなぼくの中では、
全然選択肢の内に入ります。

 

ただ、もちろんおっぱい以外も大きいです。

ホントどうしてそんななるまで放っておいたんだ、
と聞きたくなる人も中にはおりましたが、
前回のパンティ旅行の際に登場した、
池袋のRちゃんみたいに、
完璧な理想ぽっちゃりな人もおります。

 

こればっかりはどちらが来るかは
天命に身を委ねるしかないですね。

 

 

そして誤解なきように言いますが、

完全に「デブ」と言っても
差し支えない人のおっぱいより、
痩せている人のおっぱいの方が柔らかいです。

まあ柔らかいというより、
揉み心地が良い、という感じですかね。 

ぼくのおっぱい統計によると、
その様なデータが出ております。

 

ぽっちゃりな人のおっぱいは、
残念ながら太っている人側の
揉み心地の場合が多いですね。

 

で、何が言いたいかというと、

 

今回はおっぱいもそうですが、
外国人のパンティを手に入れるという
勝手なミッションを自ら産み出し、

その結果、手頃な金額で、
外国人である女性が
このぽっちゃりデリヘル嬢だった、

そんな流れにあるということを、
一応念頭に置いておいてください。

 

 

「あたし太っているけどおっぱい柔らかいよ!」

という方は、今すぐお電話を!!
か、TwitterのDMにて
受け付けております。

 

 

 

そんなわけで、
今回のターゲットである、

外国人ハーフのデリヘル嬢、
Kちゃんが登場しました。

 

 

 

~~~~~~~

 

 

 

べに
いらっしゃいませー。

 

と出迎えるぼく。

 

Kちゃん
こんばんはー、はじめまして!

 

やってきたKちゃん。

まあ、まあ、中々のぽっちゃり具合。
5段階で言うと4ですが、
100段階で言うと78くらい。

 

しかしながらハーフという
プロフィールを裏切ることなく、
完全に外国人の顔立ち。

 

そして聞くところによると、
完全に日本育ちなので、
日本語が完璧に話せます。

 

外国人特有のイントネーションがなく、
日常会話が普通に成り立ちます。
(簡単な言葉の会話じゃないと、
コミュニケーションが成り立たない、
ってことがない。)

 

 

 

つまりKちゃん、

 

 

外国人の顔だけど
中身が完全無欠の日本人

なわけです。

これは中々面白い逸材。

 

 

さて、挨拶を済ませたぼくら。
Kちゃんがビジネストークに入ります。

 

Kちゃん
何分にしますか?

 

 

ここでフローチャートが
一瞬で作成されました。

 

 

!パンティの交渉!
↓OK  ↓NG
2時間  1時間

 

さあ、あなたのお給料は、
この返答次第だ!

 

べに
その前にさ、オレパンティがほしいんだ。

 

バカッ!いきなり何言ってるんだ!

せめて少しトークしてからだろうが!!
と思ったのですが、

 

 

 

 

Kちゃん
え、いいけど・・・。

 

 

というまさかの返答に、

 

べに
2時間で!!

 

と、力強く答えるのでした。

 

思えば、1時間料金で、
パンティ買い取りで2000円とかにすれば
もっと安く済んだのかもしれない。

今思い出したけど、
コンビニで拾った5000円パクればよかった。

 

 

さて、ここでぼくがKちゃんと
どんなプレイしたかだの、
おしりに挟んだだの、
うっかりそのままだの、

そんな内容は興味ないと思いますので、

 

パンティの件について語っていきます。

 

もう今回のお話ではおなじみですが、

 

Panmizu


この一式をKちゃんの前で広げた。

 

Kちゃん
行商の人みたいw

べに
ちょっと閉店セールやってたから買ったのさ!

 

 

そう言えば「ネタのために」と言い忘れたので、
多分Kちゃんにしてみれば、
ぼくはただの変態野郎にしか映らないでしょうけど、

ぼくは交渉の末パンティをもらうことを約束した。

 

しかしいきなり言っては、
替えのパンティなんて
Kちゃん持ってきてないだろうから、
こちらのパンティと交換することにしました。

ごめんな、一枚190円で。

 

 

しかしですね、

相手はぽっちゃり専門店の、
100段階で言うと78ですよ。

標準体型用のパンティしか
ラインナップになかったぼくは、
一番大きいLサイズの
パンティと交換しました。

 

上の写真で言うと右下の紫のパンティなのですが、

Kちゃんが穿くと、

パンティが可哀想なくらい
引き伸ばされていた。

 

 

さて、そんなん文章で言われても、
全くもって想像できませんよね。

 

大丈夫です、当ブログ、
きちんと写真を用意しました。

 

あ、さすがにKちゃんが穿いた姿は
こう色んな意味でNGなので
写真撮れませんでしたが、

 

 

いかにKちゃんがぽっちゃりだったか、
そんなのが人目でわかってしまう写真、

 

 

 

 

 

 

 

こちらです!!

 

 

Tgr19b



この差よ!!

 

 

 

Mサイズより二回りぐらい大きいわ!

でも、パンティのコンディションは最高でした。

べつに二回り大きかろうとパンティはパンティですし、
何日も穿いて異臭漂う「汚パンツ」というものではない。

Kちゃん自身お風呂入ったあとで、
パンティも洗濯したあとのパンティだそうです。

 

 

・・・そういえば、昔、異臭漂うから
ビニール袋に封印にしたままのパンティあったな。
あれ・・・どこにやった・・・?

 

 

 

 

そんなわけで、時間も過ぎたので、
ぼくは家へ帰りました。

 

 

なお、ぼくはKちゃんとLINEの交換をしました。

実はパンティをもらう第二弾の約束を
取り付けることが出来たのです!やったぜ!

 

 

あ、今読み返してみて、
Kちゃんのこと外国人としか書いてないですが、
聞くところによるとスペインとのハーフだそうです。

スペインにも行ったことがあるそうですが、
やはりスペインの男性は情熱的だそうです。

まあパンティについて、
ここまで情熱的に交換した男も
ぼくぐらいなものでしょう。

 

 

 

~~~~~~~~

 

 

と、言うような、
そんな感じの三日間でした。

 

もう三ヶ月前の話なので、
幾つか忘れてたりしたこともありますが、

やっぱり今回の旅行で衝撃を受けたのが、

「崎陽軒のシウマイ弁当」

「川崎南町の居酒屋ちょんの間」

「新大久保の立ちんぼ」

ですね。

 

 

とくに立ちんぼについては、
完全にチャンスを逃してしまったので、
次回、と言っても数日後ですが、

必ず立ちんぼとバンバン出来るように、
チャンスをものにしたいと思います。

聖闘士は同じ過ちを犯さない!!

 

 

 

シウマイ弁当は、八重洲のシウマイBARにて
筍煮とビールを頼むというミッションが発生。

川崎南町のちょんの間については、
ヘイボーに話したら行きたいと言ってました。

たしかに、帰宅途中のオーパイパイと
バンバン出来るのであればお願いしたいくらい。

 

新大久保の立ちんぼは
やっぱりオカマもいるらしいです。

ですがチラッと見えた、
美少女かもしれない立ちんぼとまた会いたい。

 

やっぱ東京は素晴らしい街ですな。
なかなか行けないけどまた行きたい。

 

そんな、次回への架け橋を残しつつ、

 

ぼくは今週末の東京旅行で全力を出す。

 

 

とりあえず、9月の東京のお話は
コレにておしまいです。

長きに渡ってありがとうございました。

 

東京のみんな!数日後に会おう!!

 

 

近々、どのルートで東京に行くか更新します。

 

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年12月12日 (火)

東京国際交流旅行ザ☆パンティ18~埼玉県西武秩父の和同開珎

 

 

写真だらけの今エントリー!

はぁじまーるよー!

 

 

ネタも特になかったからね!

 

 

バームクーヘンも携え、
お昼ご飯のために買った、
崎陽軒のシュウマイ。

 

流石に連チャンでシウマイ弁当は
あれだと思うたので、
シウマイのみを買いました。

そのまま食べられるやつね!

 

 

とりあえず東京で
他にやりたいことはありましたが、

 

結局夜じゃないと楽しめない場所ばかり。

 

本日は帰路につかねばならないので、
ここから新潟に戻る間で、
何か寄る場所ないかと探してました。

 

で、中々面白そうな場所があったので、
ぼくはそこへ向けて出発することになりました。

 

そんなわけで、東京とはコレにておさらば。
楽しい思い出をありがとう!

次回来たときは
もっと楽しい思い出が出来ることを願う!

 

 

 

~~~~~

 

 

 

ぼくが向かっているのは、西武秩父駅。

ここの周辺に、
金運が上がることで有名な、
和同開珎の元祖「聖神社」があります。

 

新大久保駅からナビで西武秩父駅までをセット。

ぼくの冒険はまだまだこれからだ!!
(べに先生の次回作にご期待下さい!。)

 

 

で、高速道路もそこそこに、
埼玉県で降りて進むこと数分。

 

 

べに
ちょ、有料道路通んの!?

 

 

「皆野寄居有料道路」でしたかね。
ここを通らねば快適なドライブが
約束されなそうなルートでした。

高速道路は致し方ないとして、
有料道路を通るのは何かモッタイナイ。

 

金運上げに行ってるのに、
早速金運落ちてるじゃねぇか!!

 

 

まあ仕方ないので通ることに。

 

料金所の手前に、

 

Tgr18_4

小さな休憩所がありましたので、
ちょっとここで一息つくことにしました。

 

ここら辺は

Tgr18_1

ひょうたん有名なんですかね。

立派なひょうたんがゴロゴロしてました。

 

Tgr18_2

ひょうたんと言えば、酒瓶か移動する島の
二択しか思い浮かばないんですが、
そもそもコレ食べられるんですかねぇ?

 

 

休憩小屋には、
地元の特産品とか売られてて、
コーヒーとか飲めるプチ喫茶店みたいになってた。

 

べに
おっ!

 

ぼくが反応したもの、それは、

 

Tgr18_5

漬物の試食があるやないか!!

なかなか美味しゅうございました!

 

 

この休憩所に立ち寄った理由は、
「コーヒー1杯50円」という幟が
目に入ったからです。

 

Tgr18_6

コーヒーと一緒にコロッケも購入。

何コロッケか忘れました。
何か特別な芋だったか味噌だったかのコロッケ。

 

 

Tgr18_7

美味しゅうございました。
揚げたてだったのでさらに美味しさアップ。

 

 

~~~~~

 

 

車を走らせ、次のポイントに到着。

 

Tgr18_11

道の駅 ちちぶ

 

なぜここに寄ったのか。

食の軍師で多大な影響を受けた「シウマイ弁当」。

同時に「駅弁」「ご当地弁当」にも関心が生まれました。

 

折角埼玉県に来たのだから、
埼玉県のそれも秩父地域の
ご当地弁当を探していましたら、

「わらじかつ弁当」を発見。

 

そう言えば過去に埼玉県を周遊してた時に、
わらじカツ丼を食べた気がする。

 

こういうご当地弁当は、
総じて道の駅や駅の構内に
売られてると踏んだので、

一先ず手当たり次第寄ることに。

 

 

べに
何っ!

 

 

ぼくがまた興味を示したもの、

 

Tgr18_8

もう速攻買ったからね。

B級グルメはこうでなくては!
手頃なお値段、想像しやすい味! 

 

喜び勇んで食べてみると、

Tgr18_10


べに
うわ、めっちゃうめぇ!!

味噌とじゃがいもの相性がいいのか、
そもそも味噌が旨味のある味噌なのか、
かなり美味しいみそポテト。

弁当を買いに来たミッションがなければ、
もう一本買って食べてたくらい美味しかった。

 

そしてもう一つ、

 

Tgr18_9

ヘイボーが居たら買ってた。

え、買えばいいじゃんって?

ぼくは炭酸が苦手です。

 

 

この道の駅ちちぶの探索は続く、

ブログにした気がしましたが、
実はここ、読者であるみかじさんと
訪れたことがあり、

 

Tgr18_12

写真の左側。

湧き水が楽しめるという超優良スポット。
みそポテト食べながら湧き水飲むとか、
至高の贅沢じゃありませんか。

 

過去エントリーでここのことを書いた時、
写真右側のハイテクロボットのことを、
北朝鮮の軍事ロボットとか書いた気がする。

 

 

こんな感じで色々楽しめる道の駅ちちぶ!

十分堪能させてもらったぼくは、
次の場所に行くことにしました。

 

 

え、弁当?

 

なかったわ。

 

 

~~~~~~~~

 

 

弁当が置いてそうな場所を探すこと数分、
次に訪れたのが、

 

 

Tgr18_14

地場産業センター。

この如何にも地元の名産売ってますよ!
みたいなところに入ると、

 

Tgr18_13

ポテくまくんグッズ!!

先程のみそポテトをモチーフにしたんですかねえ。
たしかにカワイイのですが、
ここまで推されてると逆に引く。

おい、奥にポテくまくんのゴルフボールあるぞ。
打つのか?飾るのか?

 

 

 

弁当なかったので次の場所へ。

 

 

Tgr18_16

西武秩父駅!!

 

ここすげえよ、

 

Tgr18_15

駅のこっち側が温泉施設になってる!

祭の湯という名前。

 

Tgr18_17

中は中で食堂みたいになってるし、

 

 

Tgr18_18

何かのアニメの舞台でもあるんですかね?

人集りの無さが現状を物語ります。

 

 

実はここに来たのは、
スマホで検索した結果
ここでお弁当が売ってるという
情報を手に入れたからです。

 

そしてついにわらじカツ弁当を手に入れたので、
ここを後にしました。

 

 

~~~~~~

 

 

東京で買ったシュウマイと、
ここで買ったわらじカツ弁当。
そして道の駅ちちぶで汲んだ湧き水。

 

 

 

もう完全無欠。

ぼくのお昼ご飯はとても贅沢な献立となった。

 

 

 

えー、時間は16時になろうとしております。
どこでこのお昼ご飯を食べようか。

 

色々考慮した結果、
これから行く聖神社の、
和同開珎の近くで食べよう!!

 

お金の元祖で食べるお昼ご飯とか、
もう夕方ですけど絶対に御利益ある。

 

ぼくはそれらを片手に聖神社へと向かいました。

 

Tgr18_20

和同開珎の模様に黄色い幟。

なんてご利益がありそうな風貌なんだ!

 

 

Tgr18_21

ぼくもお参りしました。

 

で、ここでお弁当広げようとしたのですが、
やっぱりアクセスもそこそこ良く、
金運絡みの神社のためか、
参拝する方が結構いるんですよね。

 

そんな中、
わらじカツ丼とシューマイ広げてる変態が目に写った日には

バカがいる神社 として雑誌で有名になってしまう。

 

せっかく金運を授けてくれる神社なのに、
それだけは阻止しなくては。

 

で、調べてみると少し行った場所に、
和同開珎の遺跡があるんだそうな。

すこし歩かなくてはならず、
そこなら人も少ないだろうし、
お弁当食べるには絶好のロケーションだろう!

 

車を走らせ和同開珎遺跡へ。
何かダンジョンに行くみたいだな。

 

Tgr18_23

右側に柵が見えますが、
そこから下ってしばらくあるくと、

 

Tgr18_26

橋やら分岐やらあって、

 

Tgr18_24

多分ここでボス戦ですわ。

 

ぼくよりも先に女性二人組が
ここを散策しておりましたが、
まあ、これくらいしか見所がなかったのか、
颯爽と次のステージへ向かっておりました。

 

さて、見てのとおりここにはベンチもあり、
人気もそうそうないです。

お弁当を食べるロケーションとしては、
なかなか良い場所ではないでしょうか?

 

 

と思いまいしたが、

 

 


ブーーーーーーンwwwww

 

べに
うぜぇ!!

 

まあこのエントリー書いてる今は、
雪降り積もる12月12日ですが、
実際和銅開珎前に赴いたのは、
残暑厳しい9月11日ですよ。

 

虫がうざいのなんのってもう。

 

ここでお弁当食べた日には、
虫トッピングが無料で追加されてしまうので、
ここでもお弁当を食べるのを断念しました。

ぼく、お昼ご飯いつ食べられるんだろう?

 

 

Tgr18_25

この崖崩れの跡地も、何か見所みたいです。

ここから和同開珎の原料である
「銅」が産出されたみたいです。

 

とりあえず和同開珎様の
ご利益をいただきましたので、

 

お昼ご飯を食べる場所を模索するべく、
ぼくは再び聖神社に行くことにしました。

 

 

~~~~~~

 

 

もう一度聖神社に来た理由は、
人が捌けるのを待つためでした。

やっぱりここでお弁当食べたほうが、
何かご利益貰えそうで諦めきれなかった。

 

 

ですが、

 

何かカップルがお参りに来てたので、
またしてもお弁当を食べる機会を失いました。

 

 

 

べに
諦めるかー。

 

別に弁当自体は車の中でも食べられるのですが、
折角だから外で食べたいと思ってました。

 

ですがぼくの目的は「お弁当を外で食べる」のであって、
人目に晒されつつ「あいつ何してんの?」と
思われながら弁当を食べることではありません。

無理にここで食べる必要はないので、
正式に聖神社でもお参りをして、
先を急ぐことにしました。

 

Tgr18_27

金みくじ!

これを200円で引くこと自体が
金運下落だと思うんですけど如何でしょうか!?

 

Tgr18_30

しかも中吉だしね。

 

この微妙な気持ち!少し切ない。

 

 

さて、ぼくとヘイボーは金運にこだわっておりまして、
まあその割りには大きなお金は掴んでないのですが、

ここ聖神社には、

 

Tgr18_29

いかにも金運が上がりそうなお金入れが!!

 

ここにお金やら宝くじを入れておくと良さそうですね。

そんなわけで、ぼくの分と、
お土産にヘイボーの分も購入しました!!

 

 

購入して、持ち帰ろうとした時、
このお金入れを包んでいるビニールが、
想像以上に摩擦力0だったので、

 

 

ぽとっ

 

 

 

落としてしもうた。

 

何か、こういうのって落としたら
一気にご利益なくなる感じしません?

ぼくはしました。

 

かと言って、
落ちたものを祀られているものと交換、
ってするのもまた違う気がする。

 

 

仕方ないので、
もう一度境内の台のところに置いて、
お参りをしてから持ち帰りました。

本来、宮司さんだの神主さんだのに
お祓いをしてもらうのが常だと思うのですが、

まあそもそもここに見当たらないので仕方がない。

 

 

因みに、落とした方のお金入れは、
ぼくの手元にあります。

そしてぼくはこれから年末ジャンボを
この中に入れておきます。

 

当たらなかったら・・・・

 

 

 

これを自業自得というのか・・・?

 

 

 

 

 

そう言えば最初に参拝してたカップルの、
男側の方が車で寝込んでおりました。

風体から察するに、
「階段から落ちた」と思われます。

oh、金運ナイアガラですねぇ。

 

 

~~~~~~~

 

 

 

なんだかんだで3ヶ月建つ旅行記も、
次回でおしまいです。

 

ヘイボーとの東京旅行前に
何とか終わらせられそうでよかった。

 

 

次のお話は、
スペイン人?のパンティのお話です。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2017年12月 6日 (水)

東京国際交流旅行ザ☆パンティ17~vsリラクゼーション桂香「ウソつけババァ!!!」

 

旅行から帰ってきて、
もう三ヶ月になろうとしていますが、

そんな旅行記も今回を入れて
あと3話で終了します。

 

作成中にテンションが上がって、
文章量増えない限り3話で収まると思いますが、
まあ多分大丈夫でしょう。

 

 

 

これだけ東京の話を引っ張って、

再来週にはまた東京に行くとか
東京に取り憑かれたのか、
東京の回し者なのか。

 

 

ともあれ、
今年も一ヶ月切りまして、
ぼくも毎日の様に準備やら
イベント事やらスマホゲームやらで、
なかなかブログに手が回らないです。

 

しかしながら、
ぼくは忘れてはいけないことがある。

 

 

 

 

 

Pannmub_8

ぱんむをもらったともさんと約束したじゃないか!!

 

 

ブログを頑張るということ!

 

そして東京旅行記が完成した暁には、

 
今度こそともさんが穿いたぱんむが
送られてくるという約束を!!

 

 

だからぼくは今週ブログを頑張ります。

 

 

~~~~~~

 

 

さて、前回までは

立ちんぼ調査として各地を歩き回り、

時には絡み、時には無視され、

最終的に元締めが立ちんぼを
全員連れ帰ってしまい、

 

結局立ちんぼとバンバンを
することが出来ませんでした。クソッ!

 

 

 

そんな失意の中、
ぼくはとある場所へ向かう。

 

ホテル松の井の通り。

 

南下して割とすぐ。

 

会社の人にそっくりだった
立ちんぼと出会った場所。

 

 

 

 

明るい時の写真ですが、

 

 

Tgr17_3

このリラクゼーション店の入り口に、
おばちゃんが椅子を出して座っていたのだ。

 

 

歩いているぼくとそのおばちゃんの目が合う。

 

 

 

おばちゃん
オニイチャン、疲れてソウダネ。

 

流暢には聞こえるけど、
どことなく違和感のあるイントネーション。

おそらく中国系のおばちゃんと思われます。

 

 

その問いかけに、

 

 

べに
そーなんすよー。

 

と言いながら、
おばちゃんの横に腰掛けた。

 

立ちんぼバンバン出来なかった今、

 

このエロいサービスが裏でありそうな
このインチキ臭いマッサージ屋に
全てを賭けるしかない!!

 

 

おばちゃん
何?観光?

 

べに
まあそんな感じ。

 

みたいに、ホント普通の会話してた。

 

べに
昨日からすごい歩いて疲れたー。

 

と言うと、
このおばちゃんが肩を揉んでくれました。

 

おばちゃん
オニイチャン凝ってるネエ!固いヨ!

 

歩き疲れたのと
この肩こりは多分関係ないでしょうけど、
それでも労をねぎらってもらいました。

 

そしてまた適当に世間話でも。

 

そんな中、ぼくはふと思うたのですが、

この立ちんぼストリートに店を構え、

おそらくこうやって長いこと、外の、

この通りの情勢を見てきたと思います。

 

 

こんな目の前で立ちんぼ達が

己の商売に明け暮れているのです、

その光景も目の当たりにしてきたでしょう。

 

 

 

そしてぼくはこの質問をぶつけてみた。

 

べに
ここって立ちんぼ多いんですか?

 

 

もう、頭おかしいのか、
なぜ外国人に立ちんぼの情報を
聞き出そうとしているのか。

 

で、返ってきた答えは、

 

おばちゃん
? ワカラナイ。

 

 

”立ちんぼ”というワードがわからなかったんですかね、
さほどぼくの問いかけには触れない感じでした。

 

 

おばちゃん
マッサージして行く?

 

この日は日曜の夜。
しかも日付だって変わってる。
厳密には月曜になってるくらい。

 

人通りも少ない中の、
唯一の獲物であるぼく。

 

 

捕まえて金を毟り取りたかったのでしょうか、
ぼくをマッサージに誘い込みました。

 

ぼくはぼくで、
性的なマッサージでしたら
はい喜んでー!」と声を上げて突撃するのですが、

 

こんな立ちんぼ通りにそびえ立つ、
怪しいマッサージ店なんて、
確かに性的マッサージあるでしょうけど、
多分とんでもない追加料金を
取られるに決まっている!!

 

 

 

 

・・・と、思いましたが、

 

 

 

こうやってね、世間話していくと、
不思議と警戒心が薄れていきます。

例えここが立ちんぼストリートだったとしてもね。

 

そうなんですよ、
これが人間の心の触れ合いというやつです。

こんなことがあっても、
たまにはいいじゃないですか。

 

決してね、決してですよ、

 

 

 

 

 

おばちゃん
28歳の女の子がイルヨ。

 

 

と甘い誘いに乗ったからではありません。

 

 

 

~~~~~~~

 

 

 

ぼくは中に通され、2Fに上がります。
そこでコースの説明を受けます。

 

 

まだ酔いが醒めてないのか、

それとも世間話をして
フレンドリーになった気がしたのか、 

はたまた立ちんぼ通りだったという
謎の肩書が気を惑わせたのか、

 

 

ぼくはなぜか、

 

60分コース8000円を選択していた。

このコース、どうやら全身にオイルを塗って
マッサージをしてくれるらしいのだ。

 

おいおい、深夜の外国人マッサージで、
全身オイルとかもう
エロい香りしかしねーじゃねーか!

 

 

金額だってなかなか高いのだ、
せめてお手てスプラッシュくらい
あるんじゃなかろうか!

 

 

おばちゃん
28歳の女の子イルヨ!

 

 

ぼくの頭にはその言葉が駆け巡っていた。

お金も払い、ぼくは部屋に通された。

 

 

そしてカーテンが開いた!!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

なんかおばさん
コンバンハ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ウソつけババアアアアアアアアアアア!!!!!!!

 

 

 

出てきたのが15年前なら28歳だったね、
ってくらいの人でした。

これで何故か白いビキニを着用しており、
逆にこの人はこの店でいじめられてるのだろうかと
思ってしまうくらいヒドイ有様でした。

 

店内には、
おばちゃん、ビキニババアと、ぼく。
そして別のブースにまた女性がいるらしく、
そっちの女性の方が若そうな声してました。

 

とりあえずマッサージを受けることに。
お金もう払っちゃったしな。

 

 

~~~~~~~

 

 

はあ、ぼくはこの人に
お手てスプラッシュを食らわされるのか、
それはそれで謎体験だ、と思っておりました。

 

実際マッサージも結構ヒドく、

最初おばちゃんがぼくにマッサージをして、
例を見せてからその昔28歳がぼくに
同じようにマッサージをしていくのでした。

 

 

 

おい、研修中かよ!!!

 

マッサージっても全然気持ちいいものでもなく、
ただ全身オイル塗られて揉まれているだけ。

あ、何かふくらはぎからアキレス腱くらいの
ところを押されてる時は気持ちよかったくらい。

 

 

例えば、見た目ももっと若々しく、
本当に28歳だったとしたら、
ぼくもテンション揚がって、
もっと話しかけたり、ジャレてたと思う。

 

 

 

べに
「・・・・・・・・・。」

 

昔28歳
「・・・・・・・・・。」

 

 

 

超無言。

 

 

それもそうでしょう?

焼肉屋で「海鮮焼き」を頼んだとしましょう。

大体は、イカ、エビ、ホタテが盛りだくさん
運ばれてくるって想像できるじゃないですか。

 

 

実際はイカが数切れしか運ばれてこなかった、
そんな状態じゃないですか。

 

ったく、どこの松燕だよ!!

 

 

 

今回のこのマッサージ屋もそれと同じ。
とりあえず「女性」ということだけが現実。

28歳という情報は、
時空を歪める魔法を使わないと
実現出来ない状態でした。

 

 

そこで、多分ぼくは冒してはならない
魔法の言葉を口にしてみた。

 

 

 

べに
え、何歳なの?

 

 

 

例えば、見た目ももっと若々しく、
仮に28歳じゃなかったとしても、
まあでも瑞々しい外見でしたら、
ぼくもこんな質問しなかった。

 

でも、このあまりにも無情な空間、
歪められた現実。
謎のマッサージに違法な8000円。

どれをとっても納得しなかったので、
ぼくはもうこの確信に触れるしかなかったのだ。

 

 

 

 

 

 

 

で、また返ってきた答えも
想像を遥かに超えるほどヒドくて、

 

 

 

 

昔28歳
・・・・・・・・・・・・・・ニ・・・。

 

 

おばちゃん
28歳。

 

 

 

 

 

昔28歳
・・・・ニジュ・・・ウハッサイ!!

 

 

 

 

 

ウソつけババアアアアアアアアアアア!!!!!!!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

横ヤリ入れてんじゃねえよ!!

完全無欠に28歳から
時空歪めてるじゃねえか!!

 

 

 

べに
ウソだろ。

 

昔28歳
ニジュウハッサイ。

 

 

もうこの会話からは何も生まれない。
再び無言空間が生み出されるのでした。

 

 

 

 

~~~~~~~~

 

 

 

例えば、見た目ももっと若々しく、
本当に28歳だったとしたら、
おそらくぼくはセクハラをしていたであろう。

手を伸ばしておっぱいとかお尻とか
触ろうと画策してたであろう。

 

 

 

 

もう不動尊。

ぼくも全然そんな気起きない。
起きてたまるか。

 

 

こうして謎の時間が過ぎていき、
ぼくのマッサージタイムも終了しました。

 

 

 

 

 

・・・・・・・・・・

 

 

 

 

 

 

え、お手てスプラッシュは?

 

 

 

と思い、おばちゃんに

 

 

べに
え、この後何かないの?

 

と聞くと、

 

おばちゃん
エンチョウスル?

 

 

と言われました。

 

 

えっ!?」と思い、
チラッと昔28歳を見た後、

 

 

 

べに
・・・いや、しない。

と、言う事しか出来ませんでした。
クソッ何なんだこの無駄な時間は!!

 

 

とてもスッキリしない、
納得しない心持ちの中、
ぼくは服を着ました。

あ、オイルは全部タオルで拭き取られましたので
ヌルヌルのまま服を着たとかないです。

 

 

カーテンの向こう
○×××○○×○~。

 

どうも若い声がする。
声質も可愛らしいじゃないですか。

 

ぼくは退店を促されましたが、
このままではどうもしっくりこない。

 

 

そこでぼくが取った行動は、

 

 

 

 

バッ!!

 

 

ブースを仕切っているカーテンを一瞬でめくって、
そのカーテンの向こう側を確認しました。

 

 

若い女性
○×!!!

 

 

 

 

 

 

べに
いるじゃねえええええかああああああああああ!!!!

 

 

これはマジで叫んだ。
店内で叫んだ。

これで叫ばなきゃ男じゃない。

 

 

その女性、下着姿でそこそこ可愛く、
この子がぼくのマッサージをしてくれたら、
確実にセクハラの餌食になってたであろう。

 

おばちゃん
ダメよ兄ちゃん!!

 

と、咄嗟にカーテン直されましたが、
うるせー、そんなの知るか、オレの28歳返せ!!

 

 

 

 

べに
オレそっちが良かった!!

 

ぼくだっていい歳なのに、
駄々っ子みたいなことを言うのですが、

相手の返答の方が上手で、

 

 

おばちゃん
あの子でエンチョウする?

 

 

多分再び不毛な時間を
追求することになりそうだったので、

 

べに
・・・帰るわ!

 

 

と言って、建物から出ました。

 

 

 

~~~~~~

 

 

 

べに
はあ、何だよチクショウ!!

 

思えば立ちんぼは撤収し、
ネタを求めて入ったマッサージは
別の意味で詐欺の店。

 

ネタとしては大満足でしたが、
ぼくとしては、ジョンとしては
色んなものが溜まっております。

↑うるせぇよ

 

そんな不完全燃焼のまま、
ぼくは安心と信頼の拠点、
ビジネスホテル松の井にて眠りにつきました。

 

 

翌朝、ぼくはお土産に
バームクーヘンで有名な店に行くため、
再び新宿へ向かって歩くのでした。

 

Tgr17_1

ビジネスホテル松の井さん出て
すぐ南下した写真。

ここが立ちんぼのヒントですが、

 

この写真の左側。

 

 

 

Tgr17_2


何か割と最近(6月くらい?)に
火事があったみたいで全焼してました。

 

ぼくが不完全燃焼だった分、
こっちで燃えてたんですかね。(不謹慎)

 

 

 

Tgr17_4

新宿へ向かう途中。

バッティングセンターの看板や、
奥の大きな建物を撮ったのではなく、

スナックビルの看板を
撮ったつもりだと思います。

 

 

Tgr17_5

駄菓子居酒屋。

ここで一通り飲んだ時の代金が気になる。
とても気になるけど、

「明日もワッショイしたくなる」

というワードに惹かれて撮影。

 

ぼくとヘイボーはオーパイパイがいれば
いつでもワッショイしたくなるからね。

 

 

 

Tgr17_6

歌舞伎町。アイラブ歌舞伎町!

 

歌舞伎町も探索が全然済んでません。
楽しい店がたくさんあると思います。

来年もまた東京行きたいからその時かなあ。

 

 

新宿の伊勢丹でバームクーヘンで有名なお店に行き、
お土産のバームクーヘン買いました。

自分用に一個買ったけどかなり美味しかった。
ホレンディッシェ・カカオシュトゥーベって店名。

 

 

 

さて、ブログ用に書いたメモもここで終わり。

そして東京から離れます。
埼玉県秩父市のお話。

 

 

ではでは。

 

 

~~~~~~

 

※ 松燕(しょうえん)

燕三条駅からそこそこ進んだ
場所にある焼肉屋さんです。

1Fが精肉屋さんで、2Fが焼肉屋さん。

その特殊な流通経路のお陰で、
お肉が一皿100円で注文できます(4切)。

コスパかなり高い、面白い店です。

今回はネタで名前を出しましたが、
実際は素晴らしいお店なので
一応補足します。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2017年11月30日 (木)

東京国際交流旅行ザ☆パンティ16~vs立ちんぼ「目撃ドキュン!立ちんぼ逃走劇!」

 

 

 

 

 

立ちんぼ
オニイサン遊バナイ?

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Ttnb

 

rァ たたかう
   じゅもん
   にげる
   どうぐ

 

 

 

 

 

遊ぶわけがない

 

 

 

 

~~~~~

 

 

前回に引き続き、
今回も立ちんぼ巡りのお話です。

前回はビジネスホテル松の井さんから
南下してすぐの場所の立ちんぼ達と絡みましたが、

 

3

予てから申してますように、
このピンクの地域が立ちんぼエリア。

松の井さんの通りが1本目として、

2本目3本目も歩いていくよ!

 

 

 

 

で、

 

Ttnb_1


割りとすぐに見かけるのでした。

前回のオーパイパイっぽい人以外は、
見るからに30半ば~40半ばくらいの
人達ばかりでした。

ここら辺はこう言うラインナップなんだろうか?

 

道を曲がり、また別の路地に行くと、

 

 

Ttnb_4

こんな風に立ちんぼ乱舞が催されてます。

 

 

幸か不幸か、

ぼくに話しかけてくる立ちんぼは、
みんなおばさんみたいな立ちんぼ。

 

美魔女みたいなのはおらず、
何かこう
上品にそのまま年取ったけど職業立ちんぼ、
みたいな人ばかりでした。

 

 

 

それを何故「幸か不幸か」と表現したのか。

 

 

ここらの立ちんぼは外国人の立ちんぼが多いらしく、
人種様々な立ちんぼと巡り合うことが出来るのですが、

 

 

人種どころか種族が違う

立ちんぼもおったんじゃよ。 

 

 

まず最初に出会った異種立ちんぼは、

 

・顔立ちハッキリ
・肩幅ドッシリ
・身長190センチ!?

完全無欠、オカマ立ちんぼ。

 

歳は多分若いです20代後半でしょうか?
 

でもそのホリの深さ、
隠せない高身長、
濃すぎる化粧。

 

多分この人はオカマ立ちんぼでしょう。

 

これに比べたら、前回の

 

Ttnb_8


この子はハイパー美少女です。

 

 

さて、また別の通りでぼくは恐怖の体験をする。

 

 

それが冒頭の件になるのですが、

 

 

 

 

 

立ちんぼ
オニイサン遊バナイ?

 

 

 

声を掛けてくれた方向を見た瞬間、

 

 

 

Ttnb_2


 

もう、マジでこんなの。

 

金髪でボサボサパーマ、

ショッキングピンクのシャツ、

ぽっちゃりと言う言葉を使うと
有罪になりそうなくらいクソデブ。

 

 

もう声掛けられた時とか、
あ、言葉話せるんですね、って思ったもん。

 

もちろんスルー。

ドラクエだったら戦闘画面になるんでしょうけど、
NPCだったかの如くスルー。

まあ戦闘になったら開幕痛恨の一撃で全滅だわ。

 

 

全くもって、珍獣を立ちんぼとして
派遣させるとか頭おかしいんじゃねえのか。

 

 

~~~~~~

 

 

時間帯が悪かったのかも知れませんが、
とりあえず立ちんぼの生息域を把握しました。

某掲示板の新大久保立ちんぼスレの
情報どおりだった気がしました。

 

そんなわけで、そろそろ立ちんぼとバンバンしないと、
またチャンスを逃す男になってしまう。

なのでいい感じの立ちんぼが居たら、
ぼくからお願いしようと考えました。

 

歩いていると、

 

立ちんぼ
オニイサンホテルいこう?

 

Ttnb_3

 

この画質悪すぎる画像ですと、
清楚で綺麗そうな女性ですが、

 

何かブリとか入るくらいの
発泡スチロール箱持ってウロウロしてた。

何だよ、別の意味で怪しいじゃねぇか。

 

お顔も、ストレートなおばさん顔でした。
韓国か中国系だったと思います。

 

どうせなら、自分の納得の行く立ちんぼと
バンバンしたいじゃないですか。

さっきのオカマやボストロールではなく、
そしてこの有象無象でもなく、
何かしら女性的魅力を持った
立ちんぼとバンバンしたいじゃないですか。

 

そう思って、並み居る強豪達を押しのけ、
ぼくは立ちんぼ生息域を何往復もしまくった。

 

 

 

そしてここでとある事象が起きた。

 

 

 

ぼくは単純に、時間差で立つであろう
オーパイパイ立ちんぼを求めて、

何回も同じ場所をぐるぐる回っていたが、

立ちんぼ達も暇を持て余していたらしく、
ずっと同じ場所に立っているのだ。

 

すると向こうもぼくのことを覚えていて、

 

 

全くぼくを相手にしなくなった。

 

 

 

それはあまりにも寂しいじゃないですか。

ぼくは立ちんぼを相手しに来たのに、
立ちんぼはぼくを相手にしないだなんて。

普通逆だろうが。

 

 

こうなるとぼくの方が余裕がなくなった。

引く手あまただと思ってたのに、
いつの間にか孤立世界が展開されていた。

 

どうにかして立ちんぼの思い出を作らねば。

 

 

そんな中、ぼくは一つ思い出したことがあった。

 

べに
南米立ちんぼいなかったか!?

 

一本目の通りに、
南米風の立ちんぼが居た気がした!

いや、南米というとブラジルとか思うけど、
違った、アフリカっぽい立ちんぼいなかったか!?

 

これは記憶違いかもしれない。
南米風の立ちんぼなんて居なかったのかもしれない。

 

だけど、変に焦ったぼくはこの記憶、
捏造されただけの記憶かもしれない、
この南米のシルエットを求めて、
一本目の通りに向かって歩き出した。

 

 

 

~~~~~~~~

 

 

座ってる立ちんぼ
中にイルトオモウよ!

 

 

一本目の通りには、
あれだけ咲き乱れていた立ちんぼの花は、
全く居なくなっていた。

 

 

これは前回の画像ですが、

Ttnb_6

この左側の立ちんぼが
まだここに座っていた。

ぼくはこの人の隣に座り、
少しだけお話をしたのだ。

 

彼女はタイ人で、立ちんぼっぽかったけど、
あんまりぼくにガッついてこなかった。

営業終了だったのか、
ぼくが好みではなかったのか。

何か誘われた気がしなくもなかったけど、
今のぼくは南米立ちんぼのことで
頭がいっぱいおっぱい。

 

ゲームをしているこのタイ人立ちんぼに、
南米立ちんぼのことを聞いてみた。

 

すると中にいると思うよ、と言いながら、
二本目の通りを指差していた。

 

二本目の通りにもラブホテルはあるけど、
その通りを縄張りにしている立ちんぼには
ぼくは顔を覚えられてしまったので、
もう顔認証でノータッチ確定の身である。

そんな場所で出てくるまで待ってられるか。

 

 

 

~~~~~~

 

 

 

顔見知りの立ちんぼに合わないように
また周辺をウロウロすること数分。

 

物語は動き出した。

 

 

イラク人みたいなとっつぁんが、
とある立ちんぼに語りかけていた、

 

立ちんぼ
○×××○×!!

 

 

一人の立ちんぼが叫ぶと
新大久保のメイン道路に向かって歩き出した。

 

イラク人のとっつぁんが先頭だ。

すると近くに居た立ちんぼ達も、
そのイラク人のとっつぁんに着いていった。

 

 

これはただ事ではない。

 

 

そう感じたぼくも、
イラク人のとっつぁんに着いていった!

 

まあもちろん距離を取ってね。

 

メイン道路も立ちんぼ達を引き連れて
歩き進むイラクとっつぁん。

 

 

 

そしたら、そのとっつぁんと
立ちんぼ数人が、

 

路駐してあった車に乗って、
走り去って行ったのだった。

 

  

 

 

 

 

・・・・立ちんぼ!?

 

 

 

まあ道端に立って、
男捕まえてバンバンするのが
立ちんぼ
という認識で合っているのだけど、

 

日本に観光に来て、
お小遣いが足りないから立ちんぼをする、
そんなピュアな動機で
立ちんぼをしている女性ばかりと思っていたら、

 

 

社会性を持ち、
ある統率のもとに行われいてる立ちんぼなんて
本人指名ができるデリヘルと一緒ちゃうんか!

 

 

 

そう思うと、立ちんぼへの情熱が
一気に冷めてしまった。

 

しかしここで思い出す。

 

Ttnb_7

私とホテルトマレバイイノニ!

 

こいつは本物の立ちんぼだったのだろうか?
一緒に朝まで遊べた立ちんぼだったのだろうか?

それとも統率下における規則のもと、
朝起きたら財布と共に
居なくなっているのだろうか?

 

まあそれならショートで遊べばいいのか。

 

しかし、この立ちんぼも含め、
一本目にあれだけいた立ちんぼが
一気に消えたという事象も、

管轄のイラク人が連れ帰ったと考えると
一応納得できる状態だ。

 

 

このミステリーを解決するには、

どうやらもう一度、
新大久保に行く必要がありますなあ。

 

 

次回要調査項目でした。

 

 

~~~~~~

 

 

 

Tgr15_5

新宿ハイジア近くで撮った写真。

I ♡ 歌舞伎町
多分アイラブ歌舞伎町。

歌舞伎町も突き詰めると
面白い店とか絶対ありそう。

 

 

 

Tgr15_3

たまたま写り込んでしまった画像。
なんとなくパンティラインが見えてるような気が。

しかし9月上旬ですからねえ、
このような服装の女性がバンバンおりました。
東京いいね!

 

 

Tgr15_2

とある立ちんぼ通りにあるお店。

かわいい。 韓国っぽい絵柄だけどかわいい。

 

 

Tgr15_6

ねこ。

 

 

 

 

 

という訳で、立ちんぼのお話は以上です。

先程も書きましたが、
新大久保にはもう一度行く必要がありますね。

 

そして、ヘイボーとの東京旅行に、
この新大久保が候補地にあるという事実。

 

決定権はヘイボーにあり。

 

そんなわけで、続報にご期待下さい!

 

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2017年11月28日 (火)

東京国際交流旅行ザ☆パンティ15~vs立ちんぼ「トモダチシーウィード作戦!」

 

 

立ちんぼ
オニイサン、遊ばない?

 

 

Ttnb_7

 

立ちんぼに声をかけられたぼく。

 

 

 

 

立ちんぼ
ドコ住んでるの?

 

 

べに
ニイガータ!

 

 

立ちんぼ
ドコ?ワカラない。

 

 

べに
遠い。

 

 

 

立ちんぼ
免許証見セテ。

 

 

 

 

マジこいつ頭おかしいこと
言ってやがりますが、

 

 

もっと頭おかしいのがここにいて、

 

 

 

 

べに
はい。

 

 

 

 

あっさり免許証を渡したんですよね。

こんな風に、とんでもないことを
してしまったぼくですが、

 

相手の方がもっととんでもなくて、

 

 

 

立ちんぼ
見えナーイ。

 

 

 

 

そう言うと立ちんぼはダッシュで
ぼくの免許証を持ち去ったのでした。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

べに
ざけんなバカ!!!

 

 

 

ぼくもダッシュで追いかけた。

バカはどっちかわからない。

 

そんなお話です。

 

 

 

~~~~~~~

 

 

 

ってなわけで大変お待たせしました。

ぼくはスマホとPCのデータ連動に、
Airdroidというご家庭のWi-fiを使って
やり取りするアプリを使ってまして、

 

っていう説明をしようと思いましたが、
みなさんにとってはそんなことより、
ぼくの免許証がどうなったかの方が
気になると思うので本編を進めます。

 

 

ですがその前に一つ、
お話をしておきたいことがあるんですが、

 

ぼくは今回の立ちんぼにある意味、
ブログを左右するネタを賭けていた。

そのためにはどうしても立ちんぼと
仲良くする必要があったのだ。

 

 

今から6年前になるのでしょうか?
2011年3月11日。
東日本大震災が起きました。

東北の太平洋側が大変大きな被害を受け、
ぼくとヘイボーも復興の一助として、
福島県や宮城県を旅行したものです。

 

さて、テレビでも放送されましたが、
アメリカ軍が「トモダチ作戦」と称し、
日本へ救援、支援を施してくれたことがありましたね。

 

アメリカと日本が仲良くなかったら、
おそらくこの作戦も実行されなかった、
もしくはこの作戦名も
付けられなかったんじゃないでしょうか?

 

 

そんな中、ぼくは

立ちんぼのパンティを手に入れる。

 

もうそれだけがこのブログの
生き残りをかけた施策だと考えた。

 

でも、いくら立ちんぼと言えど、
いきなり見ず知らずの野郎が、

 

見ず知らずのべにさん
パンティください。

 

などと言おうものなら、

 

立ちんぼ
お引き取りください。あと息も。

 

と流暢な日本語で
断られるに決まっている!!

 

 

でね、ぼくだってバカじゃありません。

冒頭で免許証ダッシュで奪われた話は
本当のことなのでそりゃまあバカですが、

まあ無策で立ちんぼと接触するなど、
そんな愚かなことはいたしません。

 

先程の「トモダチ作戦」にあやかり、
まずは仲良くなろうということで、

 

トモダチシーウィード作戦」を
ぼくは考え出したのだ。

 

 

 

シーウィード。

 

 

海藻です。
おそらく一般的には「海苔」の意味で
使われているかと思います。

 

 

以前、過去エントリーだったかで、

 

Tgr15_1

この海苔について書いた気がします。

これ、たまに買いに行っては
一瞬で食べつくすのですが、

今回の作戦のためにわざわざ購入し、
そしてわざわざ持参したのでした。

 

ぼくがこの海苔を使って、
立ちんぼと思い描く光景は、

 

。。。。。。

 

 

べに
シーウィード!デリシャス!

 

と、パリパリ海苔を食べながら
立ちんぼに近づくぼく。

 

立ちんぼ
ナニソレ!

 

 

不思議に、怪訝そうに近づく立ちんぼ。

ぼくはこの海苔を差し出す。

 

そして食べる立ちんぼ。

 

 

立ちんぼ
WOW~♪パンティあげマース!!

 

 

 

 

 

。。。。。。

 

 

完璧すぎる。

 

 

もう完璧。

 

 

遂行率120%の簡単ミッションだわ。

そう、たったこれだけで
立ちんぼのパンティをゲットできる。

こんな簡単な世の中でいいのだろうか?

 

 

 

絶対こうなる。これでパンティゲットできる。

この、名付けて「トモダチシーウィード作戦」。
これで立ちんぼのパンティをゲットしてやるぜ!

 

 

 

~~~~~~

 

 

さて、お話は新宿ハイジア前の、
大久保公園にて激辛グルメ祭りと
オーパイパイを堪能したあとのお話。

 

ぼくは再びホテルに戻った。

一応、粗相のないように、
シャワーを再度浴び、
大好きなウォーターリリィの
デオドラントスプレーをかけまくった。

 

そして再度出撃したのだ。

前回のエントリーでも書きましたが、
実際に立ちんぼが生息するエリアは 

3

このピンクの領域でした。

ビジネスホテル松の井さんから
南下してすぐですね。

 

あまり詳細なこと書くと、
一掃作戦が決行され、
ここも芸術の街とかになるとイヤなので、

興味のある方は申し訳ないです。

 

 

もうね、ホテル出てちょっと歩いてすぐですわ。

 

Ttnb_2

何か居る!!

 

かなりガチの立ちんぼとの遭遇で、
ぼくのテンションは一気に高ぶるのでした。

 

※動画撮影を隠し撮り的な風に
してるので、不鮮明な画像ばかりです。
ご容赦くださいまし。※

 

 

ぼくも平静を装い歩きます。

 

Ttnb_5


もう狙っている。明らかにぼくを狙っている!!

服装が谷間強調ですし
長い足もちらつかせ、
時代が時代なら
ぼくは搾り取られていたことでしょう。

 

しかし今回は調査に来たのです、
で、よく見ると奥にも二人ほどおりますね。

ここら一帯の立ちんぼで
どんな人がいるのかを確認した上で、
一番納得したオーパイパイに突撃しようじゃないか!

 

 

この谷間強調立ちんぼが、
オニイサン、遊ばナイ?

 

と魔法の呪文を唱えてきます。

しかしながらとりあえず一帯を散策したいので、
心を鬼にして断ります。

 

そして歩みを進めて、

 

Ttnb_6

奥の二人組。

 

うおおおおおおおおお!!
もっと画質が鮮明ならパンティ見えてたんじゃね!?
クソッ見えてたんじゃねええええ!!???

 

この頃のぼくは如何に動画として状況を収めるか、
そこへ注力してましたので、
そこまで配慮が出来てませんでした。
ぼくらしくない。

 

しかしながらこの二人はぼくには無関心。
すでに1戦交えてブレイクタイム中なのかな?

 

 

さらに歩くと、

 

Ttnb_8

この娘。

 

もうとんでもなくオーパイパイ、

 

 

 

な気がした。

 

パッと見は、20代前半じゃね?

ってくらいの顔立ちがハッキリとした、
カナダとかロシアとかそっち系な女性。

 

「な気がした。」と表現したのは、
見たのはチラッとだけですし、

ここと新宿ハイジアには
オカマの立ちんぼも居るらしい。
止めてくれよマジで。

 

でもこの子は本当に可愛かった。と思う。
しかしながら残念なことにぼくをスルー。

 

声掛けられれば女性かどうかも
判別できたのにね。

先程も書きましたように、
動画として収めることに頑張っていたので、
声を掛けようとかは全然思いませんでした。

 

 

さて、その後です。

 

 

 

 

 

 

立ちんぼ
オニイサン、遊ばない?

 

Ttnb_7


冒頭のコイツの話になります。

 

 

~~~~~~~~~

 

 

最初、塀近くの縁石に座ってたのですが、
ぼくに声を掛けてきました。

 

立て続けにスルーされてきたぼくは、
何とか立ちんぼと接触したいと思っていた頃に、
コイツに声を掛けられたので立ち止まりました。

 

立ち止まったことで
やつもロックオンしてきたのか、
通り過ぎかけたぼくの所へ歩いてきました。

 

 

で、しばらく会話をしました。

 

べに
ドコの国の人?

 

タイとフィリピンのハーフらしい。
言われてみればタイ人っぽい顔。

 

べに
何時からいるの?

 

「ウルサイヨ!」と言われた。
ぼくが全然違う方向を調査してたときから
既にいたんだろうか?
だとすればかなり早い段階から
接触できてたのかもしれない。

 

 

当時のぼくのメモによると、
「何か時間のせいで立ちんぼどころじゃない」
というメモが残されていたけど、
何の理由でこれを書いたのか忘れた(二ヶ月前)

 

 

この立ちんぼですが、

Ttnb_7_2

見ての通りかなりの巨乳。

 

べに
おっぱい大きいね!

 

と言っておっぱいに手を伸ばしました。
すると立ちんぼ、

 

 

立ちんぼ
触ってもいいよ!!

と言ってきました。

普段だったらここで2ヶ月ぶりの雨を喜ぶ
日照り地域の農民みたいに宴を催すのですが、

どうしても越えられない一線がありました。

 

 

 

 

 

会社のおばさん社員に顔がそっくり。

 

今はもう会社にはおりませんが、
以前会社に居た、おばさん社員に
本当に顔がそっくりなのです。

ここでおっぱい触ろうものなら、

 

触ったからバンバン

 ↓ 

でもおばさん社員にそっくり

 ↓

後日談でリフレイン

 ↓

虚空(遠い目

 

こんな日々が続きそう。
というかそういう想像が
一瞬で思い描かれたので、
思いとどまりました。

理性が勝った瞬間。

 

 

立ちんぼ
ドコ泊まるの?

 

べに
そこのホテル松の井。

もう見えてますからね。
それくらいの距離にいる立ちんぼ達。
灯台下暗し。

 

 

立ちんぼ
モッタイナイ!私とホテル寝ればイイノニ!

 

 

お前と寝た方が、
翌朝財布と立ちんぼが行方不明という
ミステリー作家もびっくりな事件が
絶対に起きるというのに、

こいつもとんでもない事を言いますね。

 

しかし、財布さえきちんと管理していれば、
それもまた有りなのかもしれない。

 

・・・つまり対策さえきちんとしていれば、
立ちんぼと遊ぶこともまた有りということか!

うおおお、東京また行くわ!

 

 

 

 

立ちんぼ
ドコ住んでるの?

 

この立ちんぼの猛攻は続く。
そしてついに冒頭の件に話が戻ります。

 

 

べに
ニイガータ!

 

まあどうせわからんだろうなと思いつつ、
新潟県の名前を出します。 

 

 

立ちんぼ
ドコ?ワカラない。

 

だろうな。

 

 

べに
遠い。

 

こう言うしかなかったんですが、
次の立ちんぼのセリフ、

 

 

 

立ちんぼ
免許証見セテ。

 

よくよく考えたら、
免許証見せたところで住所は新潟県なので、

こいつに見せても何も話は進まないのですが、
当時のぼくは本当にどうかしてたんでしょうね。

 

 

 

べに
はい。

 

 

でも渡してしまいました。
大体免許証なんて見てどうするんだ、

と思っていましたが、

もちろんここで、
免許証を奪われるシナリオも
想像しておりました。

 

でもね、相手は一介の立ちんぼですよ。

片やぼくは一介の変態なわけですが、
仮にも昔はスプリンターでした。

長距離走は体力なくて苦手でしたが、
短距離走ではそこそこ記録を残してました。

 

仮にね、目の前で逃走されても、
短距離なら絶対にぼくの方が早い。

追いついて捕まえて、
免許証は奪い返せる。

 

そこまで想像しておりました。

 

まあね、でもいくらなんでも、
いきなり目の前で逃走されるなんて、
そうそうありえないでしょ。

 

 

 

そしたらアンタ、

 

 

立ちんぼ
見えナーイ。

 

 

いきなり目の前で逃走!!

想像してた出来事が現実に!!

 

 

 

 

 

 

べに
ざけんなバカ!!!

 

叫ぶぼく。ダッシュするぼく。

 

 

まあ、オチとしては弱いのですが、
実際はダッシュした距離もほんの15メートルくらい。

ほんとに免許証の文字が見づらかったので
明るいところに行きたかっただけっぽいのですが、

免許証持ったまま移動されると、
ぼくとしても死活問題なので、
速攻で捕獲しました。

 

 

そして立ちんぼから免許証を取り上げました。

 

立ちんぼ
イタッ!!

 

ギュッと握りしめてたからか、
ぼくが無理矢理引き抜いたので、
どうやらちょっとだけ手を切ったみたいです。

 

何で離さないんだよ、
マジで奪うつもりだったのか!

 

 

とりあえず和解の印として、お茶を奢りました。
あと取材の謝礼としてな。

 

 

立ちんぼ
ホテルイカナイノ?

 

免許証奪いかけたお前と
行くわけねーだろうがクソが。

 

脳みそ沸いてんじゃねーのか?

 

 

べに
ちょっと他も見て回るからさ。

 

 

 

 

そう言ってぼくはこの場を去りました。

 

 

 

~~~~~~~

 

 

「トモダチシーウィード作戦」

 

 

なぜ、さっきの立ちんぼに
トモダチシーウィード作戦をしなかったのか。

 

そりゃあんな出来事があれば
誰だってトモダチにはなりたくないのですが、

 

 

そもそもこの作戦には穴があり、

まず海苔は主に日本人しか食べない

外国の人は敬遠するのだそうだ。

あと、どこかで見た気がしましたが、
海苔を消化できる酵素は
日本人しか持ってないのだそうだ。

 

 

だいたい海苔一枚でパンティ一枚は
等価交換の法則を遥かに凌駕しているし、

 

 

何よりこんなアウェイな環境の中、

海苔をバリバリ食べながら徘徊している野郎に、
どの立ちんぼが声掛けて来ようか?

 

 

いや、しかし今回は初めての部隊だったので、
勝手がわからなかっただけだ。

次回行けば、より良い立ちんぼとの接触が
待っているに違いない!!

 

 

てなわけで、
立ちんぼについてのお話はまだあるのですが、
また長くなりそうなのでここで1回切ります。

次回も立ちんぼのお話です。

 

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2017年11月17日 (金)

東京国際交流旅行ザ☆パンティ14~新宿ハイジアラブホテル街と激辛グルメ祭り

 

今年はあと何回週末が来るのだろう?

 

 

 

ざっと7回でした。

 

 

そんな中、
・会社の忘年会
・個人の忘年会
・ヘイボー東京
・群馬下仁田ネギ

内半分がこれで埋まるのだ。
そう考えると今年も儚いなと思うのでした。

その分沢山思い出作っていこう!

 

さて、間が空いて空いて
空いてしまってからの東京旅行記続編。

 

幸いなことに、
今回のお話はさほど重要ではないので、
記憶が飛んでも問題ない!

 

さて、立ちんぼについての情報で、
百人町の他に、
新宿ハイジア周辺も
立ちんぼスポットだという。

距離はそんなに離れてないとのことで、
ぼくは新宿ハイジアへと向かった。

 

Tgr14_6

なんかすげー建物!と思ったのですが、
ここが大久保病院。
この裏が新宿ハイジアなる建物だそうで?

 

とりあえずぼくはここ周辺を歩いたんですが、

 

べに
マジかよ。

 

噂に違わぬホテル街。

Tgr14_7

Tgr14_8

Tgr14_9

Tgr14_10

Tgr14_11

Tgr14_12

Tgr14_13


 

これでもかってくらいラブホテル。

 

ラブホエリア、何て言葉はよく聞くけど、

ラブホ激戦区、何て言葉は初めて思う。

 

 

一部写真を見てもらえばわかるように、
ここを通ったのは20時頃。

人の往来がかなりある。

 

昨日の若葉町では、
閑静な住宅街の一画っぽかったので、
派手な立ちんぼは見受けられなかった。

 

しかしここはこんな綺羅びやかな、
ある意味ネオン街。

時間も時間だし、
こんな時に立ちんぼなんかいるんだろうか?

 

とりあえず歩き回りましたが、
それっぽいのも発見できませんでした。

 

 

しかし、なぜ発見できなかったか、
その理由をぼくは目の当たりにした。

 

~~~~~

 

 

ラブホテルの近くに立ちんぼがいる

 

今までの調査や文献から、
ぼくはそう思うようになった。

実際、この新宿ハイジアのすぐ裏が
ラブホテル激戦区なので、
立ちんぼが営業するにはもってこい!

 

なのに何で立ちんぼがいないのか?

 

新宿ハイジアの目の前に
「大久保公園」という公園、広場があるのですが、

 

Tgr14_2

グルメイベントやってた。

 

 

勝手な想像ですけど、
普段立ちんぼはここ大久保公園周辺で
活動をしてるんではなかろうか?

これだけ人が集まるイベントがやってるんだから、
人目に付きたくない立ちんぼは
さすがに本日営業中止でしょう。

 

タイミング悪いなぁ。

 

 

まあ折角なので夕食もまだだったし、
ここで一杯引っ掛けるとしましょう。

 

あんまり激辛なの食べると、
翌日トイレ在住と化してしまいますが、
節度を持っていただけば、
美味しいイベントとして終わることでしょう!

 

パンフレットもらって中に入ると、

 

べに
おおおお!!

 

Tgr14_5

とんでもなくオーパイパイの乱。

 

ご出勤前のキャバ嬢もいるのか、
おっぱい強調ドレスの人もいました。ありがとうございます。

 

激辛ブームは下火かと思いきや全然現役ですね。

辛いもの好き女子が多数いるのか、
単にグルメイベントだから来てるのか、
東京だから人口密度が多いのか、

わかりませんけど
とにかくオーパイパイのエンカウント率が高い。
これは来てよかったですね。

 

ハイジア周辺の立ちんぼは
ニューハーフの立ちんぼが多いらしく、
それを考えるとまさにここは楽園。

イベントよ、ありがとう!

 

 

 

大久保公園は縦に長いのですが、
その両端に出展ブースがあります。

Tgr14_3


Tgr14_4

 

入り口に食券売機があるので、
そこで決められた額分購入し、
それと商品引き換え方式でした。

この方式のアカンところは、
一品一品がクソ割高になってしまうところだよな。

 

まあイベントなのだから仕方がない。

ぼくは少なくとも3時間は歩いている計算になるので、
座ってゆっくりグルメを楽しみたかったですが、
もちろん途中参加のぼくにそんな甘えは許されることなく、
仕方がないので立食ブースにて陣を敷くのでした。

 

早速一品交換。

 

Tgr14_14

ミックスホルモン。 800円

 

たっけぇ。クッソ高い。でもイベントだから・・・。くそっ。
ビールも500円だったかな。

 

トイレ在住事変を避けるため、
辛さトッピングは無しで、
一番辛くないようにして頼みましたが、
それでもそこそこの辛さ。

ぼくは元来辛いものは苦手ではないので、
それを考えると普通に旨味を味わえるレベル。

 

このミックスホルモン、
「ホルモン」と呼ばれるであろう数々の部位が
混ざっておりまして、まあ一般的なホルモンと言われる
ずっと噛んでても口の中に残るホルモンもありましたが、

中に、歯切れもよく旨味もにじみ出る肉が入ってた!

 

多分これもホルモンの一種なんでしょうけど、
残念ながら詳しくないので
何を頼めばいいのかわからない!

くそっ!この部位は何ていう場所なんだ!

 

 

韓国料理
「ホルモン焼き 幸永」

という店のやつなので、
多分その気になればすぐわかるとおもう。(まだ調べてない)

 

 

~~~~~

 

ホルモン焼きがぼくの口の中に
在住し続けるので、
たまにビールを含みつつ、

この賑わった会場を見渡してみる。

 

とにかくとんでもないオーパイパイ率

 

この賑わい加減を動画で撮影したのですが、

食べてる人、すれ違う人、話している人、
映るもの殆どがオーパイパイで、
新しい盗撮の罪で立件されそうだったので、

残念ながらアップロードできません。
ご容赦ください。

 

ただ、ぼくの隣に陣を敷いた
オーパイパイ二人組。

おそらく女子大生だと思うんですけど、
ものすごく可愛かった。

エロくはなかったけど可愛かった。

アップロードは出来ませんが、
動画に映り込んだので
これはこれで大事にとっておきます。

 

 

さて、ホルモンもようやく食べ終わり、
まさか一品、一杯で帰るのも
折角のイベントなのに勿体無い。

そんなわけで第二ラウンド。

 

パンフレットを眺めながら、
ぼくに衝撃が走った。

そしてそれを買いに行った。

 

Tgr14_16


やみつきよだれ鶏!!

 

うおおお、ここにもあった!!
そして昨日食べたやつより豪華だ。

味もめちゃくちゃ美味い!!

 

 

Tgr14_15

 

ぼくが意気揚々とビール頼んでいたら、
とっつぁんがレモンサワーを注文してた。

どうやらビールより100円安いらしい。
あ、じゃあぼくもレモンサワーで。

 

お隣のアーモンド効果は、
辛さを和らげるために買いました。

 

 

ふう、料理も美味しかったし、
オーパイパイばかりでとてもいいイベントだったぜ!

 

しかし、忘れてはいけませんね、本来の目的を!

 

ぼくは立ちんぼを探すためにここまで来たのだ。

今日は新宿ハイジア周辺の立ちんぼは
おそらく壊滅的状況だと思うので、
一旦ホテルに戻ることにしました。

作戦の立て直しですね。

 

 

~~~~~~~

 

Tgr14_1

鉄砲隊と聞くと、戦国ランスの柚原柚美を思い出す。

ただそれだけ。

 

そんなわけでホテルに戻ったぼくは、
値千金の情報を見つけ出し、
とうとう立ちんぼとコンタクトを取ることに!

 

 

という内容で、次回をお送りします。

 

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2017年11月15日 (水)

ビーチコーミングというもの

 

 

ヘイボー
何か、シーグラスが売れるみたいだよ!

 

 

 

 

 

この男がそんなこと言ったばっかりに、

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Sg_5

ぼくは海へと赴いた。

 

 

~~~~

 

 

こんばんはお久しぶりです。

いやマジで、マジですよ。

決してゲームやってたから
遅れたわけじゃありません。

ここ数日間ですね、就業時間後。

度重なるイベントで、準備やら手伝いやらで
右往左往すること風の如し。

 

ヘイボーと会うって言うんで、
色々な準備とか調べ物とか林の如し。

 

送別会に参加した時の
何かの食べ物が悪かったんですかね、
再びお腹を壊し、
下痢だの嘔吐だのすること火の如し。

やってるゲームがポイント報酬で
武器もらえるんですが、
一番効率のいい方法が
最低ポイントを高速周回で稼ぐという
徹夜すること山の如し。

 

色んな事が起きて、現在に至ります。

 

で、更新したと思ったらこれだろ?
東京の話どうなったんだっちゅーねん。

 

 

まあ東京の話はこのあとですよ。
いっちょ前にこんなこと言うのも
大変申し訳無いというか、
おこがましいことこの上ないのですが、

ブランクを感じますので、
ちょっとカンを取り戻すため
今回の更新を間にはさみます。

 

 

という訳で、話を冒頭に戻すのですが、
ヘイボーと合ってきました。

 

 

あ、ここで唐突に発表なのですが、
おそらくある意味本当のファイナル旅行が、
12月半ばに開催されます。行き先は東京です。

それまでには今の東京のお話全部書かないとね!

 

ヘイボーとはぼくん家近くの、
温泉施設で会議をしました。

 

その中で、お金を稼ぐ話になって、
何かのテレビで

「シーグラス」で稼いでいる人がいる

というのをやってて、
その情報をヘイボーが話したのだ。

 

 

「シーグラス」

Sg_8

海に行くと落ちてる、
ガラスが海の自然現象で研磨された、
何か独特ないい感じの元ガラスのことです
(雰囲気台無し)。

「ビーチグラス」とも言われ、
アクセサリーやインテリアなど、
ハンドメイドの材料にも使用され、
その独特の美しさからコレクターもいるんだとか。

 

これがお金になる。

 

なわけねーだろ、と思いましたが、
薄々そんな話を聞いたことを思い出してた。

 

でもぼくも一つの考えに至る。

 

 

例えば、お金になることは多々あれど、

「せどり」ならばどの商品かを見極める。
「株やFX」ならばリスクがある。
「糸魚川で翡翠拾い」は果てしない。

など、実態がなかったり経験や知識など、
それ相応の前準備が必要だったりしますが、

シーグラス売りなら、海に行って拾うだけ。

 

これほどしっくり来ることがあるのでしょうか?

 

元々、ぼくには
「金魚鉢にシーグラスを敷き詰め金魚を飼う。」
という儚い夢があったのですが、
何か拾うのが面倒だったので
結局実現しておりません。なんて儚いんだ。

 

まー海に行って拾うだけなので、
散歩も兼ねてやってみるべや。

 

 

~~~~~~~~~

 

 

ぼくが向かったのは、新潟県柏崎市。
過去に思いっきり拾った記憶がある。

 

しかしここで事件が起きる。

 

色んなとっつぁんが右往左往している。

 

 

何かもうとっつぁんみんな揃って
シーグラス拾ってんじゃないかと思うくらい。

ある意味浜辺のクリーン活動なので
咎められることはないのですが、

今のぼくにはこいつら全員敵に見える。

 

場所を移し、そこから車で30分くらいの場所。

 

とっつぁんが一人で浜釣りしてるくらい。
今何が釣れるんだろう。
キスかな、カレイかな。

 

 

とりあえず浜辺に赴きましたが、
ゴミや漂着物がものすごく散乱している。

 

ぼくはこうやって漂着した
ゴミを眺めるのが結構好き。

お宝が、何か面白いものが
見つかるかもしれないという感じが好き。

 

こう言う、漂着物を観察したり収集したりするのを、
タイトルにもあります「ビーチコーミング」とか
言うみたいですよ。初めて知った。

 

例えば目的もなく
このゴミ漂着海岸に赴いたのであれば、
これら漂着物を見て楽しむのですが、
今回はシーグラスを拾いに来たのだ。
ゴミなんぞゴミだ!

 

 

ヘイボー
流木も売れるみたいだよ!

アクアリウムを作るにあたり、
いい感じの流木も売れるんだとか。

 

Sg_1

いい感じの見つけたんですけど、
どうやらこれを洗って天日干しして、数集めないとらしい。

やってられないので捨てた。投げ捨てた。

 

 

Sg_2

個人的には、サラサラの砂地より、
こう言う玉砂利に混じって
シーグラスが見つかるイメージ。

 

だったんですけど、全然そんなことなかったわ。

 

 

Sg_3

この海岸、とにかく貝殻がめっちゃ落ちてた。
穴が開いてるので、ツメタガイ的なやつが
食うたんでしょうかね?

ぼくが撮影したこの一画だけが穴あき貝ばかりで、
普通のきれいな状態の貝も沢山ありました。

 

 

Sg_4

浜辺を歩いてすぐには見つかりませんでしたが、
人気のない所まで歩き進めると
チラホラシーグラスを見かけることができました。

 

一応、売り物、ということを念頭に置いて、
形の良い物、レアカラーも探し求めて浜辺を歩きます。

 

 

Sg_6

黄色や赤はレアカラーらしいですが、
この黄色はまだまだ研磨が足りません。

この様に、全然研磨が足りないガラスも
多々見つけることが出来ました。

これ、海水浴シーズンに踏んだら事件だよな。

 

例えば春先にこういうの見つけたら処分に困るのですが、
これから夏までは2シーズンもあるので、

自然の研磨屋さんに向かってぶん投げました。
そう、海へぶん投げたのです。

ステキなシーグラスになって戻ってきて欲しい。

 

瓶底がきれいに残ったシーグラスもありましたが、
やはりまだ研磨が足りない様子だったので、
これもぶん投げました。研磨屋さんお願いします!

 

Sg_10

ぶん投げるのも惜しいのですが、

 

思えばシーグラスでなければ

ただの割れたガラスの破片なので、

心を鬼にしてぶん投げました。

 

 

~~~~~~~~

 

 

パノラマ写真ですが、

 

Sg_7


この様に、人も文明もない海で採取しました。

 

時たまとっつぁんが、
藁みたいなの拾ってましたが
何なんですかね?

シーグラスよりお金になるんだろうか?

 

漂着物はゴミにとどまらず、
沖縄にいそうな
赤い大きいヤドカリの死骸もありました。

 

モズクガニの死骸も有りました。
と思ったら、

持ってた棒で突っついたら生きてた。

 

威嚇のために広げられたそのはさみは
25センチ位あっただろうか。
挟まれたら終わりなやつ。

 

べに
ここいると死ぬぞ。

 

生態がよくわからないのですが、
流石に砂地のど真ん中に埋まってるのであれば
死の一歩手前と思ったので、
後ろから甲羅を掴んで海にぶん投げました。

挟まれそうになった時、死を覚悟した。

 

 

~~~~~~~~~

 

 

 

2時間くらい拾ったでしょうかね?

腰も痛くなって、
見つかるシーグラスも似たようなのばっかりだし、
しかもそこら辺に落ちてるしで、

ぼくは一つの結論に至りました。

 

 

べに
キリがないわ。

 

 

 

こんなん拾ってどーすんだ!

と、当初の目標を忘れてしまってたのですが、
とりあえずメルカリかどこかで
売り出してみようと思う。

 

 

 

Sg_9

レアカラーな赤は流石に落ちていませんでしたね。

 

でも、写真真ん中の、
濃い青のシーグラスを見つけた時、

 

 

べに
うおおおおおおお!!!

 

 

と、めっちゃテンション上がりました。
ガチャで当たり引いた気分。

 

とりあえず疲れたので帰りました。

 

 

 

 

Sg_11

赤がレアカラーなのは知ってましたが、
流石に赤は落ちていませんでした。

ですが黄色もそこそこのレアカラーと知って大満足!

青自体も数色あって、場合によってはレアかも!?と
変な期待に胸を踊らせておりました。

 

シーおはじきも見つけて、
ぼく自身かなり大満足だったのですが、

 

 

べに
・・・マジこれ売れるのかよ。

 

急に我に返り、
今、部屋の隅にぶん投げられております。

謎の不良債権の誕生。

 

 

 

まあでも、これをビーチコーミングと言うのであれば、
かなり有意義なものだと思います。

「ゴミを拾っただけ」と一部の人には見えるかもですが、
ぼく自身は得たものやお戯れもあったので、
またやりたいなと思いました。

ぶん投げたガラスも再研磨されてるだろうし!

 

気が向いてメルカリとかで
ぼく出品のこれが売ってたらぜひ買ってください。

 

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2017年11月 1日 (水)

東京国際交流旅行ザ☆パンティ13~新大久保駅百人町 立ちんぼを求めて

 

 

お待たせしました。
色々あって遅れました。

 

まだ色々あるけど、
まずは頑張って
今回のお話完成させるよ!るよ!

あぁ、崎陽軒のシウマイ弁当食べたい。

 

さて、今回のお話は、シウマイ弁当を食うてから、
いよいよ新大久保駅周辺の、立ちんぼ調査を行います。

 

予定通りに行けば、

13話 百人町界隈 ← 今回
14話 新宿ハイジア界隈
15話 立ちんぼコミュニケーション
16話 嘘つきマッサージ
17話 金運神社
18話 パンティ交換

でお届けします。まだこんなにあるのか。

そんな訳で今回のお話。

前回、トレッサ横浜のフードコートで、
周りのみんなが
ステキなランチをお召し上がりの中、

一人何故かシウマイ弁当
広げて食べてたぼく。

 

いいのさ、美味しかったからな!

 

食べ終わったぼくは
この後どうしようか考えましたが、

もう新大久保駅に向かうことにしました。

今日の予定、立ちんぼ調査しかないしな。

 

トレッサ横浜から目的地の新大久保駅までは
車で1時間ちょっとくらいです。検索上。

実際は1時間半くらい?
交通量すげえぜ。あと道間違えた。

 

さて、新大久保駅に向かい、駐車場へ向かう。

24時間1200円だったかの駐車場があったので、
そこに車を駐めました。

これっすわ。これ!

1日駐めておいて1200円!
こう言う駐車場をもっと増やすべき。
東京駅周辺とか。

 

駐車場から、今回泊まるホテルまでは、
徒歩10分ちょっとでしょうかね。

ちなみに泊まるホテルは、
ビジネスホテル松の井。

日本酒みたいな名前。

本当に駅の真ん前でした。

 

 

なんだかんだで、
16時前にチェックインだったかな。

 

これはある意味とてもハンパな時間です。

 

立ちんぼの出没は夜でしょう。

前日の若葉町の状況を勘案しても、
18:30くらいを見たほうがいいかもしれない。

今から18:30までは何が出来ようか?
お酒入れようにも
さっきシウマイ弁当食べたばかりだし、
酒のせいで寝ちゃったらどーするんだよ!

 

そんなわけで、ぼくが取った行動は、
18時くらいまで休む。

行動してないじゃないか。

 

まあ前日だってめっちゃ歩いたしね。
40000歩だぜ!40000歩!!

何か別に40000歩が
すごい数字じゃない気がしてきた。

 

 

~~~~~~~~

 

ゲームとかネットとか、
立ちんぼについて調べてた。

 

買ったパンティとか眺めてた。

 

 

そして時は流れ、

 

 

べに
よっし、行くか!!

 

 

ついにぼくが動き出す!
(勝手にしろよ。)

 

 

小さくて見づらいかもしれませんが、
この地図を見てください。

 

1

右側にクリックされてアンカーが立ってる場所。
そこがぼくが泊まるビジネスホテル松の井。

その左側が新大久保駅。
ちょっと離れてまた駅がありますが、そこが大久保駅。

この新大久保駅と大久保駅の間の北側に
「百人町」という文字が見える。

 

ぼくはまず、そこを歩くことにした。

錦糸町の時も、若葉町の時も、
立ちんぼはラブホ街の近くにいる。

なので、上記地図のピンクで塗りつぶしたエリアの、
ラブホテルっぽい場所をぼくは一頻り歩いた。

 

Tgr13_1

何もない

 

Tgr13_2

ラブホ街ですらない

 

 

Tgr13_5

とある情報によれば、大久保駅と新大久保駅をつなぐ
メイン道路にも立ちんぼがいるそうだけど、
こんなに賑わっていたら普通にいないだろ。

それよりか外国人街っぽい雰囲気に
何か猥雑さを感じる。

 

 

Tgr13_6

ラブホテルはあるにはあるのだけど、
ここら界隈に立ちんぼの姿が見受けられなかった。

まだぼくの調査は続く!!

 

 

Tgr13_7

ワンワンワンワン!!

野良なんですかね。めっちゃ吠えられた。
近くに何人も人がいましたが、それぞれに吠えてた。

この街の闇を垣間見ましたね。

 

Tgr13_8

こいつはぼくをめっちゃ威嚇してきました。
「変態は去れ!」と言われてる気がした。

しかも通り過ぎるぼくを追いかけてまで吠えてた。
そんなにぼくが嫌いか。

 

子犬(だと思う)のでそんな脅威には感じませんでしが、
万が一噛まれたら、多分現代の医学では助からない
新しい病気になりそうだったのでちょっと怖かった。

 

 

Tgr13_9

ここ、新大久保駅周辺は、
本当に本当に外国人が多かった。

辺に外国人街を求めるより、
ここら辺歩いていた方がよっぽど外国人を見かける。

 

実際、日中と
当時立ちんぼ巡りをしている18:30くらい、
夜の22:00とかになっても、
若い韓国人女性を多く見かける。

黒人も居れば、アメリカンな人もいるし、
さすが東京といったところでしょうか。

 

そんな背景もあって、日本語学校もぼちぼち、
外国人向けのアパートもぼちぼち有りました。


 

外国人
ニホンゴの『オーパイパイ』トハどんな意味デスカ。

こんな授業が繰り広げられてるんでしょう。
まあ「オーパイパイ」自体は
そもそも日本語じゃねぇけどな。

 

 

Tgr13_10

ホテルは多々あれど、
立ちんぼの姿は見えず。

まだ時間が早かったのかなあ・・・。

 

 

Tgr13_11_2

ブッサねこがお出迎えのこんなホテルも。
3時間5000円は高いわ。

でもこのホテル周辺にも立ちんぼおらず。
今日はハズレの日だというのか。

 

 

Tgr13_13

とにかくキャバクラが詰め込まれたビル。

ろばた焼 石狩に行けばキャバ嬢オーパイパイを
目撃することが出来るんでしょうかね。

 

 

~~~~~

 

と、まあかなり飛ばして書きましたが、

 

そうするしかないくらい、

何もなかった

 

 

因みになんですが、この地図のピンクの範囲内の

1_2

ほぼ全ての道を歩き尽くした。

 

それくらい歩いた。
万歩計もこの日は27000歩を示していたくらい。

 

しかし、これだけ歩いても見つからないなんて、
一体どうなってやがるんだ!!

立ちんぼ伝説はウソか!

 

 

 

と一人憤慨しておりましたが、

 

 

 

 

何てことはない。

 

ぼくはAndroidのスマホで、
2chmateというアプリで2ちゃんねるを見ている。

その中で、pinkbbsという、
エロ関係のスレを扱っている場所があるのだけど、

今までそこを見ることが出来なかった。
設定をほんの少し変えたら見れるようになった。

そしてそこには新大久保のスレもありました。

 

で、そのスレをよくよく見れば、

 

3

このピンクが立ちんぼエリアらしい。

 

 

真逆じゃねぇか

 

 

 

地図上に「百人町」という表記があれば、
そこが百人町と思っちゃうじゃねぇかよ!

右下側のピンクには百人町の表記がなかったので、
違う町だと思って見向きもしなかった。 

 

しかもビジネスホテル松の井の通りが
一番立ちんぼがいる道らしい。

 

ホテル出てすぐ右向いていれば
立ちんぼが居たのに、

ホテル出てすぐ左向いて直進したぼくは、
立ちんぼアプローチを遠回りしてしまってました。

 

 

~~~~~~

 

さて、タイムライン的にはぼくはこの後、

新宿ハイジア方面に向かいました。

 

そう、立ちんぼが自陣のホテルの
すぐ近くにいるとは露知らず、

 

大久保の他に、
新宿ハイジアの近くにも
立ちんぼ出没スポットという
情報を得ていたぼくは、

そっち方面の探索にも出かけるのでした。

 

 

 

そうそう、タイムライン的にと言えば、

 
大久保駅の近くを歩いていたら、
なんか消防車とかパトカーとかが出動して、
火災の消火活動みたいなのをしていた。

調べてみたらどうやらこれらしい。

 

http://news.livedoor.com/article/detail/13594464/

 

新潟みたいな田舎だと、
事件が起きても数十キロ先の
市町村だったりするのですが、

さすが東京、目の前で事件が起きてるぜ!!

 

 

 

 

最後に、

Tgr13_14

何かとんでもない盗撮の写真に見えますが、
たまたまぼくの前を歩いてたオーパイパイ達が、
ぼくがこの景色を撮ろうとした時に立ち止まった、

ってだけの写真です。

でもあれだね、何かこう、エロスを感じるね!!

 

 

 

と、飛ばして書いてしまいましたが、
メインは今回ではないのでお許し願いたい。

 

次回は新宿ハイジアに行った時のお話。

 

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2017年10月23日 (月)

ちょっとお待ちを

 

いつもお読みいただきまして
ありがとうございます。

また2週間位間開くと思いますので
申し訳ないですけどもう少々お待ち下さい。

 

 

あ、忙しいだけです。
ゲームとかじゃないですw

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2017年10月20日 (金)

東京国際交流旅行ザ☆パンティ12~憧れのお弁当 崎陽軒「シウマイ弁当」

 

 

夢にまで・・・・は見てないけど、

食の軍師にて、その存在を知った、
崎陽軒の「シウマイ弁当」。

 

今回は、その魅力を、
ぼくの文章を持ってお伝えします。

いい感じに伝わればいいな。 

 

 

 

そんなわけで、

本日は番組の内容を
一部変更して放送いたします。

 

 

て言うのも、過去の回で、
今後の更新予定の一覧を書きましたが、
何て言うか早速崩れ去ったし、

 

別に悪気はないのですが、
今回の最初に立ち寄った
スーパー銭湯には1話を担うネタがないので
軽く流すことにしました。

 

 

 

~~~~~~

 

 

2日目の朝。

 

この日の予定は、

 

 

夜から大久保の立ちんぼ調査

 

 

以上。

なんだよこのクソみてーな予定は。

 

 

つまり朝から夜まで時間が丸空きなんですよね。

しかしながら、
1日目は横須賀から始まり、
横浜市黄金町、若葉町。
そして川崎市堀之内町、南町。

探索に探索を重ね、
眠りにつくまでに歩いた歩数は
合計40000歩弱。

 

疲れた、ってのもありますが、
やっぱ汗かいたのが大きい。

 

こう、女性には想像出来ないかもですけど、
なんかね、あんまり直接的に表現するのも
ドギツイのでちょっと控えめに表現しますが、

アナルと金玉袋の間のラインが腫れた。

 

長距離をノンストップで歩くことにより、
トランクスの股当ての部分と、
袋~アナル間のラインが常時刺激を受け、
そこへ汗というファクターも加わり、

赤く炎症を起こしておりました。
新しい性病かと思ったわ。

 

 

とりあえず、さっぱりしたかったので、
お近くのスーパー銭湯を検索しました。

 

先程も書きましたが、
スーパー銭湯に魅力的なネタがなかったので、
ここら辺は軽く書いていきます。

 

 

Tgr12_1

ファンタジースパ!! お風呂の国!

もうどうですか!このネーミングセンス!
そして・・・この・・・センス!!

スーパー銭湯は何件かありましたが、
ぼくはここを選びました。
やっぱね、ネーミングセンスがいいからね!!

 

 

 

まあ実際はここが一番安かったからなのですが、
何かメインの行き先がスーパー銭湯ならまだしも、
ついでに行く程度のスーパー銭湯に、
料金1000円以上は何か勿体無い。

 

Tgr12_2

ファンタジースパと唄いながらこの外見。
料金設定も説得力がある。

 

結局はただのスーパー銭湯だったんですが、
打たせ湯、打たせ水があるステキな場所!
ちょっとボタン押すのが面倒くせかった。

ビール風呂あり、露天風呂がぬるかったりと、
面白いお風呂が体験できました。

 

詳細はこちらを御覧ください。

 

 

なお、このファンタジースパお風呂の国は
川沿いに設立されているのですが、

この川向こう、つまり対岸に、 

Tgr12_4

RAKU SPA鶴見

と、めちゃくちゃ大きいスーパー銭湯が!

ファンタジースパお風呂の国、
国家崩壊の危機じゃねぇか。

RAKU SPA鶴見の詳細はこちら。

ごろ寝湯とか、雲竜の湯とか、
面白そうなお風呂があるじゃん!!

でも料金がクソ高い。
割りと住み分けが出来てるのかもしれない。

 

 

~~~~~~~

 

 

さて、お風呂から上がると、
時間はすでにお昼でした。

 

予てから考えていた様に、
お昼ご飯は崎陽軒のシウマイ弁当に決定です。

 

さて「折角だから本店で」、
そんな思いで本店を検索しましたが、

周囲の駐車場が暴利を貪る料金設定で、
下手すると弁当代より高く付きそうだったので、

 

近くに店舗がないか探してみました。

基本的に駅弁の王者とも言える
崎陽軒のシウマイ弁当ですので、
店舗の多くが駅に設置されておりました。

駅ということは駐車場も
それ相応のコインパーキングしかなく、
やっぱりそれ相応の料金がかかるのでした。

 

検索を進めていると、
丁度お風呂の国から数分のところに、
「トレッサ横浜」というショッピングモールがあり、
その中に崎陽軒の店舗があるとのこと。

 

もう全てにおいて不服なし!
ぼくはトレッサ横浜に向かって出陣しました。

 

 

で、10分後。

 

Tgr12_13

トレッサ横浜!!

トレッサの意味はわかりませんが、
どこぞのアウトレットみたいに道を挟んで左右に、
2Fに連絡路があったりと流石都会な風貌。

 

日曜日ということもあり、ものすごい大盛況。
のこのことやってきた田舎者のぼくは、
追われるが如く屋上の駐車場まで追いやられた。

しかも、崎陽軒があるのが写真に写っている建物。
つまり反対側の建物と来たもんだ。

 

エレベーターに乗って連絡路のある2Fへ。

Tgr12_5

無尽蔵が、9月14日にオープンだそうで。
ぼくが来た頃はまだオープン前です。

新潟が本社のラーメンチェーンですね。
食べたことない気がする、程度の記憶。

 

さて、目的の場所に付いたはいいですが、
如何せん地理に疎い身です。

 

朝ご飯も食べてないので、
まずは腹拵え的に、

Tgr12_6

和ドーナツだかのイチゴ味買った!

 

数分後に弁当食うのに何買ってんだ。

と、思われるかもしれませんが、
先程も書いたように地理には疎い。

なので崎陽軒の店舗を
中々見つけられないかもしれないじゃないですか!

 

 

 

Tgr12_7

と思ったら速攻あったわ。

 

 

 

早くもミッションコンプリートなのですが、
何かこう、あまりにもアレだったので、

かと言って買うのを後回しにすると、
次に来た時は弁当売り切れとか
戦後最大の大事件に発展する恐れがあるので、
先にお弁当を購入だけして、

 

べに
ちょっと見て回ってくるので
 置いといてもらっていいですか?

 

と、取り置きしてもらって、
トレッサ横浜を探検しました。

 

オーパイパイ率は低かったですが、
一番驚いたのが、

 

出店してるお店が何店舗もある中、
マックやケンタッキーに行列が出来ていたこと。

 

 

新潟のショッピングモールのフードコートにも
マックやケンタッキーありますが、
そんな人気ないっすよ・・・?

 

 

~~~~~~

 

 

さて、ついに本編です。

 

最初にも書いたように、
食の軍師というマンガで、
その存在を知ったシウマイ弁当。

 

どうでもいいかも知れませんが、
ぼくは神奈川県出身なので、
崎陽軒自体は知っており、
シウマイ自体はめちゃくちゃ食ってた。

 

「生シウマイ」の破壊力が抜群でしたが、
何か今辞めちゃったんですかね?

まあそんなわけで、
崎陽軒自体は馴染みありでしたが、
シウマイ弁当は存じ上げなかった。

 

食の軍師で出てきた時、

崎陽軒という馴染み深さ、

食の軍師内での食レポ、

そしてその後でネットで調べた時の、
みんなのシウマイ弁当を絶賛する記事。

 

それら諸々に感化され、
いつしかぼくの中で憧れの存在となりました。

 

 

てなわけで、

 

Tgr12_8

いざ「シウマイ弁当」城、攻め落とさん!!

 

お隣は近くで買ったバナナレモンスムージーです。
キャンペーンで安かったから買った。

 

にしても、
フードコートで弁当食ってんの
ぼくだけだったわ。

隣とかラーメン食ってたしな。

 

まあパンティ買った時のほうが恥ずかしかったので
もうそんなのどうでもいい。

 

封を切り、紙を外し。

そしてぼくは蓋を開けた!!

 

 

 

 

Tgr12_9

ふぁああああああ!!シウマイ弁当ううう!!!

こうやって改めて見ると、
おかずの種類の多さに目が眩む!

食の軍師でも、主人公の本郷さんが
惚れ惚れするような完璧な陣形!」とか
言うてたのもわかるわ。

 

このお弁当については、
崎陽軒のこだわりが随所にあるという。 

そもそも知らなかったけど、
お弁当箱は経木折箱なのだそうだ。

要するに木の皮を使っているそうな。

それによりお弁当の中身の状態を
塩梅良く保つことが出来るとのこと。

 

そう考えると、
弁当としても箔が付くと言うか、
ワンランク上の弁当って気がするね!

 

さて、大事なのはお弁当の中身ですけど、

 

Tgr12_10

本郷
シウマイ弁当と唄いながら、
 シウマイは少なめの五個!!

 

確かに、少なめである。

 

ですが、それを考慮しても、
有り余るほど魅力的なおかず達!!

 

そもそもお弁当に盛り込まれているものが、

俵型ご飯(小梅、黒胡麻) 昔からかわらない、お馴染みの俵型です。人気の小梅もごいっしょに。
「昔ながらのシウマイ」 言わずと知れた横浜名物、「昔ながらのシウマイ」です。
鮪の照り焼 こんがり焼かれた照り焼。鮪のうまみが凝縮されています。
かまぼこ 幕の内弁当には欠かせないおかずです。
鶏唐揚げ からっと揚げたジューシーな鶏唐揚げ。
玉子焼き ふんわり、しっとり、甘い玉子焼きです。
筍煮 シウマイに次ぐ人気のおかず。味がよくしみ込んでいます。
あんず お弁当に彩りを加える一品。ほどよい酸味がたまりません。
切り昆布&千切り生姜 白いご飯によくあいます。

※崎陽軒HPより

 

コピペしたらエライことになったけど、
魅力は伝わると思うからこのままで。

ともあれ、こんなにも盛り沢山な内容で
お送りしているわけですよ。

もうシウマイの個数とかどうでもいい。

 

さて、いつまでも外見眺めての
お話をしているワケにもいきません。

 

弁当は食べるものです!!
食べてなんぼでしょう!!

 

 

Tgr12_11

本郷さんもやってた「からし乗せの儀

 

満を持して食しましたが、
非常に満足度の高い味と量。

シウマイは言わずもがなでウマイ!
その他おかず達も食欲を掻き立てます!

まあかまぼこだけは既製品感満載でしたが、
そこはからし乗せの儀によって、
ワンランク上のかまぼこになりました。

 

 

さて、今回こうやってシウマイ弁当を食べました。
とても美味しゅうございましたが、
ただ「お弁当美味しかった!」では終われなかった。
 

 

どうも、何かが、お弁当の中にある、
何かが旨味として口の中に残るのだ。

 

そしてそれはすぐにわかった。

 

 

 

Tgr12_12

筍煮

 

知ってる人の殆どが、
あー、わかる!!」って
言ってくれたと思います。

 

絶妙な甘辛さ!!
そして結構な分量!!

調べてみると、出汁だの製法だの、
そんな特別なことはしてないのだけど、

 

それでも各所の反応では、
この筍煮に対する賛辞がすごかった!

 

 

わかる、わかるわ!

食べたぼくならわかる!
この筍煮はウマイ!!
もう一度食べたいと思わせてくれる。

 

最後口の中が筍煮で
終れるようにお弁当を食べました。

 

はー、ドーナツのせいかも知れないけど、
かなりお腹いっぱいになりました。

味といい量といい非常に満足!!
お値段も確か860円?でしたかね。

 

冷静に考えると高いかもですが、
それでも食べたことない人には、
一回でいいから食べて欲しいお弁当でした。

 

ただ、残念なことに、
新潟みたいな百姓地方では、
このお弁当は食べられません。

消費期限の問題で、
こっちまで流通できないんだそうだ。

だからこそ、ぼくは次また東京行った時、
このお弁当を買って食べると思う。

 

 

 

~~~~~~~

 

 

東京駅の中に、
つい最近「シウマイBAR」が出来たそうな。

 

読んで字のごとく、
シウマイでお酒を飲める場所らしいのですが、

何と、筍煮単品も頼めるのだそうだ!!

 

 

ふぁあああああ!!行きたい!!

 

筍煮とお酒なんぞ
最強な組み合わせな気がする!
 

 

実はここのレポート待ちだったりするわけなのですが、
誰か行ったら教えてください。

 

 

そんなわけで、お弁当に満足したぼくは、
今回の最大の目的地、

大久保駅立ちんぼ調査に

乗り出すのでした!!

 

 

==

堀之内のお話も追記しましたので、
良かったら軽く目を通してください。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

«東京国際交流旅行ザ☆パンティ11~川崎市南町 ガチの居酒屋ちょんの間レポート2