2018年2月19日 (月)

ヘイボー集大成東京立ちんぼ巡り@17:最終回!新潟に帰路と寂聴先生

 

 

べに
あ!あれ!ヤバくない!!?

 

 

どこの駅だったか。

新宿駅だった気がするけど、
池袋駅だった気がする?

 

ぼくらが駅を歩いていると、
改札の近くにソール屋さんと言うのか、
靴についてなんかする小さい売店があった。

 

多分、靴底の中敷きみたいなの売ってて、
これを敷くだけで足のむくみが取れる的な
やつを専売してるんだと思う。

 

何事もなければ別にぼくらもスルーするのだが、

 

何事もあるからぼくが反応したわけで

 

 

 

何とそのソール屋さん、
 

ミニスカの極上オーパイパイが、

 

その場でソールを交換しているのだ!

 

 

 

いいですか、言ってる意味がわかりますか?

 

 

ミニスカがソールを交換する。

ましてや駅の構内。

 

どこで交換?その場で交換です。

 

 

ってことは片足立ちして、
もう片足を上げるってことだろ?

 

 

 

 

 

 

パンティ丸見えやないかあ!!

 

 

 

残念ながらぼくらの角度からは見えなかったですが、
あの太ももの角度的に、
多分店のとっつぁんは見えたはず!!

許せない!ちくしょおおおおおおおお!!!

 

 

ヘイボー
うめー商売もあったもんだね。

 

べに
次来たときオレあそこ監視するわ。

 

そのソール売り場の向かいに
ホームレスが現れたらぼくだと思って下さい。

 

 

~~~~~~

 

 

そんなこんなで、新大久保駅に戻りました。

 

時間は夕方4時半頃でした。

最後に立ちんぼ通りをもう一度歩く。

 

流石にまだ明るいので、
立ちんぼらしい立ちんぼは
おりませんでしたが、

そう油断していたら、

 

ぽっちゃり女性
じゃあ、またね!

ひょろい男性
ありがとうございました!

 

女性の方は完全な日本人でしたので、
立ちんぼではないと思うのですが、

どうやら完全に売りの現場に遭遇したようだ。

・・・こんな人が往来している中で・・・。

 

その売りぽっちゃり女性は、
全然ぼく的にはありなのですが、
厳しいヘイボーにはない部類だったんでしょうか、

ヘイボー
恐ろしいのを見た。

とか言うのです。

 

その時、丁度ヘイボーとは、
「なぜ前日の立ちんぼは二人組だったのか。」
ぼくが町田の体験談を元に話していたので、

 

べに
これがセットメニューだよ。

 

と言いました。

 

ヘイボー
ホント、恐ろしいセットメニューだね。

この後、彼はこの「セットメニュー」という
言葉が気に入ったのか、
しきりに「セットメニュー」を連発するのでした。

 

 

~~~~~ 

 

さて、新潟の帰路につく前に、
今回の旅行で一番お世話になった場所に
お礼を言わなくてはなりません。

 

え、駐車場?

 

ハッ!まさか!!

 

確かに駐車場には長時間停めましたが、
それは売買契約が成り立っているのです。

ぼくらはそれの対価を支払うので、
特に何かを思うことはありません。

 

ぼくらが停めた駐車場から、
わずか100mくらいでしょうか。

 

 

 

Hstt17_2

こちらの生活広場さんです。

 

今回の旅行で一番お世話になった。

ここ、スーパーマーケットかと思いきや、
コリアンタウンだけあって、
韓国人の集まる免税店なのでした。

高級時計や宝石が並んでおり、
中にはサンゴの加工品まであって、
中国人も関与してんのかと思うほど。

 

ここの3Fは、
現在改装中のカニ屋さんがあって、
3Fは機能しておりませんでしたが、

その3Fに、

 

 

Hstt17_1

トイレがあるのだ。

 

もうね、ぼくら車中泊プレイヤーにとって、
最大の敵はトイレです。トイレ。

どうしてこう都会のコンビニは
トイレがない場所が多いんですかね?

店員はどこで用を足すというのか。

 

とにかく、
アレだけトイレに近いヘイボーがいる上で、
トイレの確保は最重要事項である。

さらに、ぼくだってお酒を飲むと
その瞬間からトイレ行きたくなりますので、

ここの様に、自由に使えるトイレがあるのは
本当に非常にありがたかったです。

 

まさしく大きなものから小さなものまで
全て受け止めてくれたここのトイレ。

 

ぼくは、いや、ぼくとヘイボーは、
心の底から感謝せねばなるまい。

 

 

ちなみにこのトイレ、合計7回位行きましたが、
うち1回だけ、機能してないはずの3Fに、
たくさんの女性達が集まっておりました。

 

ぼくらはただトイレに来ただけですが、
謎の女性達に遭遇して困惑しておりました。

よくよく見てみると、
何か韓国人の俳優が来ていて、
その人が今日誕生日なのだそうだ。

で、ファン感謝イベント的なのが開かれたのが、
この生活広場の3Fの会場だったみたい。

 

何か、スタッフの人がぼくらにまで、

女性スタッフ
このお面いりますか?

などと言いながらその俳優のお面を
渡してきたからな。

 

死ぬほどいらなかったので
丁重にお断りしました。

 

 

どうやらコリアンタウンだけあって、
こう言う韓国人の人気者が
度々イベントをしているようでした。

 

町田に行く前も、
第二の少女時代になりそうな、
韓国人の若いアイドルみたいなグループが、
この糞寒いのにミニスカ薄着で、
外で何かイベントやってたしな。

 

今思えば写真撮ればよかった。

 

他にも、イケメン男性グループが
街を歩いていて、
何か宣伝活動をしておりました。

 

待ちゆく女性たちに、
ポケットティッシュを配っていたようでしたが、

当然のごとくぼくらが近づいても
何ももらえませんでした。

世知辛い世の中だわ。

 

そう言えば、チーズタッカルビを食べた
ソジュハンザンという店は、
新大久保の「イケメン通り」にあるそうです。
なんだよその名前。

まあ飛田新地にも妖怪通りってあったしな。

 

 

 

とにかく、お世話になった生活広場さん、
大変ありがとうございました。

またよろしくお願いいたします。

 

 

~~~~~~

 

 

駐車場のお会計は4800円でした。

最大12時間1200円でしたので、
丸々2日分フルで駐めた感じですかね。

 

べに
おーし、じゃあ帰ろうか!!

 

ヘイボー
そーだね!

 

 

 

 

こうしてぼくらは東京に別れを告げました。

 

たくさんの出来事がありましたが、
ヘイボーは果たしてちゃんと集大成として
今回の旅行を楽しめたのだろうか?

 

 

そんなこんなで、練馬から高速に乗り、

途中の道の駅、高坂SAだか上里SAだかに寄り、

 

Hstt17_3

みそポテトが売っていたので、
ヘイボーにおすすめして食べました。

ヘイボーも気に入ってくれました。

 

あと、今回読者プレゼントでヘイボー賞を
用意したい話をしましたので、

 

ヘイボー
べに君、ヘイボー賞なんでしょ?
 オレがお金出さないでどうするの!

 

ということで、
ヘイボー賞のサイダーもここで購入。

 

※ヘイボー賞は結局当初の当選者が
名乗り出ませんでしたので、
次に数字が近い人に贈呈しました。

 

 

Hstt17_4

あとこんなのもありました。
やらなかったけどね。

 

 

~~~~~~~~

 

 

夕食ですが、
前回お土産を買いに行ったときに、

ヘイボーに是非食べてほしいものが、
池袋にもお店を出していたので、
それを購入して食べることにしていました。

 

そう、それこそが、

 

 

 

Hstt17_5

崎陽軒のシウマイ弁当!!

 

あぁ、また食べられるなんてとても幸せ!
ヘイボーも美味しいと喜んでくれました。

もちろん普通のシウマイも買いましたので、
デラックスシウマイ弁当にして食べました。

 

このシウマイ弁当ですが、
安心と信頼の谷川岳PAで食べました。

 

谷川岳PAは19時位に全ての売店が閉まるので、
実際は休憩コーナーのテーブルに、
シウマイ弁当を展開して食べました。

暖房も効いてないのでクソ寒い中で食べてた。

 

しかし、暖房は効いてなくても、
眼の前にいるのは熱い男ヘイボーです。

 

何か、谷川岳PAのインフォメーションセンターに、
丁度新潟県の観光紹介ビデオが流れていて、

 

Hstt17_6

この様に、オーパイパイ3人組が、
新潟県の名所を紹介しているのでした。

 

ぼくが一生懸命シウマイ弁当に
からしのせの儀をしていると、

 

ヘイボー
あ!!べに君!

 

と言うので、ぼくもモニターを見たら、

 

 

オーパイパイの温泉シーンが!

 

 

べに
おおお!

 

 

と、期待しましたが、
何事もなく浴衣を来て食事するシーンに。

 

 

ヘイボー
何だよ!ポロリないのかよ!!

 

 

 

当然ですがあるわけがなく、
むしろあったら速攻で谷川岳PAの
インフォメーションセンターに
居住する羽目になるのですが、

 

しかしながら流石新潟の
観光紹介ビデオですね。

一回だけでは終わらない!!
再び温泉シーンが流れるのでした。

 

 

 

まあ、当然ながらポロリのかけらすらなかった。

 

 

~~~~~~

 

 

べに
さて、行こうか!

 

お弁当は食べ終わりました。

しばらく観光紹介ビデオを見てましたが、

急に陶芸家の
おっさん特集になったので、
ぼくらは帰ることにしました。

ヘイボー
さむっ!寒い!!

外に出るとヘイボーが寒がりました。

確かに東京の夜も寒かったですが、
やはり新潟に近くなると寒さの質が違う、
と、彼は言ってました。

でもぼくは東京の方が寒かった気がする。

 

 

ぼくらは車に乗り込んで、
新潟県にと戻ってきた。

 

 

さて、ここで今回の集大成旅行の、
締めくくりをお話したいと思います。

 

 

少し前にも書きましたが、

何にせよ今回はヘイボーの集大成なのです。

果たしてヘイボーは、
集大成としての旅行を堪能できたのでしょうか?

 

立ちんぼこそ堪能しませんでしたが、
いつぞやの茨城旅行で夢を見た、
「痴漢風俗」に突撃したヘイボー。

結果は惨敗でしたが、
それらも含め彼はどんな思いなのでしょうか?

 

 

それについて、彼自身、こう語っておりました。

 

 

ヘイボー
今回の集大成で唯一わかったことがあったよ。

 

 

 

 

べに
え、なに?

 

 

 

 

 

ヘイボー
どうやらオレは性欲が尽きたんだね。

 

 

 

集大成の締めくくりだと言うのに、
何と頼りない言葉であろうか。

 

しかしながら彼は真剣に語っている。

性欲が尽きたことを自ら認め、
その有様に落胆しているヘイボー。

 

その悲しい現実が、
今ぼくの隣で起きていた。

 

 

 

ヘイボー
もうさ、人生悟って、第二の寂聴先生になるよ。

 

 

 

 

べに
寂聴先生wwwwwwww

 

 

 

 

もうね、もうこのワードがぼくに
クリティカルに刺さりました。

 

その後の会話の中で、 

 

べに
寂聴先生は早いってw

 

 

べに
そんな寂聴先生な男になるなよw

 

 

 

 

 

べに
寂聴先生、次は酒の陣かな?

 

 

 

 

 

ヘイボー
もうオレ寂聴先生になってるじゃん!!

 

 

 

 

最後にヘイボー用語が追加されました。

 

【寂聴先生】
性欲や精力が尽きて、
ヘロヘロの頼りない男になること。

 

 

 

そんなわけで、今回のヘイボー集大成は、
綺麗に幕を閉じることが出来ました。

 

 

1月の中旬から今この時に至るまで、
日本を襲った最強寒波とやらで、

出勤時道路が混むから早出

帰宅

食事後

早出しなきゃだから早く寝る

早出

という無限ループにより、
中々ブログ作成が進まず、
更新が遅くなったことはお詫びします。

 

あ、やってるスマホゲームのイベントは
全て完走しております。

 

長きに渡って読破お疲れ様でした!

 

 

 

 

さて、実はもう一つだけ、お話があります。

それは次回更新しますので、
またそちらもご確認下さい。

 

ではでは。

 

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2018年2月18日 (日)

ヘイボー集大成東京立ちんぼ巡り@16:池袋周辺「ブラべにヘイボー」立ちんぼならぬ座りんぼ?

 

夜間決行、

立ちんぼ巡り、

飲んだくれて、
飲んだくられて、
飲み呆けてからの、

立ちんぼバンバン、

痴漢風俗からの、

チーズタッカルビ!

 

そんな内容でお送りしている、
ヘイボー集大成も、

 

 

べに
じゃあちょっと池袋行こうか。

 

 

今回で最終目的地でございます。

目的地と言っても、
特に目的なんてありません。

 

ただ、裏モノJAPAN様の情報によると、
最近の池袋には、

 

立ちんぼ

ならぬ

 

座りんぼ

 

なるものが存在しているのだそうな。

 

まぁどうせいねーだろうけど、
折角だから池袋も行ってみよう的な感じで、
ぼくらは池袋に向かうことにしました。

 

 

~~~~~~

 

 

新大久保と新宿の間に車を駐めたぼくら。

チーズタッカルビを食べたぼくらは、
ここで最後の休憩を取る。

職場へのお土産も池袋で買うつもりなので、
荷物は最小限に留めました。

 

そんなわけで新大久保駅から池袋駅へと
電車で向かいます。

 

 

ヘイボー
やっぱさ、情報は共有しないとじゃん。

 

新大久保駅の改札を通った辺りで、彼は言った。

 

前も書きましたが、やっぱりぼくらですから、
町中を歩いてオーパイパイが居れば、
やれオーパイパイポイントゲットだの、

やれヘイボー側にオーパイパイが居れば、
ヘイボー
べに君!こっちにオーパイパイ!
という情報が舞い込んできたりします。

 

ヘイボーは知っての通り目聡い男なので、
ぼくよりもオーパイパイ情報発信率が
かなり高めなのです。

 

そこへ来ての言葉なのでしょうか、
彼は情報の共有を提唱しだした。

 

別に優劣なんてありませんが、
オーパイパイの情報共有化を
先に提唱したのはぼくです。

 

もちろんただのネタであり、
お互いがそれで笑えるのであれば、
全然どうだっていいことなのですが、

 

ここへ来てヘイボーがドヤ顔で
情報の共有化を打ち出してくるのは、
ちょっとぼくとしても面白くありません。

 

 

なので、何とかしてヘイボーよりも
有力なオーパイパイ情報を共有せねば!

と躍起になりました。

 

 

そしたら割とすぐ。

何なら新大久保駅のホームに上るため、
階段を登っているときにそれは起きた。

 

ぼくとヘイボーが並んで階段上がっていると、

ぼくの横に顔が四角い太った女性がいました。

 

顔が四角い太った女性は、
ぼくらよりも階段が上がるスピードが早いので、
ぼくらを追い越して階段を上がっていきました。

 

 

ぼくが、

べに
情報ねぇ・・・・。

 

と言いながら、
顔が四角い太った女性の姿を追っていったら、

 

 

スカートが

背負っているカバンに

巻き込まれて、

 

 

パンティが丸見えの状態だった。

 

 

 

そのまま顔が四角い太った女性は
階段をどんどん上がっていくので、

 

 

そのエジプトの壁画みたいなパンティを
ぼくらが崇めるような状態になった。

 

 

顔が四角いのはともかく、
体型からして太っているので

 

そのマヤ文明みたいなパンティを指差し、

 

 

 

べに
これとかどう?

 

 

と問うと、

 

 

 

 

 

ヘイボー
べに君、そういうのはいらないよ。

 

と、とても迷惑そうに答えるのでした。

 

うるせぇ、ちゃんと共有しただろうが!

ただオーパイパイじゃないだけで・・・。

 

 

あ、ぼくはパンティとおっぱいに対しては
常に平等の立場におりますので、
例えそれが世界遺産みたいなパンティであっても、
ぼくにしてみれば大変ありがたく存じます。

 

 

~~~~~~~

 

 

で、池袋駅へ。

 

 

 

 

ぼくら田園都市である新潟に比べて
東京の駅というのは地下帝国が広がっている。

そこにはたくさんのお店がひしめき合い、
そこからたくさんの誘惑が舞い込んでくる。

 

 

べに
何か甘いもの食べたいね。

 

 

ぼくはケーキと焼き鳥が並んでいれば、
瞬殺で焼き鳥を手に入れるほど、
スイーツの優先度は低いのだけど、

小腹も空いてきたし、
なんか疲れてきたので
甘いものを所望しました。

 

で、近くにあったお店が、

 

Hstt16_1

シュークリーム!!

 

 

ヘイボー
あー、ビアードパパね!

 

こいつマジなんでも知ってるな。
まあぼくがスイーツ業界に
興味がないだけなんですけど、

 

ぼくらはこのシュークリームを食べ歩きながら、
池袋駅内を闊歩してました。

 

 

 

~~~~~~~~~~~

 

 

 

べに
毎回思うけどなんでこうなるん。

 

シュークリームって食べづらいですよね、
必ず食ってる最中に握力でシューが潰れ、
中のクリームが吹き出す。

そしてそれは紙袋の中に貯蔵されるのだ。

 

最終的にはその貯蔵されたクリームを
紙を破って啜る羽目になり、

で、最後口の周りが
クリームだらけになってフィニッシュ!

 

 

口の周りのクリームを
ティッシュで拭っている最中に、

 

 

 

 

ヘイボー
あ!JKアリスオーパイパイ!!

 

 

 

皆さん、この男はとんでもない逸材を見つけました。

まずJK。

若さというのはもちろん
オーパイパイであるファクターでありますので、
JKと言うだけで価値があります。

次にアリス。

「アリス」というのは、
外国人オーパイパイのことであり、
つまりそれだけでオーパイパイなのです。

最後にオーパイパイ。

もう、それだけで十分。

 

 

そんなわけで、

 

べに
え?どこ!どこよ!!

 

ヘイボー
あそこ!あそこ!!

 

 

 

池袋駅の地下で、

まるで事件が起こったかのように、

どこ!? あそこ!!

と声を上げるバカ二人。

 

ぼくが巡回中の警備員だったら、
非常事態の警報を発信します。

 

 

べに
いねーじゃん!

 

なかなか見つからなかったのですが、

ヘイボーは韓国の男発動してたので、
そのJKアリスオーパイパイを
しっかりと認識していたのでしょう。

それでいて、

 

ヘイボー
やっぱり情報は共有しなきゃ!

 

と話していた彼は

 

 

次の瞬間、

 

 

 

 

ダッシュしていた。

 

 

 

彼がダッシュするほどだ、
そのJKアリスオーパイパイは、
確認する価値があるのだろう。

 

その思考を0.000000000000001秒も掛からず
巡らせたぼくは、次の瞬間、

 

 

 

ダッシュしていた。

 

 

~~~~~~~~

 

 

 

 

 

どこ!? あそこ!!

 

などと大声を上げていたバカ二人が、

 

次の瞬間、

 

全力疾走を始めたわけです。

 

 

で、息を切らせながらダッシュしている先は

 

 

幼気な女子高生なわけで、

 

 

 

もしぼくが巡回中の警備員だったら、
国に自衛隊の災害派遣を要請した上、

 

Twitterに「バカ二人危険なぅ」とか
投稿していたことでしょう。

 

 

そんな周囲の状況などどうでもよく、

ぼくらバカ二人はただただ、

JKアリスオーパイパイに向かって
全力疾走しておりました。

 

ま、見た目上は電車の時間に間に合わない
一般市民にしか見えなかったでしょうけど。

 

 

 

~~~~~~~~~~

 

 

 

べに
・・・・で、どこよここは。

 

 

ヘイボーが見つけたJKアリスオーパイパイは、
ハーフだったんでしょうかね、

確かにオーパイパイでしたが、
身長もかなり高く、モデルさんみたいな
まさしくJKアリスオーパイパイでした。

 

足が長いためか歩く速度も早く、
ぼくらは5分以上ダッシュしていた。

 

一人の美人を追いかけてダッシュするだけで
かなりのバカなのかも知れませんが、

ただでさえ地理に疎い東京の駅地下で、
自分達の居場所を見失っておりました。

バカ追加でお願いします。

 

 

ヘイボー
べに君、迷子になったね・・・。

 

うるせぇ、お前のせいだろうが!
というツッコミが入りそうな世の中ですが、

ぼくらはやりきった。

その結果が迷子だっただけだ。

 

誰にも文句言わせない。

 

そんなわけで、

 

べに
とりあえず池袋駅に来たんだから、
 ぜひ見せたいものがあるよ。

 

ぼくはヘイボーを連れてとある場所に向かいました。

 

 

~~~~~~~

 

 

 

Hstt16_2


いけふくろう

 

駅地下のためGPSも上手く働かず、
ただでさえJKアリスオーパイパイ求めて
ダッシュして迷子になったので、

たどり着くまでにかなりの時間を要しましたが、
ぼくはなぜかこれをヘイボーに見せたかった。

 

べに
待ち合わせの 場所として有名なんだって。

 

東京以外の人、例えばぼく達みたいに
地理に疎い人にしてみれば、
「どこよそこ。」となりますが、

実際このいけふくろう周辺には
かなりの人が立ちんぼしておりました。

 

トイレ大好きなヘイボーは、
いけふくろう近くにもトイレがあるので
早速トイレに行きました。

 

その間ぼくは地道に
オーパイパイポイントを稼いでおりました。

 

 

さて、これからどうするか。
確かにお土産を買うためにここに来たのですが、
まだまだ全然時間があります。

 

なので、

 

べに
そうだ、ちょっと懐かしい場所に行ってみよう。

 

ぼくはヘイボーを連れて、
池袋駅地下から地上に出ました。

 

 

ちなみにヘイボーに座りんぼの話をしましたが、
全然誰も座っていなかった。

まあ、冬だしね。

 

 

駅の北側?北西側?なんですかね。
しばらく歩くと、

 

 

Hstt16_3

狭い路地に飲み屋とか風俗店とか、
ぼくの大好きな猥雑風景。

ヘイボーと
今度池袋で飲みたいね。」

と話をしましたが、
さて、いつになることやら。

 

 

ぼくが、とある場所を求めて彷徨っていると、

 

 

ヘイボー
あ!べに君!スイカだスイカ!!

 

 

と、ヘイボーが何か見つけた模様です。

 

 

 

Hstt16_4

スイカだった。

 

ヘイボー
スイカ行かないのスイカ!

確かにぼくはスイカが好きだけど、
なぜこの男はここまでこのスイカに
こだわるのであろうか。

 

まず、「常夏ヘルス」と書いてあるが、
確かに夏と言えばスイカは当てはまる。

でもスイカの裏に書かれたが
ヤシの木であるのであれば、
せめてココナッツを
書いてあげるべきではなかろうか。

 

そして、多分彼は騙されてるだろうけど、

 

Hstt16_5


どこにも スイカップ と書かれていない。

 

よく巨乳のことを「スイカ」だの「メロン」だのと
比喩されていることがあるけど、

 

ここのスイカはグループ名であり、

 

どこにも

「嬢のおっぱいがスイカ並!」

とは書かれていないのだ!!

 

 

べに
多分巨乳風俗じゃないから。

 

ヘイボー
えー、そうなのか。

 

 

やはり騙されていた模様。

でもイメージ戦略は大事ですね、
「スイカ」って書くだけで、
巨乳を連想して入店する人もいそうだしね。

 

 

~~~~~~~

 

 

 

べに
あ、ここだここだ!!

 

スイカ事件を解決し、
またしばらく彷徨っていたぼくらは、

ついに行きたかった場所に到着する。

 

 

Hstt16_6

いや、手前のはっち ではなく、

 

これは過去の画像ですが、

Tpr_103

ここ!!

手前の1円玉の看板が印象的!

前々回ですかね。

最後池袋の巨乳風俗を堪能するときに、
ぼくはここへ来ました。

 

べに
いやー、懐かしいなあ!!

 

懐かしいも何も、ここで風俗行ったという
記録しかないわけですが、

それでも様々な事件があったわけで、
非常に感慨深く思いました。

 

 

べに
ここでこういうことがあってね・・・。

 

ヘイボー
いいなあ!べに君!

 

 

みたいな話をしてました。

 

 

Hstt16_7

ホテル街も完備しており、
ヘイボーの痴漢風俗もそうでしたけど、

ここらへんはお店で受付をして、
歩いてホテルの部屋に入って、
準備OKの電話をしたら嬢が来る、

というシステムなんですかねえ。

 

 

~~~~~~~~~~~

 

 

べに
あ、そうだ、宝くじ買うんだった。

 

 

Hstt16_8


年末ジャンボが売り出されていまして、
東京の宝くじ売り場はこんな行列が出来てました。

 

ヘイボー
折角だからオレも買おう!

 

と、行列に並ぶぼくら。

 

 

Hstt16_9

隣にこんなめでたいふくろうが居ましたので、
夢袋を立てかけて撮影しました。

最初立てかけたときに、
上手く引っかからず落としてしまいました。

べに
あー、もうこれ当たらんわw

ホントに当たらんかった。クソ!!

 

 

池袋駅って宝くじ売り場3ヶ所くらいあるんですかね。

しばらく駅内を歩いていると、

Hstt16_10

別の売り場にはこんな縁起物がありました。

 

1つ叩いて一億円!

2つ叩いて二億円!?

今回は10億円の宝くじだったので、
ぼくとヘイボーは10回叩きました!!

 

わかってると思いますが、
当たりませんでしたクソが!!

 

 

 

Hstt16_11

なんだっけ、モナーじゃなくてギコじゃなくて、

  ∧_∧  
( ・∀・)

これ。モララーだっけ。

何か感慨深い。

 

Hstt16_13

そしてカプセルトイ祭り。

思えばこれってすごいよな。
補充以外の経費が掛からなくね?
だって電気使ってないもん。

 

 

~~~~~~~

 

このあと、ぼくらはお土産を買い漁りました。

有名そうなお菓子屋さんを見つけましたが、
新潟県にも出店してたりしたものはパス。

 

そして、ヘイボーにも食べてもらいたかった、
アレも売っていることが判明したので、
ぼくとヘイボーは購入しました。

 

ヘイボーは体力に限界が来ていました。

歩く姿もだるだるで、
とてもJKアリスオーパイパイ求めて
ダッシュしていた男とは思えない
風貌に成り下がっておりました。

 

ぼくはもうちょっと見て歩きたかったですが、
こんなヘイボーの姿はちょっと可哀想なので、
買い物も早々に帰路につくことにしました。

 

 

そんなわけで、次回が最終回です。

 

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2018年2月16日 (金)

ヘイボー集大成東京立ちんぼ巡り@15:「ソジュハンザン」で『チーズタッカルビ』

 

 

 

ヘイボー
歌舞伎町でさ

 美味しいラーメンがあるって聞いてさ!

 

 

 

前回エントリーにした痴漢風俗の嬢から、
おすすめのラーメン屋さんを聞いたヘイボー。

 

かなりプッシュされたらしく、
ヘイボーもその気になって、

絶対にラーメン食べる!

ってなったんですけど、

 

 

 

 

 

 

 

ヘイボー
店名忘れた。

 

 

 

 

 

 

 

 

もう、どうしようもない。

 

 

 

 

 

ホントマジ一番肝心な所が思い出せず、

ただ単に、

 

「歌舞伎町に美味しいラーメン屋がある。」

 

という、

ふわっとした情報しか残りませんでした。

 

 

 

しかしながら、
ぼくはどうしても食べておきたいものがあり、

ぶっちゃけヘイボーのラーメン情報は
どうでも良かったので、
店名が思い出せないのは好都合。

 

 

ここで、ぼくはヘイボーに告げた。

 

 

 

べに

チーズタッカルビ食べに行こう!!

 

 

 

~~~~~~~

 

 

べに
こないだ新大久保行ったんですけど、

 

 

 

日本人全然居ないっすね!

 

 

 

総合生協の人
ああ!あそこは居ませんね!!w

 

 

仕事上、総合生協の人と話す機会があるのですが、
彼もまた東京に何度か足を運んでいるらしい。

新大久保についてぼくが話すと、
彼も賛同してくれた。

 

 

有名かどうかわかりませんが、
新大久保周辺は、とてつもなくコリアンタウンが
展開されており、それに伴って、
韓国系のお店もかなり並んでいる。

 

Hstt6_1

こんな風に普通に軒を連ねており、
もはやこの道を往来する人間は、
既に日本人ではなく韓国人ばかりである。

 

考えてみれば、群馬の大泉のブラジルタウンも
喜び勇んで向かったぼくにしてみれば、
このコリアンタウンも正直面白かった。

 

前回も、ぼくはここ新大久保を拠点として、
立ちんぼ調査を決行したのだけど、

そのときに、やたらと並ぶ

「チーズタッカルビ」

の文字。

 

前回も折角だから食べるか、と思うていましたが、
なかなか一人だと敷居が高い上、
店も決め打ちできないまま時間が過ぎ、
後ろ髪を引かれる思いで東京を去った。

 

今回は、チーズタッカルビを食べる!

 

ヘイボーと韓国に行ったとき、

まともな韓国料理は
最後のDMZツアーで食べた
プルコギしかありませんでした。

 

何年越しかの念願か、
まともな韓国料理、
チーズタッカルビを
今ここで食べようじゃないか!

 

 

ここで、どの店に入るかの会議になる。

先程も書きましたが、
コリアンタウンな上、殆どが飲食店なので、
その殆どにチーズタッカルビの文字があるのだ。

 

しばらくヘイボーと歩いて見てましたが、
なかなかお高いんですね、
チーズタッカルビってもんは。

 

Googleで調べたお店も結局思ったより高く、
なかなかこの店にしよう!
という決定までは至りませんでした。

 

しかしながら、とある道を歩いていたときに、
外にメニューが置いてあって、
何気なしにそれを見ていたら、

 

ヘイボー
あれ、ここ安くない?

 

べに
ホントだ、何でだろう?

 

ヘイボー
もうさ、ここにしよう?

 

 

ぼくとヘイボーは仲良しですが、
こう言うところで性格の差が出るんだろう、

ぼくは、折角だから多少高くても、
有名なお店で食べたいと思っていた。

ヘイボーは「チーズタッカルビ」と書いてあるなら、
それは「チーズタッカルビなんでしょ?」という
考えだと思う。

 

 

まあ確かにぼくの考えで行ってしまうと、
なかなかお店も決まらないし、
余計なお金もかかってしまうだろう。

 

色々と言いたいことはあったけど、
もう旅行も終盤なので、
ヘイボーの意見に従うことにしました。

 

 

そしてぼくらが決めたお店、それは、

 

Hstt14_12

ソジュハンザン!!

・・・どういう意味なんだろうね?

 

まあええわ、リーズナブルにチーズタッカルビが
堪能できるならぼくは文句は言わない!!

 

ぼくらは店の真ん中らへんの席に通された。

 

 

べに
あー、腹減った!

 

確かに10時とかに起きましたけど、
ここまで飲まず食わずでしたからね!

 

ぼくとヘイボーはメニューを見ました。

 

 

べに
おああ!サムギョプサル!!

いちいち感動するぼくもウザいですが、
思えば韓国に行ったときに、
全然まともに韓国料理食べなかったぼくらは、

ここで聞き覚えのある韓国料理に、
それぞれ一喜一憂しておりました。

 

 

ヘイボー
じゃあさ、これも頼もう!!

 

チーズタッカルビに、サムギョプサル。

他、気になる韓国料理も幾つかピックアップ。

 

 

チーズタッカルビやサムギョプサルは、
何気に「2~3人前」とか書いてありましたが、

あれだろ?
頑張って、2人前ずつ食べれば問題なかろう?

 

 

よーし、ぼくらの腹は決まった。
文字通り腹は決まった。

 

早速店員を呼びました。

 

すると、
ラバーガールの飛永にそっくりな
韓国人男性の店員が来ました。

 

 

ヘイボー
サムギョプサルとチーズタッカルビ、
 あとこれとこれください。

 

 

 

よーし食うぞ!

 

お腹いっぱい韓国料理を堪能するぞ!

 

ヘイボーが飛永に向かって
メニューを注文すると、

飛永は言いました。

 

 

 

 

 

 

飛永

オオイデスヨ・・・。

 

 

 

 

 

 

 

もう、ホント、

飛永は普通に引いた表情で、

 

「マジかお前ら。」とか言いたそうな
表情でぼくらを見てました。

 

あれか、
そんな意表をついたオーダーだったのか。

 

 

しかしながら、
郷に入っては郷に従え、
飛永が言うのであればそうなのだろう。

 

とりあえず今回はサムギョプサルを諦め、
噂のチーズタッカルビをいただくことにしました。

 

 

 

~~~~~~~~~

 

 

 

最初にコンロが運ばれてきて、

セットメニューであろう、
小物が運ばれてきました。

 

Hstt14_2

手前のキムチスープ。

過去に韓国に行ったときも思いましたが、
どうもこのスープは好きになれない。

 

味は秀逸で、味だけ見ればかなり美味しいのですが、
匂いがね、匂いが受け付けない。

化粧品臭いと言うか、
大豆がメガ進化したような匂い。

息を止めて全部飲んだ。

 

ほか、漬物やウィンナーの小鉢達。

 

 

 

 

 

そして、コンロの上に石鍋が置かれて、

 

 

Hstt14_3


キムチに味付けされた野菜とか肉とか、

そして数種類のチーズよ!!

 

 

そしてコンロが点火され、待つこと数十分!!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Hstt14_6


チーズタッカルビ完成!!

 

 

 

ヘイボー
あ!うめえ!!

 

べに
旨っ!!超うめえ!!!

 

 

これはね、食べて下さい。

例えば、今なら神戸ワールドビュッフェとかで、
チーズタッカルビやってるらしいですが、

そんなんじゃなくて、
ちゃんと韓国料理店で食べて下さい。

美味いから、絶対美味いから。

 

 

キムチ味とは言いませんが、
旨辛味で味付けされた野菜や鶏肉に、
チーズがまたいい仕事をしやがって、
ピリ辛且つまろやかな味が楽しめます。

 

 

美味い、本当に美味い。

 

 

Hstt14_7


一瞬で食い尽くしたからね。

 

 

 

 

~~~~~~~~~

 

 

 

飛永
ゼンブ食べてクダサイ。

 

 

 

飛永が最初「オオイデスヨ・・・。」と言った理由は、

何とチーズタッカルビ食べた後に、
キムチチャーハンが付くからだそうだ。

しかも、チーズタッカルビを食べた後の
鍋でそのチャーハンを実演調理するらしい。

 

それを知っていたので、
日本で言う、鍋の後の雑炊みたいに、
汁を残す文化を真似て、

キムチやチーズをちょっとだけ
残しておいたのだけど、

どうやら調理する側はそれが邪魔らしい。

 

 

しきりに全部食え、全部食えと言われた。

 

 

 

これ以上食う場所ないのに
全部食えって言われた。

 

このこびりついたのも食えってか。

 

 

しかしながら、
ぼくとヘイボーは意地になって全部食べたのだ。

いつぞやのどぶ汁雑炊のように、
鍋の底っ溜まりも掻っ攫って食べた。

 

※今回集大成なので、
過去のネタも結構引用しています。

全部見覚えのある人がいたら、
ぼくは最高の謝辞を述べたい。

 

 

ようやく店員のお許しが出たのか、

 

Hstt14_8

店員が鍋でキムチチャーハンを作り始めた。

 

 

 

Hstt14_9

手際よく、サクサクと作られていくチャーハン。

 

 

 

 

 

 

結構見入る調理風景でしたが、
体感15分位の時を経て、

 

 

Hstt14_10

完成!キムチチャーハン!!

 

 

 

 

 

Hstt14_11

速攻食った。

 

 

 

 

~~~~~~~~~

 

 

 

ヘイボー
ああああああ!美味しかった!

 

美味しいものは美味しい。
それでいいじゃないですか。

 

ヘイボーは体の調子がおかしかったのか、
単に代謝がいいのかわかりませんが、

 

とんでもなく汗が噴き出ていた。

 

 

12月半ばに行った旅行。
店内だって暖房利いてたとは言え、
別に普通にしてれば過ごしやすい温度。

そんな汗をかく理由などない。

 

ぼくは辛いものはそこそこ行けますが、
このチーズタッカルビだって
特別辛いものでもない。

単純にヘイボーの代謝が良かったのであろう。

 

でもその汗の量たるやクソヒドく、
見ているこっちが、

 

べに
え、フルマラソン走ってきたの。

 

って言いたいくらい
全力疾走の汗をかいていた。

 

おしぼりは経費に優しい紙おしぼりだったので、
ぼくが持っていたポケットティッシュを丸々あげた。

それでも足りないくらい汗かいてた。

 

 

そんなわけでお会計しました。

 

 

 

~~~~~~~~~~~

 

 

 

べに
美味しかったね、ここ!!

 

 

お店を出て、ぼくはこの店を眺めた。

ヘイボーが適当に
ここにしよう!」とか言い出した時は

 

べに
もっとちゃんとした場所にしよう。

 

と言いたかったけど、
全然、ここにして良かったと思います。

 

この後、ぼくらは次の目的地に行くのですが、
その途中に見たチーズタッカルビの看板も、

・スープ付き

だの

・小鉢付き

だの書いてありましたので、
お店によって様々なのでしょう。

 

金額は2600円位でした。

他のお店だと3~4000円くらいでしたので、
そのリーズナブルさが見て取れますね。

 

 

そんなわけで、
ぼくもヘイボーも大満足な
チーズタッカルビでした。

 

 

 

Hstt14_13

謎のオブジェ。

多分何かの飲料。

怪しい見た目だけど、
多分造形が失敗しているだけで、
ホントはもっと美味しそうなやつだと思う。

 

 

Hstt14_14

新大久保駅前で、
ヘイボーがトイレに行ったのを待っていたら、

よくよく見たらどこかで見た店が。
チェーン店なんですねえ。

 

 

そんなわけで最後の目的地、
池袋へぼくらは向かった。

 

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2018年2月10日 (土)

ヘイボー集大成東京立ちんぼ巡り@14:番外編「ヘイボーと痴漢風俗」

 

今回のお話は、

旅行記とは別に作ろうか、

次回のチーズタッカルビと混ぜようか、

7秒くらい悩んだのですが、
後々のことを考えて、
別に作ることにしました。

 

「番外編」と書きましたが、一応正史です。

 

ところで、
チーズタッカルビなのか、
チーズダッカルビなのか、

どっちが正しいんですかねえ?

 

 

~~~~~~~

 

 

ぼく起床。

 

 

OK、10時過ぎ。

 

昔から全くもって朝起きることが
苦手科目だったんですけど、

今回も見事に、
優秀な成績を収めることが出来ました。

 

おそらく今頃ヘイボーは痴漢風俗に
突撃してる頃でしょう。

 

 

ぼくはぼくで、

 

べに
立ちんぼとは。

 

 

と、セルフ哲学に陥るのでした。

 

そんなわけで、折角ホテルにいますので、
ぼくはゆっくりとお風呂に入りました。

チェックアウトも11時だったので、
ギリギリまでゆっくりしてました。

AVではなくニュース観てた。

 

そして胡散臭いばあちゃんに鍵を渡し、
ぼくはホテルを出ました。

 

 

~~~~~~~

 

 

 

とりあえず昨日の立ちんぼ遭遇現場を
覗いてみましたけど、
やっぱり人影がありませんね。

 

まあ居たら居たでぼくはマフラーに
 

べに
もう騙されんぞ!!

 

と一喝していたでしょうけどね。

↑こいついっつも騙されてんな。

 

 

Hstt14_1

朝の町田駅。

この日は平日なのですが、
おじいちゃんおばあちゃんばっかり見かけました。

平和な日本。

 

さて、ここから新大久保までは
50分位かかるんでしょうかね?

 

ぼくは電車に揺られ新大久保を目指しました。

 

幸い、何か急行だか快速みたいなので、
かなりの駅をすっ飛ばす電車に乗り、
割りと早目に新大久保に着くんじゃないかと
思うていたところで、

 

 

ダライアスバーストCSで、
ドレッドフルウィップとの戦闘曲
「カタボリズム」が流れだす!

↑丁度1分からがサビです。
よかったら聴いてね!!

 

 

電車内での携帯電話は、
電源をお切りください。

と天の声が流れてましたが、
申し訳ない、ごめんなさい、
相手がヘイボーからなので、
声小さくするんで許してください。

 

べに
もしもし?

 

ヘイボー
もしもし?べにくん?

 

 

べに
おー!どうだった?

 

 

こうして電話をかけてくるということは、
痴漢風俗での戦闘を終え、
結果を話そうとしていたのでしょう。

 

 

ヘイボー
終わったて、色々さ・・・。

 

 

ホントマジ、
何が起きたらそんな出だしで
会話が始まるのか、

今からワクワクが止まらない!

 

 

とりあえず電車内でしたので、
集合場所をあーだこーだ決めて、
新大久保で落ち合うことになりました。

ヘイボーは新宿まで行くつもりらしかったですが、
そうこうしている内にもうあと新大久保に着くだけの
行程になってしまいましたからね。

 

 

そんなわけで、ヘイボーと合流しました。

 

 

~~~~~~~

 

 

べに
で、何が起きたん?

 

 

町田に行くために持った荷物を、
ホームベースである
駐車場に置きに行きがてら、
ぼくはヘイボーの話を聞きました。

 

ヘイボーの話は、
ぼくと日高屋の後に別れてから、
一晩をマンガ喫茶で過ごした所から始まった。

 

 

ぼくが立ちんぼと真剣勝負をしていた頃、

彼はマンガ喫茶で時間を潰していたのだけど、
その後合流して打ち上げをし、
手羽先とラーメンを食べた後、

仕方ないのでもう一度同じマンガ喫茶で
一晩を過ごすことにしたのだそうだ。

 

まあ、よっぽど変な場所じゃなければ、
個室のブースになっていますし、
椅子であればリクライニングシートだし、
座椅子だったとしても横になれるスペースは
存分にあるので寝るのには
そんなに困らないと思います。

 

しかしまあ彼は不便なもので、
ちゃんとした部屋じゃないと
ゆっくり寝られないのだそうだ。

繊細なのね!

 

 

それだけならまだしも、
やっぱり1日中飲んで歩きっぱなしだったので、
シャワーを浴びたかったのだけど、

 

ヘイボー
シャワーが10分200円でさ・・・。

 

ヘイボー
10分で済むわけないじゃん!

 

 

三回分くらい料金を支払ったらしい。
 

そして、一晩明かし、
その痴漢風俗へと向かったのだそうだ。

 

その風俗に着いたかと思えば、

最初にそのお店の手順を説明されて、

そしてホテルの部屋でお待ち下さい、
と言われたらしい。

 

これはぼくが池袋で体験した巨乳デリヘル
同じような展開ですね。

東京ではそれが普通なのかな。

 

ヘイボー
これを渡されたわけよ。

 

べにさんは『痴漢風俗のメモ』を手に入れた♪
テンテカテンテカテー♪

 

手順メモにはこう書かれていた。

 


ホテルに入室しましたら、**-****-****に
お客様名とホテル名、お部屋の号室をお伝え頂いて、
ご連絡の後は女性が到着までタオル一枚でお待ち
シャワー浴びやすい格好でお待ち下さい。

 


ノックかチャイムが鳴りましたら、扉を少しだけ開けて、
そこで女性と顔を合わせないように
シャワーに移動して下さい。

 


シャワーを浴びている間に女性が準備しています。
うがい薬でうがいをして頂いて、
消毒用のボディーソープを使い切り、
性器、ア○ル、わき等をしっかりお洗い下さい。

 


女性の準備ができましたら、浴室の扉をノックしますので
ノック後に浴室から出ましたら痴漢プレイスタートです!

 

 

 

スタートです!じゃねえよ!!

ところどころ日本語がおかしかったり、
指示が意味不明だったりしますが、

あれかな、教養のない人が一生懸命作ったのかな。

まあ日本語がおかしいのは
ぼくのブログもそうなので
人のことを笑ってはいけませんね!

 

とりあえず、ヘイボーはその指示通りに動き、
痴漢プレイを堪能したのだそうだ。

 

そして、その手順メモには、

 

~ 注意事項及び禁止事項 ~

 

○盗撮行為・プレイ中携帯電話の操作はおやめ下さい

○本番強要・スカウト行為・女性の嫌がる行為

○性病または性病と疑わしい方

 

などと書いてありましたが、

 

ヘイボーの携帯カメラは
何故か音が鳴りませんからね。

 

 

そう言えば、このエピソードを
語らなくてはならないのですが、

時は前日の、町田に行く前に遡ります。

 

ヘイボー
もうさ、バレバレじゃん!

 

ぼくの入れ知恵で、
何故かスマホカメラの音が鳴らなくなった
ヘイボーですが、

一つだけ、難点がありました。

 

 

ケースが、ソフトシリコンのケース。

 

 

まあ、ぼくみたいに手帳型のケースならば、
まあ、事なきを得るというか、
まあ、多分何事もないのでしょうけど、

 

ことソフトシリコンケースだった場合、
画面が見えてしまいますからねえ。

 

 

そんなわけで、急遽、

お近くのドンキ・ホーテにて、

 

手帳型のケースを
買い漁るのでした。

 

 

しかしながら、
ヘイボーの機種はXperia Z3。

 

数世代前の機種なので、
対応ケースが売っておりませんでした。

一応マルチタイプの手帳ケースも
売ってはいたのですが、

 

肝心のカメラのレンズが隠れてしまう

という本末転倒仕様。

 

結局ケースは買わなかった。

 

 

なので、街中で気になる映像を
撮影することは出来なかったのですが、

今回が最初で最後のチャンスということで、

 

 

Hsttb


ヘイボーに痴漢される10秒前の姫

 

という画像を手に入れることができました。

 

 

 

~~~~~~~

 

 

ヘイボー
結構なオーパイパイでさあ、
 一生懸命のいい子だったんだわ。

 

 

彼はしみじみと語りました。

いくらヘイボー自身はやる気満々でも、
肝心のゴードンが奮わなかったそうで、

結局今回もイケなかったそうです。

集大成も不発かよ。

 

ゴードンは奥さんとは元気になるらしく、

逆に誰でも何でも元気になってしまう
ぼくのジョンは何なんだ、

という話になってしまうのですが、

とにかく今回も不発だったのだそうだ。

 

 

ヘイボー
押し倒したり、色んな事してくれたり…。

 

嬢も一生懸命頑張ってくれたのだそうですが、
結局時間いっぱいになっても
ゴードンが奮うことがなかったようで、

 

 

ヘイボー
ゴードンってそんなヤツだったんだね。

 

 

と名言を残すほどの醜態だったそうです。

 

 

 

ヘイボー
オーパイパイとバンバンすることが目標だよ!

 

いつぞや、
彼は元気良くそう答えたことがあったのですが、

 

それが今回、

 

 

ヘイボー
この嬢がさ、
 すごくオーパイパイですごくいい子でさ・・・。

 

と、夢叶ったじゃねーかと思いきや、
肝心のゴードン奮い立たず!

 

 

 

何だかんだの集大成でした。ちゃんちゃん。

 

 

 

 

・・・・え、

 

トータル何だったんだ!

 

今回の集大成は!? 

 

 

 

~~~~~~~

 

 

さて、色々ありましたが、
今回のエントリーを作成するにあたり、

 

ヘイボー
例の画像、もしブログに載せるなら、
 加工してくれると助かります。

 見る人が見たらわかると思うから。

 すごくいい子だったから可哀想で・・・。

 

 

という連絡が入りました。

さあ、皆さん、どう思いますか?
優しいですね、さすがヘイボーですね。

 

まあ、忘れてはいけないのですが、

 

 

~ 注意事項及び禁止事項 ~

 

○盗撮行為・プレイ中携帯電話の操作はおやめ下さい

 

 

例え唆したのがぼくだったとしてもな!!

 

 

そんなわけで報告会も終わったので、

お昼ご飯を食べに行きました。

 

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2018年2月 8日 (木)

ヘイボー集大成東京立ちんぼ巡り@13:町田「日高屋」夜食

 

もうあんまり書くことがないので、
今回も短いです。

 

 

なので少しでも物理的に時間を掛けてもらうべく、
やってるゲームの動画を上げておきます。 

 

ゴーレムかわいい。

 

とりあえず今回を要約すると

「ラーメン食べた」

で終わります。

 

 

~~~~~

 

 

見つけた場所は、

「中華食堂 日高屋」

 

どうやら関東近郊で展開されている
チェーン店のようでした。

 

深夜4時まで営業している、
ぼくらみたいな立ちんぼバンバンした後で
一杯やるには打ってつけの場所です。

 

 

と言うか他にやってる場所がなかった。

 

 

 

中に入ると、
まあ普通の中華食堂ですが、

今までやりたくてもやれなかったことが、
ここで出来そうなのです!!

 

 

Hstt13_1

ラーメン食堂で一杯!!

 

ぼくらみたいな新潟人は
車生活が主体なので、

食べに行った時はもちろん
ノンアルコールになるのですが、

今回は近辺に泊まるし、
ちょい飲みも出来るしで、
とりあえずメンマつまみにお酒を飲むのでした。

アカン、かなり幸せ!!

 

 

ここへ来て、

 

Hstt13_2

餃子も運ばれてきて、
餃子とお酒を楽しむという
夢のような共演を感じることが出来ました。

おう、一日目にやったよな、それ。

 

 

~~~~~~~

 

 

さて、ヘイボーと今後のことを話します。

前回にも書いたように、

 

痴漢する風俗に突撃予定のヘイボー。

 

しかしながら、

 

ホテルにヘイボーは入れないという
衝撃の事実が突きつけられた。

 

 

色々話した結果、

 

▽べにルート
・ラブホテルで一泊
・朝9時に起きる
・朝11時に新大久保でヘイボーと合流

 

 

▽ヘイボールート
・マンガ喫茶で一泊
・朝7時に起きる
・新大久保に行って、痴漢風俗突撃
・朝11時に、新大久保でべにと合流

 

という流れになりました。

 

 

Hstt13_3

このラーメン食べているのが 午前1時45分。

 

お酒もかなり入ってるので、
果たしてぼくは午前9時に
起きられるのか疑問ですが、

 

この集大成旅行も終盤になりました。

とりあえずは、翌日のヘイボーの
痴漢風俗に期待しましょう。

 

 

日高屋、金額も安いし(お会計1860円)
味もなかなか美味しかったです。

なんで新潟県に出店しないんですかねぇ?

 

 

 

そんなわけでこのあと、
ぼくとヘイボーは分かれて
それぞれの寝床に行きました。

 

今回も短いですが、
まあメインのお話は終わりましたしね。

 

次回へ!

 

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2018年2月 7日 (水)

ヘイボー集大成東京立ちんぼ巡り@12:町田「鳥良商店」軽く打ち上げ

 

 

新潟県はここのところ「最強寒波」とか言う、
お前いつも最強じゃんとか思われる寒波の影響で、

連日雪が降り注いでおります。

 

最近ハマってるシーグラス拾いとか、

気軽に温泉も行く気になれないし、

安心と信頼のエスマートにも
デイ・アフター・トゥモローみたいな
冒険をしないと行けないような状態。

 

平野にいるのに陸の孤島。

 

そうなれば、家でゲームかブログを書くしか
やることがありませんので、
今日も張り切ってブログを書いていきたいと思います。

 

とは言え、メインである立ちんぼのお話が
前回無事終了しましたので、
今回からは惰性な感じになりそうですが、
まあ、その、よろしくお願いいたします。

 

 

~~~~~~

 

 

 

ヘイボー
べにくん、どうだった!?

 

 

立ちんぼとの戦闘を終えて、
ヘイボーと合流したぼく。

 

会うなり、何が起きたのか
とても気になる様子のヘイボーでしたが、

まずはヘイボーに引導を渡さなければいけません。

 

 

 

べに
その前に、悲しいお知らせがあるよ・・・。

 

 

ぼくと立ちんぼがラブホテルでバンバンするとき、
ぼくはラブホテルに「宿泊」として入りました。

 

今回立ちんぼバンバンを諦めたヘイボーは、
一旦マンガ喫茶で時間を潰すのですが、

ぼくと立ちんぼがバンバンし終わった後合流し、
寝るのはそのラブホテルで、と言う計画でした。

 

フロントの胡散臭いばあちゃんに、
途中退室の確認を取ったとき、

 

べに
友達が別でいるんですけど
 友達連れてきていいですか?

 

胡散臭いばあ
男?

 

べに
え?はい。

 

 

 

 

胡散臭いばあ
ダメダメダメダメダメダメダメ!!!

 

そんなさあ、そんな言う?
どんだけダメなのよ。
そんな勢いで言わなくてもいいだろ?

 

こんな衝撃の事実を告げられたので、
それをヘイボーに話しました。

 

 

ヘイボー
うそーん!

 

ヘイボーのリアクションも納得でした。
ぼく自身も宿泊代が折半されるので、
この計画は成功前提だったのに残念です。

 

法律が効かないアングラ事業に加担してるくせに、
このホテルは一応法律上で運営されてますからね。

流石に勝手にって訳にはいかないでしょう。

 

 

べに
とりあえず打ち上げしよ!

 

こうしてぼくらは町田の居酒屋で
一杯引っ掛けることにしました。

 

 

~~~~~~~

 

 

ぼくとヘイボーが合流したのは午前0時半。

 

日曜日から月曜日に変わった時刻なので、
殆どの居酒屋さんが閉店してました。

 

GoogleMapを頼りに探していたら、

 

Hstt12_3

24時間営業している手羽先居酒屋さんが!

 

東京の町田。

さっき地図を見たら、駅裏のホテル街は、
既に神奈川県相模原市だったみたいです。

そんな東京の外れ、
雪もチラついて来た寒い夜。

ぼくらはここ、鳥良商店さんに入りました。

 

 

~~~~~~~

 

 

べに
ったくさあ!全然タダじゃなかったよ!!

 

ぼくの怒りが鳴り響く。

 

事の顛末を全てヘイボーに話しをしたのだ。

 

・結局タダじゃなかったこと

・謎の二人目の立ちんぼがオート追加されてたこと

・追加料金せがまれたこと

・マフラーは実はババアだったこと

・おっぱいは大きかったこと

 

そして何より

 

 

Hstta10_1


 

ヘイボー
べにくんコレどういう事!!?

 

べに
こっちが聞きたいよ!!

 

 

サンタオーパイパイの集団に出くわし、
挙句に同じラブホテルのフロントで
気まずい時間を過ごしたこと

 

今世紀最大の恥をかいたわ。

コレに比べれば、
横田でパンティ買って女性店員になったことなど、
とても些細なことに思えるわ。

 

 

ヘイボー
まあまあ、飲もうて!

 

ネタとしては大収穫でしたが、
楽しみとしてはかなりの痛手。

そんな立ちんぼとの夜。

 

 

Hstt12_2


美味しい手羽先も運ばれてきましたし、
とりあえずこれはこれで良しとしましょう。

 

 

さて、忘れてはいけないのですが、

 

 

べに
で、ヘイボーくんどーすんの?

 

そう、立ちんぼを諦めたとは言え、
折角ヘイボーの集大成で来ているのです。

まさか、このまま帰るわけにはいかないでしょう?

 

 

しかしながら流石ヘイボーで、

 

ヘイボー
べにくん、オレはかなり調べたよ!

 

 

 

 

~~~~~~~

 

 

 

【べに】茨城超堪能!らしくない旅行記【ヘイボー】8~竜神大吊橋~

と言うエントリーにて、

 

==

ヘイボー君がイメクラで痴漢プレイしたい、
と考えていたお店が、常磐線に因んだ名前です。

満淫電車 女~磐線。ネーミングセンスが素敵。

==

 

このような文章が綴られております。

 

彼は、この日以来、

この痴漢プレイ風俗に行きたいと
ずっと思っていたのでした。

 

 

ヘイボー
ほら、行ったことないからさ・・・。

 

常に新規開拓を心掛ける彼は、
今まで見たことのないこの業態に、
とても惹かれているようでした。

 

 

ヘイボー
だから、オレは明日行ってくるよ!

 

ぼくらのベースキャンプである新大久保に、
そういうお店があるみたいなんですよね。

 

で、午前中だったかの早割で、
また少しお得に楽しめるみたいです。

 

ぼくが立ちんぼでくんずほぐれつ、
 

マフラー
お小遣いちょーだい!

べに
タダじゃねーじゃねーか!

などとやっている最中、
ヘイボーは一生懸命検索してたのです。

 

ぼくはそのレポートを楽しみにしている、
と彼に告げました。

 

なぜなら、彼のスマホもAndroidで、
ぼくの入れ知恵で、
何故か音が鳴りませんからね。

 

 

~~~~~~~

 

 

さて、お酒はもうほどほどに、

 

べに
お腹減ったよ!

 

と言いました。

 

思えば17時くらいに崎陽軒で
シウマイと筍食べてから、

この0時半まで何も食べてませんでした。
言うなら滋養強壮のゼリーくらい。

 

いい加減しっかりした
ご飯を食べたかったので、

 

べに
ラーメン食べに行こう!

 

そんなわけでここはお会計。

 

4500円位でした。

気分的には3600円のつもりだったのに。
また知らないとっつぁんの料金上乗せされてんのか?

 

 

 

Hstt12_1

面白そうな商店街を見つけましたが、
パーフェクトシャッタータウン。

まあ時間が遅すぎるからな。

 

てなわけでラーメン屋に行きました。

 

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2018年2月 6日 (火)

ヘイボー集大成東京立ちんぼ巡り@11:町田駅裏立ちんぼスポット2「立ちんぼとホテルでくんずほぐれつ」

 

 

 

 

イケメン客引き
どうですかお兄さん!おっぱい!

 揉み放題!

  吸い放題!!

   しばきたい放題!!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

なんですと!!??

 

 

 

まあしばきたい放題したら
出禁にするくせにとんでもないこと
言ってやがるな。

おっぱいは優しく扱わないとね!
 

 

そんな客引きの猛攻を掻い潜り、
ぼくとヘイボーはあのラブホテル犇めく
交差点へ再び訪れた。

 

前回、

立ちんぼってる女性に
 声をかけられたらバンバンをする!

と心に誓ったぼくでしたが、

 

 

貧相立ちんぼ
お兄さん、アソボアソボ!

 

アフリカあたりに仕送り送ってそうな
立ちんぼが声をかけてきたので、
速攻で前回の意気込みをキャンセルしました。

 

 

しかしここで奇跡が起きた。

 

 

Hstt10_6

 

!?

 

 

 

若い!それでいてかなりのオーパイパイ!

あの子も立ちんぼだと言うのか!!

 

 

しかしながら、
ぼくとヘイボーというエサが
2つも転がってると言うのに、
全くぼくらに近づこうとしない立ちんぼ。

 

 

貧相立ちんぼ
アソボ!

 

残念ながらこの立ちんぼがぼくと遊ぶには、
今すぐ東京直下型地震が起きて、
ぼくと貧相立ちんぼしか生き残らなかった、
そんな状態になることが前提。

 

ぼくはそのオーパイパイ立ちんぼの
情報を集めることにしました。

 

べに
あの子は?

 

貧相立ちんぼに問うと、

 

 

貧相
あの子はタマニしかシナイ。

 

 

ほう、お小遣い稼ぎタイプなのかな?
だとしたら本物の純粋立ちんぼ!?

 

しかしながら、

 

 

貧相
高いヨ!2万円!!

 

 

 

マジで!?

 

さて、みなさんはどう思うでしょうか?

確かにオーパイパイの相場で2万円は
妥当ではないかと思います。

と言うか、貧相だのBBAだのの相場が
1万前後なので、貧相が「高いヨ!」などと
言うのは、そりゃ自分と比べりゃ、だろ。

 

うーん、2万かー、と思っていると、
オーパイパイは、軽バンの車の
とっつぁんと話し始めました。

 

 

ふと頭によぎった、
前回のパンティ旅行の、
イラク人の立ちんぼ総撤収!

 

うーん、やっぱりあのオーパイパイも
ビジネス立ちんぼだったのかあ。

ちょっとがっかりな感じ。

 

 

と、悲観にくれていると、

 

 

 

 

 

 

 

 

 

マフラー
お兄さんお兄さん!

 

 

 

うおおおお!!

 

 

ここでマフラー立ちんぼ再来。

よし、もうお膳立ては整った!!

 

 

 

べに
ヘイボー君、オレは行くよ!!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

これが悪夢の始まりでした。

 

 

 

 

~~~~~~~~

 

 

 

べに
おお!探していたよ!

 

そう、それはウソではない。
革ジャンファミチキよりも、
多分マフラーの方が色々いいはず。

 

マフラー
ホント!?アリガトー!アソボウ!

 

 

べに
じゃあちょっと待って!

 

 

ぼくはマフラーを遠ざけ
ヘイボーに寄り添った。

 

 

 

== 作戦会議 ==

ぼくはいいですが、ヘイボーはどうするか。
前回同様、どうも煮え切らない様子のヘイボー。

 

色々話を聞いていると 

どうやら今回の立ちんぼは諦めたそうだ。

 

まあこれを諦めることによって、
「集大成とはなんだったのか」という
話にもなるのですが、

さすがこの男ですね、
それについてはまたお話します。

 

とりあえず、ぼくはマフラーとホテルへ、
ヘイボーは近くのマンガ喫茶で
時間を潰すことになりました。

 

 

ヘイボーと立ちんぼのところに行くと、

 

べに
え、いくらなん?

 

 

この価格交渉は今後の人生に
大いに影響してきますので、
慎重に話を伺おうと思っていたのですが、

 

 

マフラー
あなたカッコイイからタダでイイヨ!

 

 

 

 

は!?

 

 

 

 

 

 

ヘイボー
お!べにくん!タダだって!!

 

 

いいですかみなさん、
騙されてはいけません。

 

日本人の「また後で来るよ!」と同様、

 

在日外国人の「タダでいいよ!」は、
絶対にタダではありません!!

 

 

相手がまだスナックみたいに、
法律上の商売をしているのならまだしも、

こんな実態不明なアングラ商売に、
法律だの約束だのは、
何の拘束力も発揮しません。

 

これは、ぼくが、

長年の経験から学んだ知識です。

 

 

そしてぼくが返す、

 

 

べに
ウソだろ!絶対にタダじゃないだろ!!

 

 

ここでぼくは断固拒否を始めた。
それもそうでしょ。

これであとから金額請求されようものなら、
完全に詐欺案件ですよ。

まあ詐欺だからといって、
警察に通報するわけにもいきませんけど。

 

しかし、それに対してマフラーは、

 

マフラー
タダよ!タダ!カッコイイからタダ!!

 

もう全然、全然嬉しくない。
そう言って相手を舞い上がらせて、
後から高額請求させるに決まっている!!

 

 

しかしながら、このままでは話が進まない。

結局このまま立ちんぼとバンバンしなければ、
本当に集大成として空振りしてしまう。

 

少なくとも立ちんぼと肉薄しなくては、
何のためにここまで来たのかわからない。

 

 

休憩を挟んだとは言え、
お酒はかなり飲みました。

多分、まだほんのり酔ってたんでしょうかね?

 

正直この押し問答もどうでも良くなってきており、
まあ立ちんぼと接する機会だし、と思い始めた。

 

 

べに
わかった、ホントにタダなのね?

 

マフラー
タダタダ!

 

 

わかっている。

ぼくは見えている地雷を踏みに行っている。

あなたにはそれが愚かな行為と見て映るだろう。

 

それでもぼくは踏む。

それがネタのため、
エンターテイナーとしての職務だ。

だれかお給金ください。

 

 

 

 

べに
よし、行こうじゃないの!

 

 

こうして覚悟を決めたぼくに、

 

マフラー
アリガトー!キスしよ!

 

と言って唇を奪われたぼく。

 

マフラー
そっちのお兄さんもキスしよ!

 

と言って唇を奪われたヘイボー。
彼の場合は完全にとばっちりだ。

 

 

数回に渡るキスの攻撃を掻い潜り、
とうとうぼくとマフラーはホテルへ向かうことに。

その間、今回立ちんぼを諦めたヘイボーは、
お近くのマンガ喫茶で休息を取ることにした。

ここでしばらくヘイボーとお別れだ。

 

さあ、ここからぼく個人の戦いの始まり!
 

 

 

 

 

 

しかしここで事件が2つも起きた。

 

 

 

 

 

 

1つは、何かもう一人立ちんぼが着いてきた。

 

マフラー
彼女は私の同居人ネ!

 

などと供述しました。

どういうことかわかりませんが、
え、これって3Pってことですか?

 

 

この時点ですでに警戒すべきですが、

もう一つの事件のせいで、

ぼくの思考回路は

ショート寸前でした。

 

 

 

 

前回の革ジャンチキンの立ちんぼは、
ホテル「KOJO」を案内してきました。

 

しかし、このマフラー立ちんぼは、
すぐ近くのホテルに行こうと言ってきました。

 

 

べに
あれ、KOJO安いって聞いたよ?

 

と問うと、

 

マフラー
あそこ高いよ!こっち安い!

 

と言ってきました。

 

多分ですけど、
立ちんぼによって契約ホテルが
決まってるんですかね?

ホテルに連れ込めばその分マージンが
貰えるんじゃないかというシステム。

何だよ、ビジネスは既に始まっているのかよ。

 

 

で、そのホテルに向かおうとしたときに、

 

 

 

べに
何っ!!

 

 

ぼくは我が目を疑った。

 

 

 

 

 

 

 

Hstta10_2

 

Hstta10_1



なんですかこの

 

オーパイパイの集団は!

 

 

もうとんでもない。
とんでもなくオーパイパイの集団! 

しかも、何かのイベントだったんですかね?

サンタのコスプレをしておりました。

 

やばい。エロい。カワイイ。

 

 

ほんの数メートル先には
オーパイパイがいると言うのに、

 

 

何でぼくはこんな「タダでイイヨ!」とか

 
言ってくる謎の外人と

 
ホテルに行かなくてはならないのか。

 

 

 

このオーパイパイとの落差を目の当たりにし、

ぼくは冷静な判断力を失ってしまいました。

 

 

 

 

 

 

 

さらに追い撃ちは続きます。

 

 

 

 

 

 

ぼくはマフラーが契約しているであろう
ラブホテルに入りました。

受付の胡散臭いばあちゃんと、
マフラーが親しげに話してるのを見て、

ああ、やっぱり契約ホテルなのか、
と確信を得ていると、

 

 

 

さっきのオーパイパイA
ここにしようか?

 

さっきのオーパイパイB
やっと休めるー!

 

 

 

 

さっきのオーパイパイの集団が、
ぼくらが入ったラブホテルの受付に
入ってくるではありませんか。

 

 

 

 

 

 

片や謎の外国人立ちんぼ二人を
引き連れて立ち尽くすぼくと、

 

 

片やサンタのコスプレを身にまとい、
若さも美しさもエロさも兼ね備えた
オーパイパイの集団。

 

 

誰がどう見てもオーパイパイの集団の方が、
エロいし華やかだと言うに決まっている。

 

 

 

 

もう少しぼくが冷静な判断力を持っていたら、

 

べに
オレそっちがいい!

 

と、全力でオーパイパイの集団を
指名したことでしょう。

まあ、指名が通るかは別としてね。

 

 

ラブホテルの受付で、
オーパイパイの集団と鉢合わせてしまい、

 

オーパイパイ
あ、あの人これからあの外人とエッチなことするんだ。

オーパイパイ
きっとお金払ってるのよ。

 

とか言われているに違いない!
ちくしょう!!!

 

みたいなことを経て、

ぼくと立ちんぼ達はとある部屋へ向かいました。

 

 

 

~~~~~~~~

 

 

 

さて、部屋に入るなり、

 

 

 

さらに新しい事件が発生する。

 

 

 

 

マフラー
お小遣いちょーだい!!

 

 

 

 

 

 

 

 

やっぱタダじゃねーじゃねーか!!

 

 

 

 

まあね、でもね、わかってるよ。

立ちんぼですからね。
お金目当てでやってるはずです。

タダでいいならここで立ってなくても
もっといい餌場があるはずですからね。

 

 

 

 

 

 

 

しょーがないから、
ぼくが財布から一万円を取り出すと、

 

 

 

 

 

 

 

マフラー
足りないよ!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ざけんなクソが!!!

 

 

 

 

タダとは一体なんだったのであろうか?

日本の諺の最高峰
「タダより高いものはない」という
言葉通りだったのであろう。

 

 

ここで、マフラーの身の上話が始まりました。

その第一声がとんでもなくヒドくて、

 

 

マフラー
場所代8000円取らレテイル。

 

 

この日本には、もうピュア立ちんぼは
いらっしゃらないのでしょうか?

この時点で元締めがいる
ビジネス立ちんぼが確定しました。

…まあ、思えば前から確定していたな。

 

 

で、第二声もかなりヒドくて、

 

 

 

マフラー
一万ずつ出して!!

 

 

はあ!?

二人目の立ちんぼ
勝手に付いてきたくせに
金まで払わないとなのかよ!!

 

  

 

…まあ、確かにマフラーじゃない片割れも
1日8000円の場所代ノルマがあるとすると、

ここで稼がないとマイナスだわなあ。

まあぼく以外に仕事をしてなければ、だけど。

 

しかしここで思い出される。

 

 

 

Tatinb2

新大久保にいた、なかなかカワイイ立ちんぼと、
お年を召した立ちんぼのペア!!

 

そういうことだったのか!!

この人達も場所代が発生しており、
お互い助け合うために
ペア行動をしていたのでしょう!!

 

まあ、あれだよな。完全に片方寄生だよな。

いや、人それぞれ趣味があるから、
もしかしたらwin-winなのか?

 

 

ともあれ、今のぼくの現状は、
この二人目の立ちんぼにも
お金を払わないと行けないのだ。

 

少しだけ考えたのですが、

もしここでお金を払わなかったら、
この立ちんぼ二人は帰ってしまうのではないか?

 

となると、ホテル代だけ無駄に払って、
ぼくは虚空な一泊を過ごしてしまう!

 

ならば仕方がない。

もう一人のためにもう一万円を払おうじゃないか。

 

 

しかし、
ここで簡単に一万円を渡してしまうと、
その瞬間逃げられる可能性がある。

 

 

なんてリスキーな状態なんだ!!

 

 

なのでぼくもぼくで自衛のために、

 

 

べに
じゃあ終わったら渡すわ。

 

 

と精一杯の反論をしました。

 

そしたらアンタ、

 

 

マフラー
ダメ!チョウダイ!!

 

 

 

タダとは何だったのか。

 

 

 

 

ぼくはもう一万円を財布から取り出した。

 

 

それを受け取ろうとするマフラー。

 

 

 

 

それを避けるぼく!!

 

 

 

マフラー
ちょーだい!

 

 

ぼく
ざけんな!逃げるだろ!!

 

 

 

 

ラブホテルの一室で、
クソみたいな言い争いが展開されました。

 

 

 

 

 

 

 

マフラー
私達ウソつかない!!逃げないよ!!

 

 

 

 

 

 

タダじゃねー時点で
 
ウソついてんだよゴミが!!

 

 

 

こんな無駄な押し問答が、
多分40秒くらい続いた。

 

 

 

 

 

 

~~~~~~~~

 

 

 

 

マフラー
私達、おっぱい大きいよ!!

 

 

 

無駄な押し問答にいち早く我に返ったのか、

マフラーがいきなり
とんでもない話題をぶち込んできた。

 

そしておもむろに二人共、
服を脱ぎだしたのだ。

 

 

ここで初めて気づいたのですが、
おっぱいを出すために服を脱いだとき、

マフラー立ちんぼも
マフラーを外して初めて素顔を見たのですが、

 

もう、全然、全然若くない。
いや別に若くなくても見た目が良ければ
問題ないのですが、見た目すらアカン。

 

 

年齢は齢50近いのか?
そしてマフラーで髪の毛が何か少ない。
禿げてはいないけど、
おそらく加齢による抜け毛でしょう。

 

ぼくは何故このマフラーと
バンバンしたいなどと思うてしもうたのか。

 

あれかな、集大成という煽りと、
時間的にと言う焦りと、
東京立ちんぼと言う魅惑的なワードが
ぼくの心を狂わせたのかもしれない。

これなら、革ジャンの方が全然マシだった。

 

まあ、おっぱいだけは合格点です。
御代田の「ブハハハ!」と笑う
ナナちゃんを思い出しました。
あいつ還暦だしな。

 

 

さて、ここで初めて触れる勝手に着いてきた
同居人の立ちんぼですが、

 

なかなかの美人系。
歳もぼくと同じくらいでしょうかね?

 

 

マフラー
この人、女優ね!

 

 

何女優なのかわかりませんが、
まあ数年前の話なのでしょう。

確かに綺麗な顔立ちですが、
体型はもうぽっちゃりです。

まあおっぱい大きいので全然OK。
陥没乳首でしたけど。

 

 

何なら、
マフラー抜きでこの元女優と
バンバンしたい勢いだわ!!

 

と言っても、この二人はペアだから、

 
 

最初から元女優を選んでも、
マフラーがオプションで着いてきたでしょう。

見事な抱き合わせ商法。

 

あ、元女優はちょっと口が臭かった。
それはNGですねぇ。

 

 

そんなわけで、
おっぱいの大きさを確認したぼくは、

 

マフラー
じゃあココニ置いて!

 

と、マフラーの提案を飲み、
 

一万円をテーブルの上に置いて、
戦闘開始となるのでした。

 

 

 

~~~~~~~

 

 

 

今回長いですね。
でも集大成ですし、実態報告です。

よろしくお願いします。

 

 

 

マフラー
じゃあシャワーいこう!

 

商談もまとまったのでいよいよ開戦です!

 

 

しかしぼくには隠しミッションがあります。
この文字ばっかりの今回のエントリーに、
少しでも華を飾るため、

ぼくはこの二人の立ちんぼを
撮影する義務がある。

 

そうですね、いつぞやの回に、
裏モノJAPANの話をしましたが、

ぼくのスマホは何故か
カメラの音が鳴りませんからね。

 

 

マフラー達が全裸になるときに、

 

べに
ちょっと友達に連絡するわー。

 

と、スマホを持ち、カメラを起動しました。
そしてそのまま動画撮影。

もちろん、何故か無音です。

 

 

で、こちらが撮影されたもの

 

 

 

Hstta10_4

 

手前がマフラー、奥が元女優。 

ちょっとモザイク粗すぎましたねごめんなさい。

 

 

 

Hstta10_5

こちらは元女優。

こうしてみるとそんなぽっちゃりじゃないか。
なかなかのエロス。

 

 

こうやって素材集めをしていると、
マフラーがぼくの行動を不審に思ったんですかね、

 

 

 

マフラー
録音ダメよ!!!

Hstta10_3

と言って近づいてきました。

 

これはヒドイですね。
モザイクもっと粗くすべきでしたごめんなさい。

 

元女優が近づいてきてくれれば、
ご褒美だったんですがねえ。

 

しかも録音どころが録画だったのですが、
まあ日本語難しいですからね、
同義として言ったのでしょう。

 

 

 

~~~~~~~

 

 

 

マフラー
いっぱいサービススルよ!

 

お風呂場にぼくら3人。

体を軽く洗ってもらって、速攻で出ました。

 

 

とりあえず持ち逃げの心配はなかったので、
ぼくとしても一安心。

 

 

 

ベッドに横たわると、

 

 

マフラー
私チ○コ舐める!

 

元女優
私チ○ビ舐める!

 

 

何かいきなり役割分担を発言したのが
妙にツボにハマってしまい、
ぼくはしばらく笑いをこらえていた。
いいよ、黙ってやれよ!!

 

 

さて、折角おっぱいが大きいので、
ジョンをおっぱいで
挟んでもらいたかったのですが、

 

それを言うとノーローションで挟もうとするんです。

いやいやいや、お前何年立ちんぼやってるんだ、
ローションないと感触しか味わえないだろ?

 

言っときますけど、ノーローションでの
おっぱい挟みは滑りが良くないので、
あんまり気持ちよくないです。

円滑に動けてこそ、
その全てを味わうことが出来るのです。

 

しかもいつの間にか
手ですることになっていて、

こいつらの仕事の雑さが伺えます。

 

 

 

しばらくして、マフラーが言い出しました。

 

 

マフラー
本番する!?

 

 

こんなこと言うのもあれなんですが、
それって当たり前というか普通というか、

それを含めての立ちんぼなんじゃないんスか?

 

 

そんなことを考えていたら、

 

 

 

元女優
1万出して!安いから!

 

 

ホントマジこいつらはどこまで
ぼくから金を毟り取ろうとしてやがるのか。

 

 

マフラー
あなたカッコイイから一万でいいよ!

元女優
もっとサービスするよ!

 

ここらで一気に畳み掛けてきます。

 

マフラー
アナタ、オマ○コに挿れないと、
 セックスした気にナラナイヨ!!

 

言ってることは全くの正論で、
これに反撃する言葉はないのですが、

 

もしここでぼくが1万を出したとすると、

 

 

マフラー
ゴムなしならもう一万!!

 

 

とか言ってくるに違いない。
どこかで体験したような玉ねぎ商法だわ。

 

 

なので、そこは断固拒否しました。

確かに本番できればそれが最高なのですが、
立ちんぼの実態に肉薄すればこその、
集大成でもありますので、
ぼくは心を鬼にしてそこは拒否しました。

 

 

 

マフラー
触って!コンナ濡れてる!本番シヨ!

 

うるせぇ、どうせローションだろうが!

 

 

ぼくは本番を断固拒否しましたので、
マフラーの口の中でスプラッシュでした。

 

 

 

とある話を聞いたのですが、
口の中に出すと、
精液の臭いが口いっぱいに広がるそうですね。

女性によってはかなりきつかったりするそうです。

もちろん男性側は口の中に出した方が
とても気持ちが良いのですが、
その話を聞いて以降、
口の中に出すのはちょっと申し訳ないと思うぼくでした。

まあ、今回のマフラーとかには全然何とも思わないけど。 

 

 

~~~~~~~~~

 

 

 

さて、ジョンもお仕事が終わりました。

 

ずっとチクビを舐めていた元女優は、
何故かベッドを拭いてました。

 

べに
何してんの?

 

元女優
濡れた!アナタが本番シナイカラ!

 

だったらタダでやらせてくれればよかったのに、
と思うのですが、何か申し訳なかったので、
ぼくも一緒に拭いてあげました。

 

そのあと元女優はシャワーを浴びに行きましたが、

 

ぼくは大事なことを思い出し、

 

 

べに
全然サービスしてもらっていない!

 

 

と言い放ち、

マフラーのおっぱいを
しばきたい放題することにしました。

 

 

 

言うても、

 

 

マフラー
優しく舐めるだけ!噛むのダメ!

 

と言われて、優しく扱う羽目になりました。

たまに甘噛すると、弱いのか
体が少しピクンとした後、

 

マフラー
ダメヨ!優しく!

 

と言うのでした。

うるさい!ぼくは2万払ったのだ、
それ相応のことはええじゃないか!!

 

 

マフラー
カワイイ!子供ミタイ!

とか言われ、

マフラー
ママって言って!

 

みたいな謎の母子プレイシチュエーションと
なってしまったのですが、

こう、賢者タイムなわけで、
冷静にそんなこと言うわけもなく、

 

元女優がシャワーから上がったので、
ぼくは速攻で元女優のおっぱいに
飛びついたのでした。

シャワー台無し。

 

 

そしてマフラーもシャワーに行き、
二人共服を着始めました。

 

はー、これで立ちんぼともお終いかー、
これで2万だったら、
あのオーパイパイ立ちんぼに
2万払った方が良かったなー。

まあきっと追加料金取られただろうけど。

 

と思いながらその様子を見ていると、

 

マフラー
何で最初の女に着いて行かなかったの?

と聞かれ、その後に、

 

マフラー
マ○コ臭いから?

 

とか言い出して思わず吹き出してしまった。

 

今思えば革ジャンの方が良かったわクソが!!

 

 

~~~~~~~

 

 

こうして、マフラー、元女優は、
ぼくの部屋から出ていきました。

 

一人になって一息付き、

とりあえず今起こった出来事を全てメモに書いた。
メモ帳7ページぐらいになったのには驚いた。

 

 

そもそも、この同じホテルに、
あのサンタコスプレのエロオーパイパイも
宿泊してることを考えると、

何か無性に切なくなってきた。

 

 

 

さて、今回立ちんぼについては、
今後考察しなくてはと思います。

思いだたらそれ専用のエントリーも
作ろうかと考えております。

 

とりあえず、今は全て終わったので、
マンガ喫茶でお茶をしばきたい放題している
ヘイボーと合流する必要があります。

 

ヘイボーに連絡して、
とりあえず町田駅で落ち合うことに。

 

 

ホテルのフロントで衝撃の事実を聞いた後、

 

外に出て、立ちんぼ達まだいるかな?
と思ってマフラーを居た場所を見てみたら、

 

 

 

 

 

 

Hstt10_8

 
誰もいねぇ

 

もぬけの殻とはこのことか。

さっきまでの猛攻は何だったのか、
恐ろしい速度で撤収されてました。

 

それはそれで何か切ない気分になりながら、
ヘイボーと合流しました。

 

べに
打ち上げしよう!
 今起こった事件を全部話したいしね・・・。

 

ヘイボー
積もる話があるんだね・・・。

 

 

こうしてぼくらは、
町田の居酒屋へと消えていきました。

 

 

 

つづく~ 

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2018年1月31日 (水)

ヘイボー集大成東京立ちんぼ巡り@10:町田駅裏立ちんぼスポット1「ラブホテル周辺」

 

新潟なんですよ。

 

 

雪、すごいじゃないっすか。
で、車渋滞することを見越して
早く家出なきゃで、早く寝るんです。

 

この大雪で全然ブログ作ってなかったんです。

 

 

とりあえず、落ち着いてきましたし、
やってるスマホゲームの方も、
イベントもない平和な時間なので、
これを機に一気に完成させてしまいましょう。

 

今回のお話はメインイベントですからね。

 

 

~~~~~~

 

 

東京の崎陽軒BARにて、
酒とシウマイを楽しみながら、
読書(エロ本)を堪能したぼくら。

 

この後は、

町田の立ちんぼスポットに行き、
そこで一泊する予定です。

 

 

Tk

ご覧のとおり、東京から町田までは、
なかなかの距離を誇っております。

ましてや一泊予定なので、
車を停めてあるベースキャンプの
新大久保に一回戻り、
準備してから向かうことにしました。

 

 

べに
はー、疲れた!

 

朝10時起床とはいえ、
そこから7時間もの間、
酒を飲むわものを食うわで、
想像以上に疲労は溜まってるでしょう。

 

新大久保のベースキャンプに着いたぼくらは、
車の中で一休みしました。

 

そしてその瞬間、

 

 

べに
寝ようか。

 

ツッコミどころかも知れませんが、
まあ正直体に答えますわ。

もう町田に行く元気がない。

 

とは言え、せっかくの集大成、
ここまでお膳立てが整っているというのに、
メインである町田に行かないなんて、

例えぼくが許しても、

 

ヘイボー
オレは行くよ!集大成なんだから!!

 

この男が許さないでしょう。

 

とは言え、ぼくよりも体を酷使している彼が、
この夜通しからの合計6軒ハシゴに
耐えられなかったらしく、

 

ヘイボー
べにくん、ちょっと休も・・・。」 

 

と、言うのでした。

 

元々ガバガバの予定でしたし、
立ちんぼが活動を開始するであろう、
夜21時くらいに町田に着ければ
良かったので、少し休みました。

 

 

~~~~~~

 

 

ヘイボー
あ!!

 

Hstt10_2

ヘイボー
ジョンの本家だって!!

 

べに
オレの方が本家なのに!!

 

 

と、バカ丸出しではしゃげるくらいに
回復したぼく達でした。

 

 

Hstt10_1

アリスオーパイパイにもうつつを抜かしつつ、
ここから新宿駅まで歩いて、
小田急小田原線?に乗って町田を目指しました。

 

 

 

 

さて、何やかんやで町田に到着。

情報によると、
立ちんぼスポットの場所は、
JR町田駅の西側にある、
ラブホテル街だと言う。

 

小田急線で降りたぼくらは、
JR町田駅まで歩く。

 

Hstt10_3

時間は9時半頃でした。

まず、ぼくらは近くのデパートのトイレに向かった。

なんてったってお酒飲んでたからね、
そりゃトイレ近いわよ!!

 

ヘイボーは相変わらず男部屋でゆっくりしてるので、
ぼくはぼくで近くのフードコートで待ってました。

 

べに
…全然客いねーデパートだな。

 

都会のデパートなのに、
全然客がいないんです。

従業員が慌ただしく右往左往しているだけ。

そんな状況を横目に、
ぼくはただヘイボーを待っていました。

 

 

で、しばらくして、

ヘイボー
ごめんねべにくーん!

毎回律儀に謝るヘイボーですが、
彼のトイレ事情はすっかりお馴染みなので、
ぼくは今更どうとも思ってなかったのですが、

 

べに
よし、じゃあ行こう!

 

と、意気揚々と宣言しましたが、

 

 

 

べに
あれ、閉まってる・・・?

 

 

ぼくらが入ってきた扉が、
シャッター閉まってました。

 

 

べに
まさか!?

 

 

他の入り口もシャッターどころか、
売り場を区切る鉄格子まで
降ろされてました。

 

 

そう、

 

客がいないのは
過疎っているデパートだったからではなく、

 

単純に閉店時間だったから!!

 

そりゃそうだよな、21時半だもんな。

 

 

とりあえずぼくらはデパートから出ようと
右往左往してましたが、
出口が全く見当たらない。

各売り場の店員は、
自分達の売り場の後片付けで精一杯なのか、
ぼくらのことを見て見ぬふりをしてました。

まあ、トイレだけ借りに来たのだから、
ぼくらは害虫と同義なのかもしれない。

 

 

仕方ないので、近くに居た店員に、

 

 

 

べに
すみません、出れないんですが・・・。

 

 

 

いい歳したバカ二人は、
後片付けしてた店員にお願いして
シャッターを開けてもらいました。

 

シャッター開けるのも楽じゃないのね、
なんかマスターキーみたいなの用意してくれて、
フロア長の許可とか得てたもんな。

それもそうだよな、ごめんなさいね!

 

~~~~~~~

 

 

さて、コンビニで何か
滋養強壮に聞きそうなゼリーを買って、
ぼくらは町田駅の裏の、
ラブホテル街に向かって歩きました。

 

Hstt10_4

すぐ近くに川があり、その川向こうが立ちんぼスポット。

 

べに&ヘイボーの集大成、
ついにここにて完結する!!

 

駅裏にすき家があるのですが、
そのすき家の前に一人の女性が立ってました。

 

まだラブホテル街ではないので、
スルーしようとしたら、
ヘイボーが話しかけられていました。

 

ぼくは聞こえなかったのですが、
ヘイボーは一言で済ませていたので、

 

べに
何だったの?

 

と聞くと、

 

ヘイボー
マッサージだって。

 

との返答。

今更マッサージには用事もいい思い出も
ないのでスルー安定でした。

 

さて、川を渡ると、
ラブホテルが犇めく十字路に、
立ちんぼらしき女性が
数名立っているじゃありませんか。

 

 

とある情報筋にて、

「町田は東京最後の立ちんぼスポット」

などと紹介されておりましたが、
全然、新大久保の方が立ちんぼ沢山いましたし、
池袋には「座りんぼ」という、
新しい業態が発生しているとのこと。
(裏モノJAPAN情報)

 

まあ冬だからかも知れませんが、
立ちんぼはそこに居るのです、

今回の集大成をここで締めくくりましょう!

 

 

まずは現状を把握するために、
立ちんぼにはあえて接触せず、
この界隈を歩いてみましょう。

 

当然話しかけてくる人も居ますが、
「今はちょっと…。」的な感じで、
敢えて絡んだりはしません。

 

斥候の結果、
立ちんぼは6~8人くらいいそうでした。

現在お仕事中の人も居たっぽくて、
それを含めて6~8人くらいです。

 

次に、「町田の立ちんぼ」の状況を知るべく、
立ちんぼ一人と会話しましょう。

 

ラブホテル街の端を歩いていると、
奥から立ちんぼの一人が
ぼく達に接近してきました。

 

 

革ジャン立ちんぼ
お兄サン、遊ばない?

 

美人ではないですが、ブスでもない。
順調に加齢を重ねて、革ジャンを纏った
少し小綺麗にした40後半っぽい立ちんぼ女性。
多分フィリピンか台湾。

 

 

べに
泊まる場所探してて・・・。

別にそんなもんどこでもいいのですが、
とりあえず何か情報がほしい。

 

すると、

 

革ジャン立ちんぼ
コージョーヤスイよ!

 

そう言って、革ジャンはぼくの腕を掴み、
無理矢理ぼくたちを連れて行くのでした。

 

べに
コージョー?

 

脳裏に浮かんだのは「工場」の文字で、

そりゃ工場に寝泊まりするなら安いだろ!

と思いながら連れて行かれました。

 

 

連れて行かれたのは、ホテル「KOJO」。
確か湖上だったか古城だったかそんな感じ。

 

いきなりホテルに入り、
スタッフの兄ちゃんに値段のことを聞きました。

 

 

革ジャン
ね?安いデショ!だからお兄さんアソボウ!

いきなり何言ってやがるのか、
確かに今まで、後回しにして手痛い思いを
してきたぼくではありますが、

折角の集大成、
極上立ちんぼがいるかもしれないじゃないですか。

 

なのでファーストコンタクトの革ジャンは、
残念ながらまあ他に居なければ
お願いするかも、と言った立ち位置です。

 

とりあえず革ジャンと一緒にいれば、
他の立ちんぼからも執拗に絡まれることなく、
この界隈をゆっくり歩けますからね。

 

他の立ちんぼもオーパイパイがいないか、
チラチラ見ながら歩きました。

 

 

しかしながら、
思えばぼくとヘイボーも町田で
立ちんぼと一泊するつもりでいました。

立ちんぼに関する情報は、
そのときにマンツーマンで仕入れればいいので、
とりあえず現状については満足です。

一旦ヘイボーと作戦会議をするために、

 

 

べに
また後でくるよ!

 

と、日本人の信用してはイケない言葉一位を
惜しげもなく使い、

 

革ジャン
待ってるヨ!

 

と、革ジャンを無事遠ざけたのでした。

 

 

 

~~~~~

 

 

ヘイボー
べにくん、どうするの?

 

 

一先ず立ちんぼスポットを抜けたぼくらは、
歩きながら今後の作戦を練る。

 

マジ1日何回トイレ行ってるのかわかりませんが、
とりあえず近くのゲーセンでトイレを借りて、
これからのことを話しました。

 

ぼくとしては、
立ちんぼとバンバンするつもりで
この町田に臨んでいるので、
本当のラストチャンスであるここで、
ビシっと決めたかったです。

 

ヘイボーはヘイボーでここの立ちんぼの
ラインナップに納得行ってなさそうでした。

 

ヘイボー
なーーんかね・・・。

 

もちろん、今回彼も立ちんぼとバンバン
するつもりで町田に訪れているわけですが、

それでいて集大成のファイナルですし、
一発決めたい、文字通り一発決めたい
気持ちは感じられました。

 

どことなく煮え切らないヘイボーの気持ちを、
ぼくが代弁してあげた。

 

 

べに
純粋な立ちんぼじゃなさそうなんでしょ?

 

これは前回、パンティ旅行で東京に来たときに、
ぼく自身も切に感じたことなのですが、

立ちんぼってのは、

日本に観光に来たオーパイパイ外国人が、
お小遣いに困ったので、
とりあえず体売ってお金GET♡

みたいな感じだと思うてました。

 

それが何か時の流れを超越した存在しか
見受けられないわけですからね。

 

ぼくの前回の情報も
ヘイボーに吹き込んでおりますので、

彼もこの立ちんぼ達には元締めが居て、
出稼ぎで来てるっぽいイメージが
出来ているようでした。

 

それも踏まえて、

 

ヘイボー
そうなんだよー!

 

と、大いに賛同してました。

 

 

 

~~~~~~~~

 

 

 

とりあえず、また周囲を歩いてみました。

すると、何か物陰で会話が聞こえる。
ふと見ると、男性と女性が話していた。

女性は小綺麗な感じ、
男性はおっさんの一歩手前みたいな感じ。

 

まあぼくは普通にカップルだと思って
通り過ぎていたのですが、

 

ヘイボー
べにくん、あの人も立ちんぼだ!

 

と、まさかの事実をぶち込んでくるのでした。

 

よくよく聞いてみると、
すれ違いざまに、

 

女性
2万でどう!?

 

等と言うていたのだそうだ。

 

べに
マジなの!?じゃあやることは1つだね!

 

 

ぼくとヘイボーは方向転換した。

よく見ると、
その男女はホテル方面へと歩いて行くではないか。

 

 

 

 

 

 

これは尾行するしかない!!

 

 

 

 

こうしてバカ二人は、
カップルかもしれない男女を、
ホテルに入るかどうかまで見届けることにした。

こいつらどんだけヒマなんだよ。

 

 

まあ、これはネタではないので、
一気にオチを書きますけど、

本当に普通のカップルだったらしくて、
ホテル街とは全然違う方へ歩いていった。

無駄な時間とはこのことを言うと思う。

 

 

~~~~~~~~

 

 

 

ヘイボー
オレパチンコ久しぶりだ。

 

べに
オレも。

 

 

ぼくら二人はパチンコ屋にいた。
で、1円パチンコを打っていた。

 

何故こんなことになったかと言うと、

 

 

カップルを追いかけて無駄な時間を過ごした後、
再びホテル街に差し掛かったら、

 

 

革ジャン
あ!

 

べに&ヘイボー

 

 

ぼくらは再会した。

革ジャンは何かファミチキ食ってて、
そのままぼくらに近づいた。

 

 

革ジャン
お兄さん遊ぼうヨ!

 

何でファミチキ食ってんだよ!
とツッコんだ記憶があるのですが、
ぼくには、とある目論見があったのだ。

 

革ジャンと初めて会って、
革ジャンにKOJOへ連れて行かれたとき、

交差点の門で、
マフラーをしていた立ちんぼを見かけた。

マフラーを巻いてたからかわからないけど、
ぼくはその立ちんぼを可愛らしいと思ってしまった。

 

そう、ぼくはそのマフラーの立ちんぼと、
バンバンしようかなと思っていたのだ。

 

ごめんな革ジャン、
お前には用はないんだ。

 

 

 

べに
マフラーの子いなかった?

 

革ジャン
ワカラナイ。いないなら仕事中。

 

こいつがそれを言うことによって、
一気に組織的な立ちんぼだというのが
露見してしまうわけですが、

まあ立ちんぼは立ちんぼだしね。

 

仕事中なのか、革ジャンみたいに
ファミチキ買ってるのかはわかりませんが、

マフラーと交渉するまで、
ちょっと時間を潰そうか、という話になった。

 

で、すぐそこにあったパチンコで時間を潰したのだ。

 

言うても、ぼくとヘイボーも
1000円ずつしかやってないし、

その1000円も一回も当たることなく、
パチンコ屋の収益と成り果てたのでした。

 

 

 

1000円も使って10分くらいしか居なかったのですが、

時間も時間なわけで、
もうマフラーとか関係ない。

立ちんぼってる女性に声をかけられたら、
ぼくはその立ちんぼとバンバンする!!

 

ぼくは決めた。

 

集大成なのだ。

 

やらなくてはいけないのだ。

 

 

 

こうしてぼくらは、再びホテル街へと歩きました。

 

 

 

~~~~~~~~~

 

 

次回はエロ画像あるんやで。

 

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2018年1月23日 (火)

ヘイボー集大成東京立ちんぼ巡り@9:東京駅「崎陽軒シウマイBAR」居酒屋ハシゴストーリー6軒目

 

 

前日、と言うか当日の午前4時まで飲んだ
「新宿餃子駆け込み寺」を一軒目にした、

居酒屋ハシゴストーリーも最終回。

 

次回はいよいよメインディッシュの、
町田の立ちんぼの回ですので、
ハシゴもここでおしまいですね。

 

なお、それを皮切りに、

@10:町田立ちんぼ
@11:チーズダッカルビ
@12:池袋周辺
@13:帰路と瀬戸内寂聴

で、今回の旅行記も終了ですね。
何だよ、瀬戸内寂聴って。

 

にしても不思議と
ぼくらの意識はハッキリしている。

おそらく一軒あたりの飲酒量が
少ないからだろう。

 

なので特に体調不良等もなく、
次の目的地へ進むことができた。

 

 

 

前回の東京旅行で、
初めて食べたいと思っていた念願の
崎陽軒 シウマイ弁当

 

食の軍師の影響もあって、
その感動もかなりのものだったのですが、

崎陽軒が好きすぎて色々と調べていたら、
何と東京駅に「シウマイBAR」なるお店が
出来たのだそうな。

あ、シウマイバル、って読むんですって。

 

調べてみると、
崎陽軒のシウマイで一杯酒を引っ掛けられる、
とても優雅な空間、かと思いきや、

 

あの、筍煮が単体で出て来る
とんでもないお店だった!!

 

そう、

筍煮をツマミに
酒を飲むことが出来る!!
これはもう行くしかねぇな!?

 

今回は心強い相方のヘイボーも一緒ですので、
ぼくも大手を振ってこの店に挑むことが出来る。

 

そんなわけで、赤羽から東京駅まで
電車に揺られました。

 

 

電車の中で、

 

ヘイボー
あ、ブラチラ!

とか言いやがるんです。

 
そりゃぼくもヘイボーも健全な男子ですので、
オーパイパイが谷間やらブラジャー見えそうなら、
マサイ族もびっくりな視力になるのです。

 

そのオーパイパイは、
割りとぼくらの視野の中にいる
オーパイパイなのですが、

収穫がそのブラチラしかないので、

 

 

べに
じゃあオレこれから全部の車両歩いて
 オーパイパイ見つけてくる!!

 

と意気揚々に出発劇を演じたのですが、

 

ヘイボー
べに君そこまでする!?

 

という発言に対し、

 

 

べに
「いや、まさか。
『遠くのパンチラより近くのブラチラ』だよ。」

 

と、名言を返答としたのでした。
マジバカだよなこいつら。

 

 

 

~~~~~~~~

 

 

べに
どこにあるんだろう?

 

もうね、流石大都会東京の駅地下っすよ。
駅自体がデパートであり、
かなりのお店が出店されている中、

その中を往来する人々のまた多いこと。

 

人混みに圧倒されて、
なかなか目当ての店を
見つけることが出来ません。

 

ぼくん家近くの、
こないだ信越線が止まったという
帯織駅とか見てみなさいよ!

田んぼに囲まれた風情ある駅だから!

 

 

「シウマイBAR」は、
東京駅一番街にあるのだという。

 

 

やっと、

 

 

 

 

Hstt9_6

東京駅一番街を見つけることが出来た。

 

 

で、このエリアのどこかに
崎陽軒のシウマイBARがあるのですが、

 

 

べに
あ、これ?

 

 

Hstt9_2

と、割りと早目に見つけることが出来ました。

 

早速中に入ると、割りと狭かったのですが、
混雑を覚悟してた割には席はまばらに空いてました。

 

メニューを見ると、

 

 

べに
うおおあああ!筍煮あるうう!!!

 

いや、そりゃあるだろ、と今の自分なら
冷静にツッコミを入れられます。

これが単体で食べられるから
ぼくはこの店に来たのであって。

 

喜び勇んだぼくは、早速筍煮を注文。
ぼくに催促されるようにヘイボーも筍煮を注文。

 

 

 

で、

 

 

 

 

 

 

Hstt9_3


うおおおおおおおああ!!

これこれええええええ!!!!

 

お酒と筍煮いいいいいいい!!!

 

 

早速いただきますけど、もうこれ。至福。

ずっと食べてられる。

途中で飽きるけど。

 

 

しかしながら、

 

ヘイボー
うん、オレの好きな味だ!

 

と、納得の味です。

思えば、本当に
ここに来るまでに年月掛けたね。

 

「筍煮をツマミに酒を飲む」

 

ぼくの願いが成就された瞬間でした。

 

 

~~~~~~~~

 

 

もちろん崎陽軒ですし、
シウマイBARという名前もついてますので、

 

 

Hstt9_4

シウマイも頼みます。

何かカニシューマイとかエビシューマイとかです。
なんとなく雰囲気がわかるシューマイ。

 

さて、ここで、

 

ヘイボー
べに君、オレはここで大人の男になるよ!

 

 

と、取り出したのは、

 

 

 

Hstt9_5

崎陽軒シウマイBARで、

裏モノJAPANを読むバカ二人!!

 

多分、都の迷惑防止条例に違反してると思います。

 

しかも写真もヒドイですね、
「禁断のスマホ盗撮」とか書いてあって、
まるでぼくがその記事を参考にしてるかの
ごとしと思われてしまいそう。

 

Androidの皆さんは、
是非「Googleアンケートモニター」をDLし、
報酬を稼いでください。

150円くらいでいいと思います。

そしたらね、それくらいで売ってる
消音アプリがありますから。

 

iphoneの皆さんは、
みんなも使っている、
某SNS用のカメラですね。

どうやらそれで音が消せるらしいです。

 

はい、これで心置きなく、
オシャレなカフェで
料理の写真が撮れますね!

 

良かったですね。
決して悪用しないでくださいね、
犯罪ですからね。

 

 

さて、それはそれとして、ぼくらバカ二人は、

崎陽軒シウマイBARで、
ビールやハイボール片手に、
筍煮やシウマイ、
マグロのネギ和えをツマミ、

裏モノJAPANを読みふける。

 

 

いや、これだけなら単に物静かな客で
終わるのでしょうけど、何がヒドイって、

 

ぼくらは三人がけの壁を向かいにする
席に座っていたのですが、

女性客が一人、シウマイBARで
お酒を嗜みに来ていたようです。

で、ぼくらの席は三人がけで、
一人分空いてるわけですから、

女性はそこに座るわけですよ。

 

 

隣に女性客がいるってのに、
二人揃って裏モノJAPANを読むバカ二人!

 

 

決して、裏モノJAPANを低俗誌として
こんな文章を書いているわけではなく、

言うてもアングラネタ散りばめた
神雑誌なわけで、
そのページの端々には、
女性の裸とかエロマンガとか
載っているわけよ。

 

言うなれば、パッと見、エロ本です。

 

 

 

 

いいですか、どういうことかわかりますか?

 

 

 

 

つまりぼくらは、

 

酒飲みながらエロ本読んでるだけ

 

と言う、マジでこのまま確保されても
文句を言えない状態でした。

 

いいよ、どうせ世間はオレ達に興味ないよ!

 

 

ヘイボー
いやー、為になるなー!

 

裏モノJAPANには、
本当にぼくらが気付かされなかった、
目からウロコの情報もあるのです。

どこぞのクソブログみたいに、
実際に突撃したり実践したりする
レポートもあって、
その内容には信憑性を強く感じさせます。

 

 

しかしながら、端から見れば、
ぼくらはただエロ本を読んでいるだけなので、

 

 

エロ本を読んで何が為になろうか

 

 

 

 

どうしようもない状態でした。

 

そんなわけで、裏モノJAPANも読み終わり、
(読み終わるまで居座り続けた)
時間も17:00前といい頃合いです。

 

もう狂いまくってますが、
本来の予定なら今頃町田に居る頃です。

次の行程へ行こうではありませんか。

 

 

~~~~~~~~~~

 

 

べに
あー、祭りだ!!

 

どこまで「食の軍師」の影響を受けるのか、

崎陽軒のシウマイ弁当にハマってから、
ぼくは駅弁について調べ始めた。

色々検索していく内に、

 

Hstt9_7

東京駅にある、「駅弁屋 祭」を見つけた。

日本全国だっけ?東日本だけだっけ?

とにかくかなりの数の駅弁を取り扱っているという。

 

その中で、新潟県が誇る駅弁が、
「えび千両ちらし」という駅弁。

この祭さんでも、かなりの人気商品なんだそうだ。
確か人気2位じゃないっけ?(調べ直さない)

 

このエビ千両チラシ、
一見、卵焼きしかないように見えますが、
エビそぼろの乗った卵焼きをどかすと、
穴子とか何か4種類くらいの海の幸が
ふんだんに盛られた豪華弁当!

残念ながら、昆布シート?みたいなので
覆われているため、昆布が食べられないぼくは、
このお弁当を食すことが出来ません。

なので興味のある方は是非!

 

でも駅弁って高いよね!
もっとお求めやすい駅弁出してくれ!

 

 

~~~~~~~~~

 

 

さて、この後町田に繰り出す前に、
荷物の準備をするべく、
一旦新大久保まで戻りました。

 

そこはまた次回に書くのですが、

 

 

ぼくがこのシウマイBARに行くかなり前に、

読者のチョコさんが、
あのおっぱい大好きなチョコさんが、
西堀大好きなチョコさんが、

仕事の関係で先にシウマイBARを
堪能してきたとのことでした。

その様子を、ぼくはアンケート形式で
インタビューしましたので、
そちらも掲載したいと思います。

 

~ 崎陽軒しうまいBAR あんけえと ~

 

☆次の項目を5段階で評価してください。(1悪~5良)
 また何か感じたことを書いてください。

・店の雰囲気:2 店員の私語が多い
・店の広さ:1 超狭い
・客層:4 ランチタイムの為かオーパイパイが多い
・メニュー:3 シウマイ目当てで行くのなら問題なし
・味:5 シュウマイとしては最高レベル
・値段:2 決して安くはありません
・アクセス:4 電車で行く場合は改札を出る必要があります

 

☆次の項目の感想を聞かせてください。

・食べたもの
シウマイ食べ比べセット
おすすめは海老シウマイ。ちなみに季節のシウマイはきのこシウマイでした。

・べにさんおすすめ筍煮
マジで美味い。つまみとして出してくれる店を松本で募集中(笑

 

☆お店のオーパイパイレベルを教えてください。

・店員:特筆すべきものは無し…だったかと
・客:僕ら以外はほぼオーパイパイ(笑

 

☆総合的な感想。

とにかく店が狭く、のんびり飲める雰囲気ではないので、
飲み屋としてのおすすめはしません。

ランチで崎陽軒を楽しみたい人ならベスト!

正直に申し上げて、わざわざ目的にして行く場所ではないと思います。

 

~~~~~

 

とのことでした。

ぼくらが行ったときは店員も客も
野郎しかいなかったぞチクショウ!!!

隣りに座った女性もおばさんでした。

 

ではまた次回!

 

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2018年1月21日 (日)

ヘイボー集大成東京立ちんぼ巡り@8:赤羽「丸健水産」居酒屋ハシゴストーリー5軒目

 

タイトルが「立ちんぼ巡り」とあるけど、
全然巡ってない旅行記始まるよぉぉぉ!!!

 

 

前回、青年のご厚意で一杯引っ掛けた
和み家さんを後にしたぼくら。

 

 

大体回ったけど、
さっき見かけたおでん屋さんが気になる。

 

先程裏モノJAPANを見つけた商店の近くに、
そのおでん屋さんがあったのだ。

 

ハシゴストーリー一軒目の、
餃子駆け込み寺でのおでん。

そして三軒目の立ち飲みいこいでのおでん。

 

 

 

 

二度あるおでんは三度ある、

 

 

気になるおでん屋、それは、

 

 

 

Hstt7_2

丸健水産!!

 

どうもぼくは味の染みた大根が大好きらしくて、
おでんやとくれば、もうその大根が気になって
仕方がないのでした。

 

 

お店はさっきと違い行列が出来てましたが、
どうやら写真を見てもわかるように、
立ち食い立ち飲みスタイルみたいですね。

であれば回転率も高いというか早いでしょうから、
並んでもそんなに待たなくてもいいでしょう。

 

ぼくらは早速並びました。

 

 

 

Hstt8_1

並んでるすぐ横にありました。

まず飛び込んでくる「だし割り」の文字。
飲んだことないですけどとっても美味しそう!

ぼくらは結構飲んだので、
ここへ来て日本酒ワンカップはキツイと判断し、
1つを二人で飲むことにしました。

 

で、おでん種も一覧にありますね。
定番から、なんぞそれ!?と言ったところまで。

シューマイ、スタミナ揚げみたいに、
馴染みはないけど想像できるものから、

魚すじ、巣ごもりと言った、
ちょっと存じ上げないものまで。

 

ちなみに、はんぺんが何かの賞を受賞したとか
とのことでしたが、売り切れでした。

 

 

~~~~~~~

 

 

お腹も一杯、お酒もいっぱい飲んだ。

そんなぼくらは、

 

Hstt8_2

結局大根ともう一品ずつしか頼みませんでした。

 

最初、大根を頼んだ時に、
店員さんが何か小さい大根を入れようとしてましたが、

ぼくは欲張って、

べに
そっちの大きい大根ください!!

と言いました。
これ、ちゃんと言っとかないと損よ!?

そしてぼくはシューマイを頼みました。

ヘイボーは大根と卵でした。
卵と言えば、食の軍師で言う
「おでんの試金石!!」

 

そんなわけで1つのワンカップで美味しく乾杯。

 

べに
大根硬え!!

 

ヘイボー
え、オレの大根箸で切れるけど?

 

そうなんです、欲張って大きいのを選びましたが、
まだちゃんと煮えて味が染みてない、
要するにぼくのは「食べごろではない大根」でした。

自らの手で損の道を歩んでしまった。

でも同じ値段であんな破片みたいな
大根はイヤだったんだもん。

 

それはそれとして、

 

べに
あ、シューマイうめえよ!!

 

べに
卵は?

 

 

 

ヘイボー
普通・・・。

もちろんおでんとしては美味しいけど、
まあ卵だな、って感じでした。

 

 

~~~~~~~

 

 

このお店は立食スペースが、

 

Hstt8_4

ご自宅用の買い物スペースの前に
置かれているのですが、

看板とかで道を開けてくださいとか
書いてあった気がするので、

結構スペースが限られております。

知らないご夫婦と
相席スタートでぼくらは食べてました。

 

 

とは言え、所詮大根と一品しか頼まなかったぼくら、
一瞬で食べ尽くすし、ワンカップのなくなりかけた。

 

ワンカップがなくなりかけた、という事は、

 

Hstt8_1_2

だし割り!!!

 

早速やってきました。

 

 

Hstt8_3

 

おおお!?

 

意外と波々注がれて驚いたのですが、
日本酒をおでんの出汁で割り、
かなりの七味をふりかけたもの。

 

ヘイボー
じゃあべに君、飲んでみてよ!!

 

一見、熱い内に先に飲んでよ、と、
優しい言葉に見えますが、

この男は怪しいものは、
先に人に勧めて様子を見るという手口を
頻繁に使いますので、

おそらくファーストコンタクトを
ちょっとためらったのだと思います。
こいついつもそうだ!

 

 

でも言っては悪いですが、
ぼくはこう言うB級感の塊が大好きですので、

 

べに
じゃあいただきまーす♪

 

大手を振っていただくのでした。

 

 

 

べに
うめえ、うめえええ!!!!

 

 

これは美味しい!
ごくごく行けるう!!

 

 

日本酒だから一気に行くとむせそうですが、
出汁の旨味が緩和させて、
さらに七味がその旨味を引き立たせるから、
もう、どこかに書いてあったけど、

このだし割りで酒がまた飲めるわ。

 

相席してた夫婦のご婦人の方も、

ご婦人
すごい美味しい!!

と言うておりました。

 

そしてかく言うヘイボーも、

 

ヘイボー
おお、いいねえ!!

と感動しておりました。

 

 

実はこの瞬間から、
「だし割り」をまた楽しみたくて、 

地元のおでん屋でだし割り出来ないかを
ずっと模索しているべにさんでした。

 

 

~~~~~~~~~

 

 

さて、赤羽での出来事は以上です。

今調べると、もっとステキな飲み屋さんが
有るのかもしれませんが、

そもそも予定を押していたし、

このあとはぼくの夢である
お店に行かないとなので、

そろそろ赤羽に別れを伝えねばなりません。

 

 

駅に向かう途中、

 

Hstt8_5

まるます家の前を通りましたが、

まだ人が並んでおりましたので、
また今度の機会ですね。

 

色々調べたんですけど、

ぼくの家から、
変に石川県や福島県のいわき市とか行くより、
東京へ行った方が安いし近い、
ということがわかったので、
これからもどんどん東京進出したいと思います。

 

会社のオーパイパイと交通費折半で
東京行きの話が決まりつつあるので、

赤羽飲んだくれ紀行ができそうです。

 

 

さて、もうすっかりお馴染みとなった、

 

Hsttaa


こちらのトイレで最後にお世話になり、

ぼくらは赤羽から電車に乗りました。

 

 

次の目的地は、東京駅です!!

 

| | コメント (2) | トラックバック (0)

«ヘイボー集大成東京立ちんぼ巡り@7:赤羽「和み家」居酒屋ハシゴストーリー4軒目