2017年8月11日 (金)

試食の王国 新潟「ぽんしゅ館」

 

ここ最近、皆さんからのコメントに励まされ、
それに応えるべく、

何かしらの更新を考えましたが、

 

 

書くことがありませんでした。

 

 

2回目の読者プレゼントや、
9月に行こうと思っている千葉県ですら、
あんまり考えてなかったでした。
どうするんだもう一ヶ月もないぞ。

 

とはいえ、
やっぱりこう更新に穴が開くとアレなので、
 

スマホの写真フォルダを見返していたら、
良さそうなものがありましたので
今回はそのお話をしようと思います。

 

こうやってひねり出したネタは
あんまり面白いものにはならないのですが、
考えてみれば普段もそんな、
ネタ旅行記じゃない限りは
面白いものでもないからまあいっかあ!

 

 

~~~~~

 

 

過去何度かの更新において、
ぼく自身も何回か書いたことがあるのですが、

ぼくは試食が大好きです。
無料の。ただの。

 

まあここで「何で?」と問われても
特に明確な理由はないのですが、

多分きっと

「ノーリスクで異文化に触れられる」

と言う意味合いが強いんじゃないでしょうか?

 

そう、新しい出会い、異文化との交流は、
いつだって危険と隣り合わせだ。

 

先輩と地元で飲んだ時に、
勢いで行ったインドネシアパブ。

西堀で飲んでいるかのような楽しさ、

インドネシア人という、
タイやフィリピン人と言った
よくある外国人スナックの顔ぶれとは
また違う新鮮な人種、

エキゾチックな雰囲気、

それらも相まってとても楽しい場所でした。

 

ぼくについた女の子は若くて可愛く、
パンティも性格も可愛らしい
それはステキな女性でした。

 

一方先輩についた女性は、
多分もう人種とかじゃなくて、種族。
種族が違う。ドワーフとかそっちの方。

年齢から言ってもおそらく、
どう贔屓目に、どう甘めに採点しても、
このお店では最高齢だ。

 

ぼくと先輩はその佇まいから、
畏怖の念を込めて

 

「長老」

 

と呼んでいた。

 

先輩はすっかり長老に懐かれてしまったらしく、

LINEで

長老
次はイツ来ルノ!

とメッセージが来まくったそうだ。
なんでLINEなんか交換したんだ。

 

ちなみに、そのインドネシアパブには
ぼく一人で行ったこともあるんですが、

不運なことに空いている女性が
長老しかいない日でした。

 

もちろんぼくは、
そんなレベル1なのに魔王と戦う勇気なんて
毛頭ありませんから颯爽と逃げようとしたんですが、

長老のパワーハンドがいつの間にか
ぼくをロックしてて離さないんですよね。

 

おかしいな、
「とんずら」は100%逃走成功するんじゃないの?
バグかよ。システムエラーだ!

 

まあ死ぬわけじゃないし、と思って
長老と飲んだんですが、

 

長老、とんでもない加齢臭がするんですよ。

 

「さすが長老!」なんて言ってる場合じゃない、
何でお前こんな店で働いてんだ。

死ぬわけじゃないし、と思ってましたが
見事に死にましたね。

先輩、長老にロックオンとか、
一生逃げられませんわー。

 

と、こんな話が出来るくらい、

新しい出会い、異文化交流とは
リスキーなものなのです。

 

ちなみに90分5000円、
女性のアルコールはおそらく1杯無料。

 

長老と90分間で5000円吹っ飛ばすとか、
最悪なコストパフォーマンスこの上ないです。

 

~~~~~

 

 

しかしながらですね、
先程のお話を踏襲した上で言います。

 

試食という文化は美しい。

 

無料で、ノーリスクで、
新しい味に触れることが出来るのです。

 

例えば、

唐辛子のカラメルバターマヨパン

ってのがあるとしましょう。
しかも1200円です。

 

もしかしたら意外と美味しいかも知れませんけど、
98%くらいの確率でマズイじゃないですか。
それで1200円も吹っ飛ばせないですよね。

意外と隠し味のガーリックとバターの風味が、
カラメルの甘さを引き立たせ、
後から唐辛子のカプサイシンがピリリと
効くけどマヨがマイルドに仕上げるみたいな
不思議な味かもしれないじゃないですか。

 

でも100%クソまずく、
唐辛子の辛味とカラメルの甘さが喧嘩して、
バターとマヨはただ油っぽいだけの
パンでしょうけど、

もしかしたら?があるじゃないですか。

でもその僅かな好奇心を満たすためだけに、
1200円という貴重な資産を削りたくない。

 

そこで!!

 

試食というシステムが輝くのです!

ノーリスクでその未知の味を、
新しい出会いを、異文化交流を
することが出来るのです!素晴らしい!!

 

そもそも生産者が多くの消費者の
購買意欲を沸かせるための
施策の1つが試食なだけでしょうけど、

 

ぼく自身は試食というシステムに、
そこまでの概念があると考えております。

 

でもここまで文章打っておいて、
よく考えたら
「タダで色々食べられるのがとても嬉しいから」
という結論に行き着きました。
ゴメンな、今まで。(無反省)

 

 

前述の唐辛子のカラメルバターマヨパン
即席でふと考えただけのメニューなので
実在はしないと思いますが、
字面だけでも不味そうって思いました?
ぼくもきっと不味いのだろうと思いますが、

 

それよっかよっぽど「抹茶ミルク」の方が
頭おかしい組み合わせだと思います。

茶と牛乳混ぜんなよ。

 

いや今でこそなんかもう
デファクトスタンダードな感じになってますけど
ぼくは今でも毛嫌いしております。

正直合わない。美味しくない。
好きな人もいるでしょうけど、
よく考えてください、本当に美味しいですか?
周りが美味しいと言っているから、
芸能人が美味しいと言っているから、
そんな状態じゃないですか?

 

唐辛子のカラメルバターマヨパンだって、
有名なAV女優辺りが作って美味しい言うたら、
グノシー辺りで取り上げられて
デファクトスタンダードになるかもな!
絶対ない。

 

~~~~~

 

さて、ぼくは別に
唐辛子のカラメルバターマヨパンの話や、
長老の加齢臭の話をしたくて
今回のエントリーを更新したわけではなく、

 

タイトルにもあります、

試食の王国 新潟「ぽんしゅ館」

についてお話したいと思います。

そう、今日は試食のお話なのです。

 

新潟県の新潟駅、そして越後湯沢駅に、
「ぽんしゅ館」というお店があります。

読んで字のごとく日本酒メインなお店です。
 

ここでの売りが、500円払って、
100種類近くある銘柄の中から5種類、
好きなのを飲み比べできるもの。

 

やつらは試飲と言ってますが、
お金払ってるので試飲とは言わない。
(ぼくの中で)

 

昔、ヘイボーと4000円くらい使って
飲みまくったことがあります。

そのエントリーも書いた気がしますが、
その話はメインではないので引用もしません。
(探すのめんどぃ)

 

さて、このぽんしゅ館ですが、
日本酒を飲み比べできるのも素晴らしいですが、

ぼくが背筋を伸ばしナナメを向きながら
拍手して讃えたいのは、
その試食の多さにあります。

 

そんなわけでその写真をバンバン貼っていきます。

ちなみに、今回貼っていくのは
越後湯沢駅のぽんしゅ館です。

新潟駅にもほぼ同様の試食がありますので、
行きやすい方に行きましょう。

 

Sisyoku_1

最初にお見せするのは醤油の試食コーナー。
試食というより試飲と言うのか。

 

新潟県は結構な田舎なので酒ではなく
醤油の醸造家も多いようです。

 

Sisyoku_2

色んな醤油があるんですねえ。
「味じまん」なんて醤油、始めて知ったわ。

舐め比べてみると、やはりものによって味が違います。

が、多分4回目に舐めたのと1回目に舐めたのは
もう同じ味にしか感じなかった。

 

 

Sisyoku_3

流石にこういうのはクセがすごい(ノブ)ので、
舐めてて楽しかったです。(塩分過多)

 

 

Sisyoku_4  

別にはじめから遠慮などしてはおらぬ。

◯梅肉なめ竹 - 意外と美味い
×あま辛きくらげ - きくらげが好きではない
◯葉とうがらし味噌 - 葉唐辛子と味噌が不味いわけない
×うど味炊き - 水っぽかった気がする

 

Sisyoku_6  

?魚沼の台所きりざい - B-1グランプリにて新潟のBグルとして出たきりざいですが、味に記憶がないです。
×酒の寶漬 - 酒粕強かった気が

 

Sisyoku_7

◎サーモン塩辛 - 結構な旨味を感じられた。鮭が美味い。
◯白魚めんたい - 白魚の食感のみ。めんたいらしさはない。

 

さて、ここからはぽんしゅ館名物、
漬物バイキング!! 

Sisyoku_8

ぼくはめかぶとか昆布とかがダメなのですが、
それ以外の漬物は全部食べました。

生姜の佃煮、黒酢らっきょう、小胡瓜系の漬物全て、
セロリの漬物、たくあん系が美味しかった。

特に、小胡瓜系と、生姜の佃煮の接種率がやばかった。
らっきょうは補充してくれればもっと食べたのに。

 

Sisyoku_9

↑この写真の下段真ん中、
香ばし焼き生姜佃煮がかなり美味しかった。

 

さて、多分ですけど、
画像見てるだけで水飲みたくなりますよね。

かなりの塩分を摂取しております。

 

このぽんしゅ館のこの漬物コーナーには、
そば茶も自由に飲めるのですが、
事もあろうに故障中でした。

自販機でお茶のペットボトル買ってきて再戦。

 

 

Sisyoku_10

◯焼鮭ほぐし身 - やはり鮭の身が美味い
×のどぐろ一夜干フレーク - のどぐろだからってありがたがるもんじゃない。のどぐろはもっと美味しい食べ方があります。
△明太舞茸 - 一見美味しそうですが案外微妙。
◯黒ごぼう梅肉和え - 結構美味い。全部食べた。
?花豆のやわらか煮 - 食べてない。

 

Sisyoku_11

◯かつおくるみ - まあ、まあ美味いって感じ
◯唐辛子くるみ - 美味いけど、唐辛子くるみの方が好きだけど、コレじゃない感。

この2つ、かなり不人気なのか
何回見ても量が減ってなかった。

あと、奥のふりかけも試食ですが、食べませんでした。

 

 

どや、まだ試食あるんやで?

 

Sisyoku_12

◯からいすけ赤 - まあ美味い
◯からいすけ緑 - まあ美味い
◎かぐら南蛮のり - 激烈美味しい。かぐら南蛮という獅子唐っぽのと、おそらく川海苔の佃煮混ぜたやつ。川海苔の旨味甘みとかぐら南蛮の辛味、野沢菜の歯応えが素晴らしい。お土産に買った。
◯かぐら南蛮味噌 - 想像どおりの味。
×子持ちきくらげ - 論外
?丸七 - 記憶にない
?雪太鼓 - 記憶にない

 

Sisyoku_15  

◯サラダじまん - 新潟には限定の「サラダホープ」というお菓子があるけど、多分何かそれの派生系

 

Sisyoku_16

◯雪国れんが - ぽんしゅ感唯一の甘い試食。チョコケーキ。美味いけど競争率が激しく試食切れ。過去に食べたことはあります。

 

他、ぽんしゅ館では、
何か餅みたいなのの試食や、
枝豆あられの試食もあり、

マジでここら辺を回るだけで
お腹いっぱいになります。

美味しんぼのケチべえも大満足!

 

 

また、ぽんしゅ館のみならず、

駅構内のお土産屋にも試食があるのです!

 

Sisyoku_13

◯行者にんにく味噌 - 田舎の定番。風味も良くて旨い。
◯しその葉ちびっこ茄子 - しそ風味とか嬉しい。旨い。
×焼きネギなめたけ - 確かなめたけ系は微妙だった気がする。
◯きゃらぶき - 意外と素朴なの好き。
◯たけのこ黒胡椒 - 新感覚。旨い!
?わさび漬 - 食べたか記憶がない。食べたとしたら美味しかったと思う。

 

Sisyoku_14

◎いぶりだいこん - 香ばしくてかなり美味しかった。二周して食べまくった。

 

他、南蛮海老せんべい(どこにでもある)や
枝豆あられの試食も完備しておりました。

 

あ、そうそう、今回試食について、
どれが旨い不味い書きましたけど、
もう数週間前の話なので適当です。

ホントは美味しかったのに
不味いと書いたかも知れません。

まあ、大事なのは自分が食べてどうか、ですよね。
唐辛子のカラメルバターマヨパンみたいに。

 

~~~~~~

 

さて、どうでしたでしょうか?

この多数の試食の数々。
結局この日は夕食食べませんでした。

試食と言えば
「東京のデパ地下」
というイメージがありますが、
デパ地下ってそんなに試食ありましたっけ?

 

東京には数回行ってデパートの地下にも
試食目的で行ったこともあります。
(ポケモンの時だったかに)

でも試食そんななかったと思うんですよね。

 

もし試食祭りのデパートがあったら
教えてください。

 

「食費0!?試食の旅!」
とかするかもしれません!(絶対しない) 

 

 

試食ついでに、同日、
八色スイカ祭りに行ったのですが、

スイカの試食、枝豆の試食、
はちみつの試食もあって大満足でした。

 

道の駅は試食の宝庫ですねぇ。

 

~~~~~~

 

 

さて、ちらっと書きますが、

 

お盆休みは、

福島県の飯山温泉で
ラジウム温泉卵と円盤餃子。

桑折町、またその周辺で桃狩り予定。

 

もし読者プレゼントするなら、
この桃をプレゼントしようかと。
皇室献上品だそうです。 

そして9月は9~11日の三日間、
千葉県で色々考えております。

B級グルメ、湧き水はもちろん、
立ちんぼの最終調査、あと何か色々と。

 

お盆休み終わる頃には計画立てて
宿も手配せなあかんなぁ・・・。 

 

 

そんなわけでパンティいただける女性は
早めにぼくに連絡ください!

 

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2017年7月25日 (火)

旅行の軍師 ~グルメの計・温泉の策・風俗の陣~

 

何だよ、風俗の陣って。

 

 

「食の軍師」という漫画があります。

 

ぼくはLINE漫画で適当に読んでて、
面白そうなのがあれば、
漫画喫茶で一気読みしてくるのですが、

 

今回その白羽の矢が刺さったのが、
この「食の軍師」という漫画でした。

 

まあグルメ漫画なのですが、
主人公のおっさんが、

「食は戦と見立てる」

として、色んなグルメに立ち向かいます。

料理や、シブい店を見つけては突撃し、
何をどんな順番で注文するか、
何をどんな食べ方で攻略するか。

その味や構成に一喜一憂します。

ですが大体、とある青年と鉢合わせになり、
彼の方が常連で一枚上手の注文をして
食の軍師は散っております。

 

 

 

ハッキリ言ってバカバカしいです。

 

 

 

ですが、何となく、何となくでいいですけど、

 

 

 

ぼくと同じ空気を感じませんか?

バカバカしいとことか。

 

さらには、このマンガ、

ちゃんと、マズイ料理にはマズイと表現します。 

 

そこら辺もぼくと同じ空気を感じませんか?

 

 

そんなわけで今日この日、
ぼくはマンガ喫茶で「食の軍師」を
全部読んできました。

 

全5巻なので割りとあっさり
読み切ることが出来ました。

巻によって構成が違うんですかね。
2巻だったかは観光案内になってたわ。

 

 

あ、今なら数話LINE漫画で読めますので、
良かったらDLしてみてはいかがでしょう?
常時開放してる1~3話読むだけで、
面白さがじわじわと来るはずです。

 

~~~~~~

 

さて、本題はここからなんですが、

 

食の軍師を読み終わって、
ぼくはトイレに向かいました。

 

多分ですけど、男子トイレだけだと思うんですが、
壁にエロコンテンツの広告が貼ってあるんですよ。

かく言う、佐倉絆様のお写真もそこで見かけたのが
きっかけなくらい貼ってあるんですよ。

 

で、その広告の中で、
「雑誌も無料で読めちゃいます!!」
というのがあって、
裏モノJAPANって雑誌が目に付きました。

 

存在は知ってたのですが実際に読んだことはなく、
多分非合法のネタとかばっかりなのかなーと
勝手に敬遠していたのですが、

考えてみればこのままブースのパソコンで
これを読むことが出来るではないですか。

 

このマンガ喫茶に何度も出入りしてて、
今更そんなアクションに出た理由。

 

それはその裏モノJAPANの特集記事が、
「全国のエロい店」だったかという、
今のぼくにぴったりな内容の特集だったからだ。

 

~~~

 

順番にお話をしますが、

今、ぼくは1つ考えていることがあります。
それは次の旅行先です。

 

どこかで勘付かれている方もいると思いますが、
ぼくは次回にでも
「風俗ネタありの旅行」
をしたいと思っております。

 

それに伴い、
風俗ネタありの旅行の風俗部分は、
やっぱりこのブログの華であり、
ネタ要素ツッコミ所満載でないといけません。

 

そのためには、

「一風変わったところ」

or

「有名所」

を攻めるしかないと考えます。
まさしく風俗の陣だわ。

 

ここで思い出していただきたいのですが、
過去にヘイボーと茨城県に旅行した時、
ぼくが最後に語った言葉があります。

 

 

風俗を目的として旅行するのであれば、その土地でしか堪能できない風俗を目的とする

べ・にさん(894~914 タイ)

 

 

そう、そんなわけで、次回の旅行先は、
そーゆーのがお盛んな場所を絞り、

どこをどのように攻めるか、

どのような店を開拓するか

 

計画を立てなくてはいけません。

 

ここへ、先程の裏モノJAPANの特集記事が、
ぼくの行動を強めたんですねえ。

 

 

~~~~~

 

 

例えばですが、

 
それこそ茨城に行った時に、
ヘイボーが行きたがっていた某電車の風俗は、

なんと、最初お相手女性が全員吊革に掴まっており、
男性はその女性達に実際痴漢行為をしてから
指名するシステムなんだとか。

ぼくは日常的にセクハラが許される世界が
とてもエロエロしく思いますので、
なかなか面白いところだと思います。

 

また、記憶に新しい、
長野県松本市のサービスサービスの店。

あそこだって実際に女性がエロサービスを
軽くしてくれてからお相手を選べるわけですから、
他にはない好事例の取り組みだと思います。

何ならぼくら、その後一緒にご飯食べたからね。
風俗嬢の女性の部屋で一緒にご飯食べてたからね。

多分これ以上ないシステムだと思うわ。
まあもうオーナーが逃げたんだかで、
違うコンセプトの店になってたけど。

 

 

とにかく、そんなお店がないかと思って、
ぼくは裏モノJAPANのページを開いたのだ。

 

 

 

 

 

 

 

結果だけ書きますと、惨敗でした。

 

 

殆どが宮城県か、東京のお店ばかり。

しかもその掲載されているお店も、
裏オプションものばっかりでした。

 

ぼくの求めているものはそんなんじゃない。

もっと他にない斬新なシステムのお店、
もしくは有名な風俗街で、
「堪能してきました」とドヤ顔で言えるような、
そういうお店がないものか。

 

ぼくの会社の休みの関係で、
一泊三日~二泊四日くらいだから、
行ける範囲も限られてきます。

北は秋田県岩手県、
南は静岡県愛知県くらいか・・・。

やはり千葉県か・・・

ともあれ、そんな風に考えておりますので、
何か面白いネタがあれば教えてください。

 

ちなみに、その裏モノJAPANの特集ネタに、
新潟県では新潟市と長岡市の情報もありました。

新潟市は美人揃いだと言われるソープランド、
長岡市は若すぎるデリヘルのお話でした。

 

個人的に、この旅行記のゴールは、
「新潟県全市旅行記」だと思ってるので、
そこら辺はその時に出来たらと思います。

 

 

~~~~~~

 

Twitterで連続更新した
混浴露天風呂のお話は、

フリカエッター使えば
編集は楽になりそうですので、

また更新に穴が飽きそうな時にやります。

 

 

それよりか、

ツイキャスとYOUTUBEで、
それぞれライブ放送できる環境が

 

ほぼ、整いました。

 

 

あとは音量調節のみ。

 

みなさん参加できる時に、
プライベート放送として、
「ゲームしながら次の旅行先を考える会」
的なのをしようかと思っているような

 

 

思っていないような。

 

 

今回、画像なくて殺風景なので、

 

Ryuugakubo

新潟県が誇るの水の名所、龍ヶ窪を貼っておきます。

バスクリン使ってないんやで、
湖底の水草の色が日に照らされて
そのまま映ってるんやで。

綺麗過ぎる。

 

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2017年7月14日 (金)

陰ながら頑張ってる読者さんにお礼のお話

 

このブログを読んでくださっている皆様に、
ぼくは感謝を申し上げます。

 

 

記憶の捏造が図られてるかもしれませんので、
ブログを初めた馴れ初めとかは
下手に語ると「前と言ってること違くね?」って
なりそうなので止めておきますが、

 

それでも、風俗ネタ、アングラなネタ、旅行記、

そして多分これは違うと思いますけど、
世界経済を深く切り込むネタを求めて
このブログに辿り着き、

縁あって読者になられた方も
いらっしゃると思います。

 

 

更新自体はハイパーまばらで、
旅行終わった一ヶ月後に更新するなど、
読者どころか関係者の方々にも、
「まだかよ。」と思わせること多数。

 

一ヶ月後て。腐るわ。
そりゃネタも忘れるわ。

 

まあでもぼくのライフスタイルのことなので、
ただただ申し訳ないと謝ることしか出来ませんが、

一部の方から毎日覗いてる、
との声をいただいたり、
ブロガー冥利に尽きる思いでした。

 

 

あ、別に今回はブログ終了とか、
重大発表があるとかそんなんじゃなくて、
本当に感謝の回なので普通に読んでてください。

 

 

~~~~~~

 

さて、タイトルにもあるように、

ぼくはこのブログ絡みでお礼を言いたい人が居ます。

 

個人なのか複数なのかもわかりませんが、
お礼を言いたい人がいます。

 

感謝することに優劣なんてないのですが、
構成的に優劣着いてるっぽい
文章になってしまっていること、申し訳ありません。

 

 

まず、読者の方々には本当に感謝しております。

私のブログを読んでいただいて、
本当に有難うございます。

 

もう本当にありがたくて、
ぼく自身はそんな特徴があったり、
中身が面白い人間では全然ないのですが、

そんな中「Web上で人絡みがある」という、
強い事実を認識させていただいております。

SNSが発達している昨今、
特に珍しいことではないのでしょうけど、
一部の方からは「ファンです」と言っていただいて、
ちょっとドヤ顔ってるところもありますが、
読者あってのブログですので、
本当に感謝しております。

 

貴重なヒマな時間に、
少しでも暇潰しになったのでしたら、
ぼくとしても本望でございます。

 

~~~

次に、実際にぼくと会われた方々。
本当に有難うございます。

 

急にぼくの相手だなんて困惑しただろうに、
それでも快く遊んでくださって、
ブログエントリーとしてのネタを提供いただいて、
本当に有難うございます。

中でも女性の読者と会って、
ぼくがおっぱいを揉む確率は120%です。
本当に有難うございます。

この「ありがとう」には、

『おっぱい揉ませてくださってありがとう』
と、
『通報しないでありがとう』

の2つの意味があります。

 

まあ通報されてたら
こんなブログやってるどころじゃないですね。 

 

実際会われなくても、
ぼくに贈り物を送ってくださった方々や、
メッセージを送ってくださった方々も、

本当に有難うございます。

Web上と言うことでも、
こんなつながりは嬉しいと思いました。

 

 

~~~

 

 

さて、最後に。

今エントリーを書こうと思ったきっかけでもある、
ぼくがお礼を言いたい、
「陰ながら頑張ってくださってる」方。

 

 

そう、

 

 

 

広告を毎日クリックしてくださってる方、

本当にありがとうございます。

 

 

 

このブログは、確か3年前でしょうか?
Web広告を貼るようにしました。

理由は旅行代の足しにするためです。

 

当初はGoogle AdSenseをやってましたが、
ぼくが自分の広告をクリックしまくったため、
垢BANという名のアボセンスを喰らいました。

 

Googleは2週間で3000円近く増え、
かなりの収益を誇ってたのですが、
まあ垢BAN喰らったのでそれは電子の藻屑。

 

でもどうしても広告収益を捨てきれなかったので、
i・mobileと言うところの広告を貼り付けました。

 

で、その3年前から今に至るまでの収益が、

Cmp

3年で 1665円。

 

いや、確かに少ないです。
Google AdSenseと比べてもヤバイくらい違います。

なんせGoogleは2週間で3000円ですからね。

 

ただ、ぼくは本当にお礼が言いたい。

 

 

広告をクリックするだけとは言え、
やる気がないとクリック出来ないじゃないですか。

 

 

マウスカーソルを、
タップする指を、

広告まで運ばないと
出来ないじゃないですか。

 

もちろん興味ある広告だったので
クリックされた方もいると思いますが、

もしくは、WebBOTの巡回で、
リンク先全部に飛んでるだけかもしれませんが、
一定期間、連日クリックした形跡があるのは、

ぼくはこの広告事業にご協力いただいている
読者さんがいらっしゃると思うんです。

 

 

1665円。

 

確か、3000円だったか5000円だったかまで
貯まらないと出金できないので、
今の状態では何の影響も起きないですが、

そうやって、ぼくのために、
ぼくにしかわからない陰ながら頑張っている
このブログの読者さん。

ぼくはお礼を申し上げます。

いつもありがとうございます。

 

 

 

~~~~~~

 

なお、一応、悪しき魂を持ってお話しますと、

 

▽ パソコンで見られてる方は、

Cmp2

右上のv('∇'vミ カニーとラッコの画像の間のやつ。

 

▽スマホで見られてる方は、

Cmp3_2

べにのTwitterはこちら のすぐ下。
(ピンク枠のやつ)

のみです。

その下の ◯ i が付いているやつと、
最下部のPRは、ニフティが仕込んだ広告なので、
ぼくの実入りにはなりません。

 

 

~~~~

 

まあ、こんな広告で収益得るより、
何かのネタに特化した動画作って、
YouTubeにアップした方が
遥かに実入りになるかもしれませんし、

 

もっと簡単に旅費の足しになる
方法もあるかもしれません。

 

意外とぱんむたんのスタンプが
バカ売れするかもしれないしな!

作ってないけどな! 

まあでも、
ふと、自分の広告を見て、
ふと、今いくら溜まったかを見た時、

「クリックしてくれた人いるんだなあ。」

と、しみじみ感じたので更新しました。

 

amazonアソシエイトでバッテリー買った人にも
ここでお礼を言わせていただきます。

 

 

 

そんな中、次はどうしようかと思うぼくですが、
やっぱり千葉県が有力候補ですね。

 

…いつ行こうかしら。

| | コメント (7) | トラックバック (0)

2017年7月 8日 (土)

Twitterでつぶやきまくる時間

本日20時くらいからつぶやきまくりますので、

https://twitter.com/mikobeni

こちらから。

横槍はそこそこ反応します。

 

フォロワーの方々はうざかったらごめんなさい。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2017年7月 5日 (水)

西堀オフへの長野旅行記7~西堀3軒目 ファイナルデストロイヤー

 

ええと、西堀のお話ですが、

一応メインのお話はここでおしまいです。

 

 

残るお話は混浴温泉のお話ですけど、

ちょっと前にも書きましたように、
Twitterの連続つぶやき祭りで
書いていきたいと思います。

 

一応開催日時は、

7月8日の20時くらい

に考えております。

 

Twitterやってる人はぼくが呟いている最中、
リツイートやらDMやらで
横槍を入れることができ、
ぼくもその横槍に反応します。

 

詳しい内容はまた次回の
エントリーに書きますので、
よかったらつぶやき祭り時に
ぼくのTwitter見に来てください。

 

 

では本編です。

 

~~~~~~

 

 

べに
午前1時にまた来ますから!

 

 

前々回のエントリーで、
西堀のお店の扉を片っ端から
開ける→閉めるのをやりまくった、

というのをお話しましたが、

その余波はオールドエリアの
とあるお店にも及んだ。

 

また例によって
店側から店名を出すことは
NG食らっているので
明かすことは出来ませんが、

 

Yちゃんの店に行く前のひとくだり、
それはこのお店での出来事だ。

 

扉を開けたら、
その店のママであろう女性が、
一人カウンターで佇んでいました。

 

ママ
イラッシャイ。

 

 

ママは、まあママたる所以を醸し出す
ママでしたけど、

 

チョコさん
綺麗なママさんですね。

 

と言わしめるほど。
正直、ぼくも美熟女だと思う。

 

美熟女ママ
飲んでイッテ!

 

いくらそう言えど、
ぼくらはYちゃんの店に行くことが決まってるし、

 

何より、片っ端から扉を開けては閉めるという
迷惑行為がたまたまこの店に及んだだけであって、
そりゃまあ良さそうな店だったら飲むんですが、
ママ一人で、ぼくら3人の相手は大変でないかい?

何より、こっちはせめて女性3人欲しいわけで・・・。

 

 

そんなわけで、
早く見切りを付けて、
Yちゃんの店に行こうとしました。

でもママはぼくを掴んで
離さなかったので、

 

べに
エッチ出来るの?

 

と、魔法の呪文を唱えました。

 

大抵が、

ママ
出来ナイヨバカ!!

と一蹴されて解放の流れ、
そう思っていたのですが、

 

 

 

 

返ってきた答えがまたヒドくて、

 

 

 

 

 

 

 

美熟女ママ
おま◯こ洗って待ッテル!

 

 

もうね、こんな返しがありますか?

ってくらいド直球な返答が来てですね、
いやもうこれはこれで
絶対ネタになるわけですから、

 

 

べに
じゃあ飲むわ!

と答えたのでした。

多分、↑こう言うバカが、
カモられるんでしょうねぇ。

 

とは言え、折角今日のオフで、
ばろんさんチョコさんが集まってくださったので、
足並みを崩すわけにはいかない。

 

べに
午前1時にまた来ますから!

 

そうママに告げて、
ぼくらはYちゃんの店に行った。

 

そう、それが前回のお話!

 

途中で、

 

ばろんさん
午前1時だけど行かなくていいの?

 

 

と言われ、

ばろんさんチョコさんはYちゃんの店で
引き続き飲んで、

ぼくだけがこのお店に戻ってきてからが、
今回のお話のスタートです。

 

 

~~~~~~

 

 

ぼくは再び扉を開けた。

 

中は相変わらず、
美熟女ママ一人がカウンターで佇んでいた。

でも今回は冷やかしではない。

 

美熟女ママ
おま◯こ洗って待ッテル!

 

その言葉を信じて、
ぼくは再びこの店の扉を開けたのだ。

 

べに
来たよ!

 

 

美熟女ママ
イラッシャい!

 

 

さあ、客は他にはいない!!

おそらくこの分じゃ
今後も客は来ないだろう!

 

早速やってやろうじゃないの!!

 

 

 

 

 

 

 

べに
エッチする?

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

美熟女ママ
は?ヤルわけナイダロ!

 

 

 

 

 

 

ですよね

 

 

いいよ、わかってた。

 

これはこれでネタになったしな。

とりあえずここで適当に飲んで、
またYちゃんの店で
みんなと合流しよう。

 

まあしょうがない。
ぼくは賭けに負けたのだ。
ただそれだけのこと。

水割り一杯飲んだら帰ろう。

 

 

で、飲んでいたら、
何かこのママがとんでもねーこと言い出して、

 

 

 

 

 

美熟女ママ
はよチンコ出せ!

 

 

 

 

何言ってんですかコイツは、
とか思っていたら

 

 

美熟女ママ
約束だからな!

 

 

と、どこかで聞いたセリフを
言ってくださいました。

 

西堀の人は義理堅いですね。
こんな酔っぱらい共の口約束でさえ、
ちゃんと守るなんて。

 

どっかのパンティ野郎なんて、
「またあとで来るから!」と言って
絶対来ないからな。酷い世の中だぜ。

 

 

べに
あ、その前にトイレ。

 

男はね、
排泄と生殖を兼ねてますからね。

こっちを先にしとかないと、
何気に苦痛の波が襲ってくるのですよ!

 

 

で、トイレ開けたら、

 

 

Nishi2017_72

 

何だコレ

 

 

おそらく、今日はママしかいないはず。

で、ママだってここのトイレ使うはず。

 

 

でもこうはならんやろ。

 

仕方ないのでぼくが流した。

 

 

~~~~~~

 

 

さて、再び着席したぼく。

 

で、言われるがまま、
ジョンは出しっぱなし。

 

 

で、美熟女ママの手がジョンに伸びてきて、
こう、くんずほぐれつするわけですよ。

 

 

べに
・・・ありがとうございます。

 

ママ
いいよ、別に。

 

という謎の会話。

で、ある程度してもらった中で、
当然ぶち当たる問題がありますよね。

 

 

これ、フィニッシュどうすんの。

 

こんなこと言うのもアレですが、
ぼくは意外と飛距離あると思います。

過去にも何度か
顔まで飛んできたりしてますからね。

 

このままの射角で行くと、

あ、

このままの射角でイクと、

 

多分他のお客さんのボトルキープが
どえらいことになる。

 

 

べに
これ、最後どうすんの?

 

個人的には、
まあ上手いことしてほしかったのですが、
返ってきた言葉は無情の一言で、

 

 

美熟女ママ
自分で何とかしなさい。

 

 

仕方ないので、

 

ママがジョンを握ってて、

 

ぼくがその先端で
ティッシュを構えるという

 

謎の構図が出来てしまいました。

 

 

で、そのままフィニッシュを迎えました。

 

 

・・・思えば「西堀でエッチ」は、
ぼくの西堀に通う最大の理由であり、
主目的であるのですが、

時代が変わってエッチ出来ないのであれば、
通う意味もない、とも思うのですが、

 

このハンドサービスが
実質無料でなのであれば、
まだ捨てたものではないのかもしれない!

 

西堀、まだまだ遊べるな!

 

 

手を洗ってきたママが、

 

美熟女ママ
私、よく下手クソ言われテタ!

 

とか言ってきました。

なんか昔そういうことやってたんですかね。

 

仕切りに下手くそ言われて怒られてた、
みたいな話をしてました。

いやいや、少なくともぼくは
満足したわけですからええじゃないですかー。

 

でもぼくはどうしても引っかかることがあり、
それでいて客はぼくしかいないので、
色んな話をすることに。

 

ここからは美熟女ママとの話の中で、
酔いながらも、ぼくがスマホのメモに残してた
文章を書いていきます。 

 

 

なお、そんな中、
ぼくはやることやってもらったのに、
まだジョンを収納してない、
と言う事を付け加えておきます。

 

 

~~~~~~~~

 

 

べに
もう西堀でエッチ出来ないの?

 

 

一昨年から始まって、
今日このブログを書くに至るまで、

 

西堀でエッチできないの?

 

この文章を何度打ったことか。

どんだけ飢えてるんですか。
いや、実際は飢えてるというか、
もっと欲しいというか、
パンティが欲しいというか

まあもうそれは置いといて、

 

先にも書きましたけど西堀に通う理由ですが、
とりあえず現地の人に直撃取材をした結果、

 

美熟女ママ
西堀は、長野で一番エイズあるよ!!

 

 

と、一番聞くたくない言葉が出てきました。

 

 

美熟女ママ
エッチするとむしむしなるよ!
 むしむし!!むしむし!!

 

 

その「むしむし!」が大いなるイミフを
産み出しているのですが、

字面から見ても大変な苦痛を伴いそうだぜ。

 

 

美熟女ママ
中国とタイがエイズよ!むしむし!!

 

 

これ、新しくヒマものの用語集に
加えたいくらいの破壊力がありますが、

とにかく、

西堀でエッチするとむしむしになるようです。

うおー、マジこええええ!!

 

 

~~~~~~

 

 

ちなみにジョンはまだ出しっぱです。

 

この美熟女ママの店は、
金曜、土曜だけ
日本人の女性スタッフがいるそうです。

日曜平日はママだけだそうで。

 

 

ただ、ぼくがあまりにも
エッチしたそうだと言うことで、

 

美熟女ママ
日本人がいいなら駅前多いよ!

 

紹介するよ、と謎の斡旋をされました。
いや、ぼくは西堀でやるのが使命なので。

 

ママの話だと、
プチだと8k、泊まりだと15kだそうです。

少しだけ心が揺らぎましたが、
ちょっと安い気がする。

かなりお歳を召した方とのエンカウントが
待ってるんじゃなかろうかと思いました。

 

 

~~~~~~

 

 

多分、そんなこと言ってないでしょうけど、

ママとエッチできないか、みたいな
そんな話になったのでしょうか。

ぼくのスマホメモを見ると
そんな流れになってるっぽいですが、

 

 

ママはパイパンだそうです。

 

 

いや、だからどうしたと言われてもアレですが、
メモにそう書いてあったのだから仕方がない。

 

で、その後のメモには、

 

男も女もパイパンだよ!
何考えてるの、バカじゃないの!!

 

と、ママに言われたと書いてありました。
何だよこの記録は。

 

 

さらには、

ママのおっぱいの話になったみたいですが、

 

ママ
75のBだよ!揉んでも面白くないでしょ!

 

と言われたとメモに書いてありました。

 

そう言えばママのおっぱいは
揉まなかった気がする。

 

でも、女性の読者の皆さん、
ぼくは例えおっぱいが小さかろうとも、
揉んでも面白くないとは言いません。

 

多分ですけど、
ぼくが揉めば大きくなると思います。

今すぐ連絡を!!

 

 

まあまた念のために言っておきますが、

ぼくがママとそんな話をしてたであろう
その時でも、まだジョンは出しっぱなしでした。

 

~~~~~~

 

 

美熟女ママ
あなた、スケベでイケメンだね!もったいないよ!

 

 

社交辞令でしょうけど、
よく外国の人からはイケメンと言ってもらえます。

思い出される、韓国旅行の時のリーさんのセリフ

 

リーさん
あなた、エロい顔してるね!

 

マジでうるせーよと思ったぜ!

 

 

で、まあ本当にイケメンと思ってくれたのでしょうかね、

ぼくはママの目をじっと見て、
そして首をかしげながらニッコリ笑いました。

 

そしたら、ママも照れ笑いするんですよね。

 

 

で、ママが言うんです。

 

 

 

 

 

美熟女ママ
あなた、おまんこの顔してるね!

 

 

 

 

 

 

 

 

どう言うことだよ

 

 

 

 

 

 

 

イヤマジ、ホントマジで、

それはつまり、 

どう言うことだよ。

 

 

ちょっと前まではぼくは、
ママにとってイケメンだと思ってたのに、
実はイケメンじゃなくておま◯こだった。

 

 

 

美熟女ママ
おまんこの顔してるイケメンダヨ!

 

 

 

だからそれがどういうことなのか、
説明を求めるわ。

 

 

さて、そんな会話をしている中でも、
ぼくはジョンを表社会に晒している
状態だったのですが、

 

 

カランカラン♪

 

 

チョコさん
べにさーん!

どうやらYちゃんの店で飲んでいた、
チョコさんばろんさんが
お会計を済ませたようです。

 

ばろんさんが翌日仕事だと言うのに、
夜遅くまで飲んでて、
そろそろ仕事に影響が出そうだ

ということでお開きになったそうです。

 

oh、そんな中せっかく来てくださったのに、
ぼくだけ別行動してごめんなさい。
おまんこの顔してごめんなさい。

 

で、Yちゃんの店で放置してきた
ハンドスピナーをチョコさんは
ぼくに持ってきてくれました。

 

ぼくとママが座っているカウンターまで
チョコさんは持ってきてくれましたが、

 

当然ぼくのジョンはまだ外界の
空気に晒されたままでございます。

 

で、ジョンに直面するチョコさん。

 

 

 

チョコさん
ちょ!何やってんですかwwwwww

 

 

 

考えてみればチョコさんの反応は当然で、

ぼくがやってるのは普通の、当たり前の
公然わいせつ罪であり、

飲み屋でやっていい行為とは程遠いです。
何てダメな大人なんだ。

 

 

とりあえず1時間半振りにジョンを格納して、

外にはばろんさんも居りましたので、
今回のオフのお礼を言ってお別れをしました。

 

こうしてチョコさんばろんさんは帰られたので、
ぼくもママにお礼を言って帰ることに。

 

 

~~~~~~~~~

 

 

 

美熟女ママ
6000円だよ。

 

 

 

は?高くね!?

 

と思いましたけど、西堀は一本1000円。

ぼくとママが3杯ずつ飲んだので、
確かにこのお会計には
納得いかなくてはならない。

ましてやある意味サービスサービスだったので、
これは快諾せざるをえないけど、

何か、グラスを空けてなくて、
継ぎ足し継ぎ足しの3杯だったから、
微妙に納得行かないけど、

 

美熟女ママ
シテあげたでしょ!

 

それを言われたのなら弱い。

 

べに
5000円!

 

少しでも値切ろうとしたけど、
財布にはバッチリお金があったので、
払わざるを得ませんでした。

 

こんな時100均の財布持ち出してれば、
ワンチャンあったかもしれない!

これは次回チャレンジしなくては!?

 

 

~~~~~~~

 

 

そう言えば今まで書かなかったのですが、

ぼくがカラオケでよく歌う、
爆乳三国志の「爆乳音頭」という歌。

 

一軒目で歌い、Yちゃんの店でも歌った。
そして三軒目の美熟女ママの店でも歌った!

 

まさか同じ歌を1日に3回も歌うとは・・・。

 

でも、やっぱYちゃんの店はいいですね。
若いから歌い甲斐があるぜ。
合いの手も入れてくれるし。

 

 

そんなわけで、今回の西堀のお話は終わりです。

 

最後、小腹が空いたのでコンビニでカップ麺を購入。

座って食べたいと思ったのですが、
ホテルに戻るのもあれかと思ったので、

 

Nishi2017_75

再び西堀に行き、客引き姉さんが座って待機する
ソファに座ってカップ麺食べました。

この時、午前3:18分。 

 

この景色で食べるカップ麺も、
中々美味しゅうございました。

 

もっとここ界隈、盛り上がってくれないかな。

 

 

~~~~~~~~~~~

 

 

さて、ここからは流します。

 

翌朝、

ぼくは新潟からチョコさんばろんさんと
西堀で飲もうと思っていた
お酒を用意してたのですが、

すっかり忘れていたので、
当日休みだと聞いていた
チョコさんと再び合流。

お酒をチョコさんに渡しました。

 

そのままちょっとお散歩。

 

Nishi2017_77

確か、居酒屋「キャット」の跡地。

あのお店がなくなるなんて!!

・・・とりあえず今はタコハイがなくならなければ
ぼくはやっていける!!

 

 

Nishi2017_78

ゲイバーらしいです。

ぼくには全く縁のないところ。
でもイラストはちょっと可愛い。

 

Nishi2017_79

何で撮ったか忘れたw

チョコさんの解説待ち。

 

何か、そう言えば、

チョコさん
何かオレ松本の恥ばかり説明してるな。

と言ってましたが、
こんなステキスポットがあるので、
もっと胸を張っていいと思います!

 

 

で、丁度お昼前の時間帯で、

チョコさん
何か食べますか?

と言われたのですが、
にんにくチャーハン食べたかったですけど
お店が17:00からという無情な仕打ちでした。

 

で、長野県らしくお蕎麦をいただくことに。

 

Nishi2017_80

 

そば屋は駅前の「木ばやし」という場所しか
知らなかったですが、
新しく教えてもらったそば屋のお店。

 

Nishi2017_81

ざるそばをいただきました。

深夜に食べたカップ麺がまだ残ってたので、
あまり一杯食べられませんでしたが、

長野のそばは美味しいですね、
つるっと全部食べられました!

 

 

最後に、ぼくがトイレに行っている間、
チョコさんがお会計を済ませておくという
イケメンアクションをやっていたことを
付け加えておきます。

チョコさんこそ顔がおまんこだと思う。

 

 

~~~~~~~~~~

 

 

そんなわけで、ぼくはこの後、

混浴温泉である、

・鹿教湯温泉 「河鹿荘」

・加賀井温泉 「一陽館」

へ向かいました。

 

 

このお話は、冒頭にも書きました、

7月8日(土)の夜8時から、
Twitterの連続更新でお話します。

 

Twitterやってなくても、
あとでまとめてブログにしますので
一応は大丈夫だと思いますが、

 

大したこと書かないので、
そう言った意味でも大丈夫だと思います。

 

ではでは。

| | コメント (12) | トラックバック (0)

2017年7月 3日 (月)

西堀オフへの長野旅行記6~西堀2軒目

 

Twitterにも書きましたが、
ぼくはGalaxyS8+を発売日に購入し、
そのままGearVRの応募もした。

 

で、そのGearVRが1日に届き、
早速色んなコンテンツを視聴したのだけど、

 

 

やっぱりエロ動画がすごい。

 

 

こう、脳をだますんですかね、
キスシーンのとことか、
何か口がムズムズしてきます。

 

 

まあ他にも、
おっぱいの柔らかさが伝わってきたり、
臨場感的なのも感じられて、
 
本当にエロVR動画と言うのは、
素晴らしいものだと認識できました。

 

 

 

ただ、一個だっけ。

 

一個だけ残念なんですが、

 

 

 

 

 

 

 

 

あれな、チンコの大きさな。

 

 

 

ぼくのジョンはそれはまあ、
そんな立派なものではないのですが、

 

海外の洋物エロVRとか見ると、
なんかすげーフランクフルトみたいなのが
登場してきて、一瞬で現実に戻る。醒める。

 

逆に、一部の日本のやつとかは、
鉛筆みたいなのが登場してきて、
「は?オレのこんなんじゃないし!」
と、また別の意味で現実に戻る。醒める。

 

とはいえ、こんな技術革新が日進月歩な昨今、
体験できる人は一度エロVRとか
観てみるのもいいと思います。

 

 

男性も女性もです。

 

男性はまあそのままエロ目的ですけど、

女性にもおすすめ出来ると思います。

「このポーズはこんな目線で見られるのか」

とか、

「こうゆうの彼氏喜ぶのか!」

など、ご自身の今後の性生活に、
何らかの一助になるというのも、
まああると言えばあるのですが、

 

 

女性用のエロVR動画もあるからです。

 

つまりは、ギャランドゥなマッチョ男性が、
こう、フランクフルトを前後左右するんですかね。

 

色々探してたらあったのですが、
ぼくはそれを観てません。

観たら終わりだと思う。

 

 

まあそんなわけでエロVR動画は素晴らしいので、
是非機会があれば視聴してみてください。

 

 

~~~~~

 

 

そんな西堀の2軒目のお話。

 

最初のお店で

ぶっちゃけもう燃え尽きたんじゃね?

と思しきぼくらは、
ばろんさんとチョコさんが
しきりにYちゃんと連絡を取ってたので、
YちゃんとHちゃんが居たお店に向かいました。

 

前にもお話しましたが、
Hちゃんは辞めちゃったので
Yちゃんのお店ですね。

 

店名を明かせれば表現も楽なのですが、
店名を明かさないという約束なので、
その件は仕方がない。

 

~~

 

実は、その前にひとくだりあったのですが、
それは次回にお話します。

 

~~

 

そして店内に入ると、

Yちゃんがお出迎えしてくれました。

 

Yちゃんは可愛いのですが、
なんとなく雰囲気が横澤夏子に似てる。

でも一万倍Yちゃんの方が可愛い。

 

さて、チョコさんとも一年振り、となれば、
Yちゃんとも一年振りとなるわけですが、

 

べに
え、オレのこと覚えてる?

 

前回あれだけおっぱい触りまくったので、
もちろんぼくは覚えているのですが、

Yちゃんにしてみれば、
数あるスケベ野郎の一人なわけなので、
記憶に残ってるかどうか不明ですが、

 

 

Yちゃん
フレッシュインザスカイでしょ?

 

 

 

 

OK、覚えてた。

 

 

 

 

ぼく自身も今この時まで
忘れていた単語が呼び戻された。

 

とりあえず席に着く。

 

 

中には男性客が一人いまして、
女性スタッフが応対しておりました。

一番奥の席に通されてそれぞれ着席。

 

ばろんさんが最奥で隣に女の子が着きました。
どうやら店のママの娘だそうです。
向かいにぼくで、隣にYちゃん。

そしてチョコさんはサポート席に。

 

 

で、まあほんと申し訳なくて、
もうあんまり覚えてないのですが、

確かYちゃんはおっぱいNGになったと
言う情報を得た気がしました。

 

少なくとも、前回チョコさんと来た時は、
おっぱいを触りまくったせいで、
明らかに飲み代よりも高い代金を
請求された記憶が残っております。

 

でも、何かの会話のくだりで、
ばろんさんがママの娘におっぱいタッチ。

その流れでYちゃんのおっぱいにタッチ!

 

 

おお!おっぱいタッチいいのか!

でもこのあと高額請求がくるんじゃ!

 

と、チキっていたら、

 

ばろんさん
今触れる流れだっただろ!

 

 

 

何ということだ!確かそうだった!

ぼくとしたことが、
高額請求という言葉に臆していたぜ!!

 

しかしばろんさんは流石だ、
場馴れ感がハンパない。

ぼくなんて女性が隣にいるだけで
思わずドキドキしてしまうのに!!

 

 

やがて、先客の男性が帰ったので、
その男性客についてた女性も
こっちにやってきました。

 

で、その子が驚きの
Yちゃんのお姉さんだそうです。

姉妹率高すぎだろ。

そんなわけで、店内貸切で、
ママの娘、Yちゃん、Yちゃん姉という
最強メンツでぼくらの時間がスタートした。

 

 

~~~~~

 

 

で、ぼくがドヤ顔で取り出したのは、
ハンドスピナー!!

 

 

チョコさん
またこんな小道具出して!
 上手いなーこの人はー!

 

そう、こう言うの出すことによって、
一時的にぼくが話題を掻っ攫う!

 

でも一時的過ぎて、
ぼくが話題の中心なんじゃなくて、
ハンドスピナーの取り合いになってたからな。

 

 

ちょっと前に、

 

Ouo_1

 

このアプリについて書きましたが、
これ、顔にタッチすると表情変わるんですけど、

会社の女子社員達に見せたら、

「かわい~!何これ!」
「触っていいですか!?」
「きゃ~!おもしろい!」

 

と大人気だったんすが、ぼくは気づいた。

 

人気なのはぼくではない。
このスマホアプリなのだと。

 

ぽんっ! と、先輩に肩を叩かれた。

 

ってのを思い出した。
くそっ、ぼくよりハンドスピナーか!

 

まあそれはそれは
ハンドスピナーで盛り上がってました。

なんやかんやで時間は過ぎて、
ぼくはとなりにYちゃんの
お姉さんを召喚して
とても素晴らしい時間を過ごしました。

 

下品さ、という言い方は悪いですが、
品の低さはそりゃ1軒目の方が上ですが、

若くて可愛い子に
多少のエロが許されるYちゃんのお店は、
いつまでも長く続いて欲しいと思います。

 

さて、そんな中、

 

 

ばろんさん
そろそろ1時だけど、行かなくていいの?

 

べに
お!そうでした!じゃあ行ってきます!

 

 

冒頭で話をした、ひとくだり、は
ここで威力を発揮します。

 

ばろんさん、チョコさんはこのまま、
Yちゃんのお店で飲み続けます。

ぼくは、ぼく一人、
Yちゃんのお店を出ました。

 

そして向かうはとあるお店。

 

 

チョコさんも、

ばろんさんも、

2人が知らないぼくだけの、

西堀3件目のお話!

 

 

今回は短いですけど以上です。

 

じゃあ次回!

 

 

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2017年6月30日 (金)

西堀オフへの長野旅行記5~西堀1軒目

 

実は、前回のエントリーの冒頭部分は、
今回のエントリーとして使うはずでした。

 

ぼくが内容をあまり覚えてないため、
それこそ前回の西堀周辺のお話は、
軽く流して本編の内容を書くつもりでしたが、

意外や意外、覚えていたのか
ぼくの文章の盛り方が良かったのか、
結構な文章量となってしまったので、

 

急遽西堀の店本編のお話を
今回へ持ち越す形となりました。

 

 

結局、2話越しとなってしまった
西堀本編のお話ですが、

読んでる側は「まだかよ!」と
言いたかったかもですが、

個人的には西堀本編のみの話を
このエントリーに集中させられるので
満足行く構成になった気がします!

 

では今回は前置きなしで、
本編に行きます。

 

あ、今回、一部の人に怒られそうなので
先に伝えておきますが、

 

それなりのガチの画像が掲載されてます、
お子様とご覧になる際は、
今すぐブラウザを閉じてください。

 

マジです。

 

 

~~~~~~~~

 

 

 

 

ガチャッ!!

 

 

 

いつぞや、ヘイボーと飲んだ時に、
とりあえず飲み屋街のビルに侵入し、
片っ端からドアを開けて中を覗いて、
良さそうだったら入る、
という、
別の法律で逮捕されそうなこと
やってた時期があった。

 

そして、それをこの西堀でぼくはやった。

 

まあぼくとヘイボーはそれを
外国人スナックと風俗店が入り交じる
ビルでやっていたので、
場合によってはヤクザとエンカウントして、
そのままゲームオーバーとなる
流れもあったかもしれないが、

 

今、ここは西堀である。

 

 

居るのはノリの良い外国人スナックのママのみ。

最悪一杯飲んで(1000円の出費)退場も可能だ。

 

 

そしてとあるお店。

やっぱり店名公表は禁忌ですので
そこも伏せますが、

 

アパートエリア1Fのとある店の扉を開けた!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

スナック女性
いらっしゃいマセ!あー!!

 

 

 

べに
ああああああああ!

 

 

過去に西堀で一回見たことある女!
体がものすげー柔らかい女!足が上がる女。

ちなみにモンゴルではありません。
モンゴルは多分足を上げることは不可能。
それくらい力士。

 

まさか、まさかここで会うとは!!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

バタン!!

 

ぼくは扉を締めた。

だってしょうがない。
ぼくとヘイボーはそうやってきたのだから。

 

 

ばろんさん
さっきの知り合い?

 

べに
昔2Fに居た気がします。

 

何か会話内容がダンジョンで出会える
モンスターみたいな感じになってますが、
とりあえずぼくは扉開け締めを一通りした。

 

チョコさん
どこに行きましょうか。

 

ばろんさん
ボスの気の向くままに。

 

ここで言うボスとは、
まあぼくのことなんですけど、
とりあえずね、
軽く一杯目は適当な場所でいいじゃない!
(注)一杯目どころではない

 

 

べに
じゃあそこで。

 

さっき見た顔が居たお店の扉を再び開けました。

 

 

~~~~~~

 

 

やっぱり日曜日だからですかね、
数少ない資源(客足)を確保するため、
大歓迎されたぼくら。

 

特に顔見知りの軟体女はぼくにべったりだ。

軟体女のエントリー引っ張ろうとしたけど、
もう探すのがおっくうなくらい、
西堀についてのエントリー書いてるから、
まあ、そういう女性が昔2Fにいたのです。

 

店内は奥にじいさんと若い兄ちゃんが一人ずつ。

それぞれに女性が着いてましたが、
店内には女性スタッフが5人位いたので、
ぼくら3人が入っても女性は
それぞれに着くことが出来ます。

 

まあぼくは軟体女にロックオンされてるので、
選ぶ権利選ばれる権利はなかったのですが、
強いて言うなら奥の兄ちゃんに付いてる
若そうな女性が良かった。

 

ばろんさんにはママの妹が、

チョコさんにはママが着いたのかな?

 

姉妹率高すぎだろ。 

 

 

てなわけで、飲みましたわ。

 

 

しかしここで奇跡が!

 

別にぼくらが騒がしかった
わけじゃないと思いますが、

奥に居たじいさんの客が帰るようです。
ごめんな、じいさん。

と思っていたら、

 

 

べに
あっ!!あの時!!

 

 

そのじいさん、見覚えあると思ったら、
それこそ軟体女と初めて会った店で、
最初に飲んでいたじいさんやないか!!

 

ぼくは覚えている。
その時、そのじいさんから、
手の甲にフレンチキスされて、
ちょっとくすぐったかったことを。

 

まあじいさん側は覚えてなかったかもですが、
あの時と同じ笑顔でぼくと握手してくれた。

軟体女は「ソウダヨー!」とか言ってたけど、
多分この人も覚えてないだろ。

 

まあ、もうここだけで考えても、

 

オレ、結構西堀に浸ってるな・・。

 

そう思いました。

 

じいさんも見送ってぼくらは飲む!

もうとにかく色々酷いんですが、

軟体女が立ち膝になって、
ワンピの裾とかめくるんですよ。

 

 

Nishi2017_66

はい、パンモロ。

 

ぼくはパンティ好きですけど、
もうコレじゃない感がハンパない。違うんや。

笑うしかなかったんですけど、

 

ここは西堀です。

こういうノリは普通というか、呼吸?
息を吸うかのように普通の出来事。

 

 

Nishi2017_67

チョコさん側に着いた女性はママ。
ほんのりパンチラ。

 

ふとばろんさんの方を見ると、
ママの妹のおっぱいをつついていた。

くそっ、何て羨ましいんだ!

 

そんなわけで、
こっちも向こうもやりたい放題なわけです。

 

Nishi2017_68

左側はばろんさん方面。
ほんのりおっぱい大きそうなママの妹。

右側はママのスカートめくろうとしている
チョコさんです。

何してんだ!w 

 

 

しかしさすがばろんさんですね、
飲む時は紳士的に飲んでおります。

ママの妹とも静かに優雅な時間を
過ごしているようでした。

 

 

 

 

とか思ってたら、

 

ママ妹
ジェイソンさん、飲んでイイ?

 

 

 

何でこの短時間で
あだ名付けられてるんだ

 

 

 

しかも「ジェイソン」とか呼ばれてるし。
でもごめん、ちょっとセンスある。

 

 

~~~~~~~~~

 

 

まあそんなわけでぼくはと言うと、

 

Nishi2017_91

軟体女がずっとジョンを刺激してます。

 

ごめんね、ホント、マジごめんね、
この画像誰も得しないよね。ぼくですら。

 

で、まあぼくの方からもってことで、
同じことをやり返したんですけど、

 

Nishi2017_94

さすがにモザイクですわ。

 

パンツにすらモザイクを掛けなかったのに、
ここにはモザイクを掛けている。
あとはわかるな?

 

 

で、もう、ホントマジ色々酷いんですけど、

 

Nishi2017_96

もうね、何やってんだマジで。

 

しかしまあ西堀ですよ西堀。

わからない人は黙っててほしいのですが、
西堀ですからねここ。

 

キャバクラでこんなことしてみなさい、
出禁罰金翌日朝刊翌月法廷となるわけですが、
ここではもう合法的にセーフです。

西堀は素晴らしい!! 

地域活性化のために、
皆さん是非西堀に行きましょう。

 

 

と、まあこうやって

画像による「何やってんだ」を
お送りしてきましたが、

これからは
文字による「何やってんだ」を
お送りします。

 

 

 

べに
エッチできないの?

 

 

わかる、うん、わかる。
バカなの?」とか言いたいんでしょ?

わかるわ。逆の立場なら同じことを言う。

でもね、

西堀というピンクなアングラワールド、
パンツは見えるわ
おっぱい触れるわ
ジョンは刺激されるわで、

 

そんなのチャンスが有れば
バンバンしたいじゃないですか。

 

 

ママ
西堀はそういうのシテナーイ。

 

 

まあ、知ってた。
何なら二年前から知ってたわ。

 

でも、ぼくはまだ諦めない。
微かな希望!僅かな望み!!

懲りずに、

 

べに
エッチ出来ないの?

 

とか言い続けてました。
そんなにしたかったのか。

 

そしたら、

 

軟体女
×××(店名)ならデキルヨ!

 

 

 

なんと!?

 

 

 

 

ここへ来て有力な情報。
て言うかお前知ってんのか。

 

 

軟体女
デモ高いヨ!!

 

 

チョコさん、ばろんさんの話からでも、
相応の金額がかかるのはわかってた。

でもだんだん現実味を帯びてきたぞ!

 

そして軟体女はさらに口を開いた。

 

 

 

 

 

 

軟体女
ママは病気ダヨ!

 

 

 

 

 

 

 

 

何言ってんだコイツ

 

 

 

 

折角期待が高まったのに、
一撃で気分が粉砕されました。

 

しかしこんな有力な情報を、
みすみす手放してたまるか!

 

 

べに
じゃあエッチしてくる!

 

期待も高まった。
ぼくの数年前の西堀での目標も、
もしかしたら達成されるかもしれない。

 

いざ行かん!

そんな感じで言ったら、

 

 

 

軟体女

ジャアさっさと行って来い。

 

 

 

 

 

そんな言い方なくね?

 

 

別人かと思ったわ。

まあしつこかったぼくも悪かったかもですけど。

 

でもいいよ、行ってやろうじゃないか。

 

ぼくは席を立ち、そのお店へ向かった。
幸い?にもそのお店は営業中だった。

 

ふと店内を見ると中には女性がいた。

おばさん目な人がこっちに向かってきた。

 

その店のママ(病気疑惑)
イラッシャイませ!

 

そう言うママの向こうに、
オーパイパイと言って良さそうな女性が居た!

見た感じ若いし、ギャルっぽいかも知れない!

ちゃんと確認できなかったのが悔やまれるが、
ここでぼくは言った!!

 

 

 

べに
エッチできますか?

 

 

 

 

ママ(病気疑惑)
は?

 

 

 

 

 

普通の反応が返ってきた。

何か、ここで変な沈黙が続き、
あ、これアカンやつや。」と
自ら悟ったので、
何もせずに撤退しました。

 

 

べに
しないで帰ってきました。

 

 

多分チョコさんもばろんさんも
お、おう。」みたいな反応だったと思う。

 

とりあえずこれにて、
西堀エッチ調査は一旦閉幕。

ぼくらは再びこのお店で飲むことに。

 

 

~~~~~~~~

 

べに
現地のお菓子とかないの?

 

西堀は、タイ系が多かったんだっけかな。

過去に何度か西堀に来た時、
タイの料理を食べさせてもらったことがあった。

折角だから食べたいと思ったのだけど、

 

ママ
あ、お菓子ナラアルヨ!

 

Nishi2017_70

謎のクッキーを手に入れました。

味については特筆なく。

 

 

Nishi2017_71

時間は大分経っても、
ばろんさんの横にはママの妹、
そしてぼくの横には軟体女。

 

そしてチョコさんの横に居たママが、
写真奥の兄ちゃんのとこに行きました。

で、兄ちゃんの横に居た
若い女性がチョコさんのとこに!

 

でもこの女性、おっぱいNGだそうです。

 

西堀でおっぱいNGとかマジで無価値じゃね?

ただ、ぼくは触った気がする。
チョコさんも触った気がする。

NGじゃなかった気がする。

 

そんな中、ぼくは見逃さなかった。

 

写真奥の兄ちゃんは、
若い女性の時はイチャイチャ、
楽しそうに会話をしていましたが、

 

ママが隣に行った瞬間から無言像。

 

ひたすらチョコさんの横についた
若い女性の方ばかり見てました。

気持ちわかるわ。

 

 

~~~~~~~~~

 

 

さてさて、時間も時間。

YちゃんとHちゃんの店にも
顔を出すという流れなので、
そろそろ帰ることに。

一人3000円だっただろうか?

 

こんなテンションの飲みが、
ある意味時間無制限で
3000円で済むのはすごい。

 

何だかんだで楽しかったし、

西堀ならではの飲みも出来たし、

何より色んな再開があったのも面白かった。

 

 

やっぱり西堀は楽しいな。
前回のエントリーではもう行くことは~、
なんて書いたけど、
余裕があればやっぱりまた行きたい。

 

 

ちなみに、酔っ払いながらも印象に残ったことは、
スマホのメモ帳にメモを残していたのだけど、

この一文のエピソードが思い出せなかった。

 

ボッタクるやつ殺すから。

多分ですけど、
ばろんさんか軟体女が言っていた気がする。

ばろんさんだったら頼もしい一面でそう言ってたと思う。
軟体女だったら西堀でボッタクる店は許せない!
的な意味で言ったんだと思う。 

 

まあそんなわけで今回のお話はおしまいです。

 

西堀は、

 

ぼくだけ3軒行きました。

 

次回は2軒目のYちゃんHちゃんの店ですが、
多分短いエントリーになると思います。

 

3軒目が壮絶でしたから!!

 

ではまた次回!!

 

~~

 

そういえば、

長野から帰ってきた日の夜。

 

家に着いて
ラグナロクオンラインにログインしてたら、
知らない番号から電話がかかってきた。

 

ぼくはそういう怪しい電話とか
速攻で出るのですが、

 

 
???
モシモシ?今日コナイノ!?

 

謎の女性からの電話でした。

 

まあもう流れからわかると思いますが、
軟体女からの電話でした。

 

どうやら電話番号交換してたらしい。
しかもぼくから番号交換を申し出ていたらしい。

 

そんなもん時空の彼方の話で、
しばらく話しした中でようやく合点がいったのですが、

 

軟体女
今日来ないの?

 

とか平気でいうので、

 

べに
いや、オレ新潟だし!

 

軟体女
近いデショ!何処かわかんないけど!

 

 

新潟をわかってもらえなくて残念でしたが、

確かにあの時は楽しい時間をいただきました。

面白かったですし、
エロかったようなエロさ0%だったような、
そんな感じもしましたけど、
西堀らしい時間は過ごさせてもらった。

 

営業電話だろうけど、ぼくは最後に、
魔法の言葉を使って電話を切りました。

 

 

 

 

 

 

 

べに
また行けたら行くわ。

 

 

 

いつになるやら。

 

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2017年6月27日 (火)

西堀オフへの長野旅行記4~西堀周辺と西堀の昔

 

はぁ、とうとうこのエントリーとなってしまいました。

 

女性読者全員、ぼくのことをきっとジェントルメンで、
とてもステキな旅行男子だと思ってるはずですが、

 

今回のエントリーで、
パンティ大好き変態野郎というのが露呈してしまう!

今までのぼくのイメージを一瞬で
吹き飛ばしてしまうくらいの内容なんですが、

はぁ、でもこれも思い出綴り、
ありのままを日記として書いていきます。

 

~~~~~~

 

 

「もう守りに入ってるよな。」

「最近Aさんばっかりじゃないですか。」

 

 

 

 

 

 

いやいやいや!

 

・・・いや。

 

 

そうだわ。うん、間違ってない。

 

ぼくのブログはアングラな場所に突撃して、
行きたくても行けない方々に、
体験した出来事をつまびらかに説明する。

 

そうすることで存在意義を見出してきたのだ。

しかし最近のぼくのブログはなんだ?

 

端から見ればもう落ち着いた人の
ただの日記だわ。

こんなの何が面白いんだ!

 

 

しかしまあ、わかります。

 

 

ぼくがAさんと何処か行って楽しかった、

 

ぼくがアレを食べて美味しかったです。

 

 

 

 

そんなブログ、

 

別にココじゃなくても

 

いいじゃんか。

 

 

そう、もっとみんなアングラな
内容が知りたいハズ!

パンティの写真とか見たいはず!!

 

そんなわけでお待たせしました。

今回の旅行はAさんが一緒じゃありません。

 

で、西堀に行くんです。

 

 

なんかあるはず!!

 

 

その第一話をお話します。

 

 

ちなみにもう毎度のことですが、
丁度一ヶ月経過しております。

つまりちょっと覚えてない部分がありますが、
多分読んだばろんさんチョコさんが
補填してくださると思いますので、

今エントリーからコメント欄も
チェックしてください。ね。

 

~~~~~

 

 

ぼくら3人は西堀に向かって歩いていた。

 

「座って飲もう」

最初の提案も多分もう面倒になった。
時間もぼちぼちな感じ、
西堀で飲もう、そんな運びとなった。

 

 

べに
そう言えば、ストリップ劇場はどこなんです?

 

 

もうぼくと言えばストリップ劇場。
今はもうないとは言え、
それだけでもネタになる。

 

ばろんさん
あそこらへんかなあ。

 

そしてぼくは写真を撮った。

 

Nishi2017_60

丁度写真中央辺りが、西堀のストリップ劇場、
その名も「人生劇場」だそうです。

わかるわ、草津のストリップも
人生そのものだったもんな。

 

そしてぼくらはばろんさんに連れられて歩く。

 

ばろんさん
確かここ!

 

ばろんさんが広大な駐車場を見つめた。

 

Nishi2017_61

ばろんさん
ここにトルコ姫って言うソープがあった。

 

チョコさん
ぼくもそれは知らなかったです。

 

 

一部の人にしかわからない西堀の歴史なんでしょうねぇ。

実際ぼくも、今このエントリーを書いている時に、
ググって資料を見つけましたもの。

 

しかし、色々引き継いで、受け継いでいるんですかね、
その敷地?にそのまま西堀のアパートエリアが
存在しているわけですからねぇ・・・。

 

 

~~

 

 

さて、そのままの流れで、
西堀のアパートエリアにやってきました。

 

この日は日曜日。
翌日は月曜日となります。

そしてぼくは毎回呪う。

 

日曜日の夜なんて、
飲み屋はどこもやってない。

 

わかっているのですが、
ぼくの会社がそういう休み設定なので
仕方がないのです。

 

ですが、

 

そんな中、ぼくに合わせてこのオフに来てくださった、
ばろんさんとチョコさんには
ただただ申し訳ない気持ちで一杯です。

飲み屋がやってない飲み会とか
マジゴミだしな。

 

 

べに
ったく!何でやってないんだ!

 

別にそんなもん店の都合だし、
どう考えても日曜は休んだ方が建設的だ。

逆ギレもいいとこで、
ぼくはアパートエリアの2回に乗り込んだ。

 

 

オールシャッターマウンテン。

 

 

まさかの全滅でした。
アパートエリアの2Fは、
全てやっていなかった。

何て日だ!!

 

 

しゃーないから、1Fを散策してみた。

 

某中国のお店。ここいつもやってんな。

過去にアライグマの
被り物を持ってきたときから、
ここのママとは顔見知りになったのですが、
それが最後で、あとは西堀に来る度、

扉を開けては、

 

べに
また後で来るわ!

 

と、絶対来ないセリフを述べて
その場から去る事例を続けました。

 

そして今回も扉を開けたら、

 

某中国店のママ
また来た!入って入って!!

 

と言う。

そしてぼくも、

 

べに
いや、また後で来るわ!

 

と、毎年のパターンを構築したのですが、

 

中国ママ
今は妹もいるよ!

 

ほう、ぼくは別に妹萌えとかはないですが、
この中国ママのおっぱいは結構な
破壊力を持っておりますので、
妹の方のおっぱいも期待してたのですが、

 

とりあえずこのお話はメインではないので
端折りますが、結果だけ言うと妹微妙。

 

~~~~~~

 

 

ばろんさん
まだ時間じゃないから、この店に行こう。

 

西堀アパートエリアがあんな体たらく。

じゃあ西堀のどの店に行こうか、
というところで、とりあえず前回クソ盛り上がった、
YちゃんとHちゃんがいた店に行くことにしました。

 

どうやら、チョコさんとばろんさんは、
前回の更新のあと、
それぞれその店に何回か行ったらしく、
すっかり常連になってしまったとのこと。

何だよハイパー羨ましい。

 

ちなみに、残念なことにHちゃんは
とある事情でお店をやめてしまったらしい。

あの逸材は勿体無い。
是非一部の男性を癒やし続けてほしかったのに。

 

そんなわけで、ばろんさんもチョコさんも、
Yちゃんにライン送りまくってて、
どうやら店を開けるには開けるけど、
夜遅くに開けるらしいので、
それまではばろんさんの知ってる店で飲むことに。

 

 

ばろんさん
ジャイ子がまた美味いんだ。

 

ばろんさんに案内されたのは、
西堀のアパートエリアから少し離れた、
一般ストリートにあるお店。

タイ人スナックとかではありません。

 

とは言え、いきなりばろんさんが
ジャイ子が美味いとか言い出して、
何を言ってるんだろうとずっと思ってた。

 

お店に入ってお酒を注文。

そしてばろんさんがジャイ子を頼んだ。

 

 

しばらくして運ばれてきたのが、

 

Nishi2017_65

ジャイアントコーン

略して

 

ジャ・イ・コ!

 

いやー、失礼ながらぼくはずっと
某青いたぬき型ロボットの漫画のキャラクターだと
思っていたんですが、なるほどね!

 

ばろんさん
普段、油で揚げたのしか知らないでしょ?

 

確かにそうだ、
100均でたまに買うコーンポタージュ味の
油で揚がったジャイアントコーンしかしらない。

 

でもこれ、かなり美味しい。
バターで炒めたんですかね、
風味も去ることながら、

最大の特徴はその食感!!

何とも例えようのない、
噛むと弾力を感じさせながらも、
中がぷぉしゅば!っと出る感じ!意味わからん。

 

まあそれらをつまみに、
またしばらくトークが繰り広げられました。

 

中でも、チョコさんの体験談がヤバかった。

 

~~ 6/30 一部訂正しました

 

チョコさんがとある集まりで
旅行に行った時のこと。

血気盛んな豪傑たちの集まりなので、
夜は夜とてピンクコンパニオンを呼んだそうな。
クソッ!!

 

で、チョコさんに着いた
ピンクコンパニオンがこちら。

 

Nisi2017a

まあこんな写真を載せてもいいのかと
個人的に迷ったのですがまあいいか。

 

で、この子がまたとんでもねー子で、
チョコさんは芋焼酎飲んでたそうですが、
中に自分の毛を入れてくるんだそうです。
何それエロい。

 

 

いも焼酎 が いんもう焼酎にランクアップとか、
くだらない、本当にくだらないギャグで盛り上がった。

 

チョコさん曰く、この子の猛攻はまだ止まらぬ、
何かレンコンのおつまみもあったそうですが、
それにまた自分の毛を挟んで食わせるんだそうで。

 

これは、
ピンクコンパニオンと言うお仕事の一環なのか、
それともこの子が脳みそバグってるのか。

 

ちなみに陰毛焼酎とレンコン陰毛サンドは、
チョコさんはどうしたかと言うと、
片方は飲んで片方は挫折したそうです。

 

場の空気を読んで、
自ら果敢なるチャレンジをしたチョコさんに、
ぼくは賞賛の言葉を伝えたい。

体を少しずらして背筋を伸ばし、
手を上下に動かして拍手したい。

 

~~

~~~~~

 

他、ぼく自身のお話にもなりましたが、
もうチョコさんがとんでもなくブログの内容を覚えており、

いやそりゃぼくだって作者ですから、
多少の内容は覚えているつもりですが、
チョコさんがバンバンとぼくが忘れた
ブログの内容を掘り返してきたことが印象的でした。

 

 

さて、ぼくらがこんなクソみたいな
内容で盛り上がっていたところ、

カウンターで一人で飲んでいた
割りとイケメンなサラリーマンがいたんですが、

女性客が2人入ってきて、
そのサラリーマンと仲良さげにトークしてました。

 

ばろんさん
ほら、オーパイパイが入ってきたぞ。

 

次いでチョコさんも
オーパイパイだなんだと言ってきたのですが、
ここで2人は重大な勘違いをしておりましたので、
1つ訂正をさせていただきました。

 

べに
オーパイパイとは、
 若さ、容姿が一定以上の女性
 のことを言うのです!

 

そう、若い女性が何でもかんでも
オーパイパイなのではなく、

あくまでも若くて、容姿が一定以上の女性!

なのです。

なぜ「綺麗な女性」ではなく
「容姿が一定以上」なのか、

それは発祥者であるぼくとヘイボーの、
容姿の基準が全然違う方向だったからです。

 

まあそこら辺は熱く語ることではないので、
詳しくはこちらを御覧ください。

~~~~~~~~~

 

 

さて、 

ばろんさんが昔の西堀を語ってくださって、

 

ばろんさん
20年前はなぁ、店に入った瞬間
 
「外に行こう!」だったんだぞ!

 

西堀全盛期、それこそ人生劇場やらトルコ姫だのが
闊歩していた時代のお話なのでしょうか、
どうやら店で飲まずに、
速攻でホテルへGOだったみたいですねえ。

 

でも時代は変わりました、
世の中あっち行けば規制、こっち行けば規制。
それと同時に西堀も変わっていったんですね。

 

当初ぼくも、西堀でバンバン
目標に掲げていたわけですが、

こうも毎年行く度に閉まってる店が多い、
(日曜日であっても、年々閉まってる店が多い)

さらには規制もどんどん厳しくなっていく。

 

そんな状態であるなら、

 

西堀へ行く意味もなくなってきたな。

 

そう思ってしまうのです。

実は今回を最後に
西堀へ行くのも最後かなと思うていたのですが、

 

まあ、さすが西堀ですかね。

 

Aさんもいないそんな状態なので、
序盤にも書いたように
下衆な内容のネタが出来ましたので、

 

これからそれを書いていこうと思います。

 

が、今回は長くなったので、
詳しいお店の話はまた次回です。

 

ではでは。

 

~~

 

Nishi2017_62

貼り忘れた写真。 何で撮ったんだっけ。

チョコさんかばろんさんがコメント欄に書いてくれるはず。

 

 

| | コメント (8) | トラックバック (0)

2017年6月22日 (木)

西堀オフへの長野旅行記3~たこ焼きとから揚げと無料案内所と

 

~ 予告 ~

 

長野旅行記の締めくくり、
混浴温泉のお話はTwitterの連続更新で行います。

もちろんTwitterで呟いた内容は
そのまま後日ブログにて反映するので、
見逃し?は一応ないと思うのですが、

何でそんなことするかって言うと、

もし、連続つぶやきで、レスをもらった時に、
それに関してもエントリーに組み込めるという、

良い意味で初の読者参加型エントリーに
なると思ったからです。

 

まあそんなヒマな人はいないと思いますが、
とりあえず混浴温泉の話はTwitterで超つぶやく、
少なくとも総つぶやき回数が1000を超えるまで
つぶやきまくる回となりますので、

まあ、まあ良かったらレスいただけると
やった甲斐がありますので
良かったら是非ご参加くださいまし。

 

あ、いつやるかはまだ未定です。
少なくとも西堀回が全部終わってからですね。

 

~~~~~

 

前回でも、今回は西堀回としたのですが、
やっぱり西堀は西堀だけの話を書いたほうがええな、
と思うたのです。

 

ヤキメンを食べてから、
松本まで下道で走って、
ホテルにチェックインし、
そして西堀に行くまで。

 

特にチェックインしてから西堀に行くまでに
ちょいちょいお話があるので、
それを全て今回で開放してから、
次回を西堀だけのお話にしようと思いました。

うおー、結局公式に嘘をついてしまったぜ!

 

実はヤキメン食べる前、
目的地の1つである「
加賀井温泉」に向かいました。

目的はもちろん混浴温泉だったのですが、
元々下道で松本まで行くつもりだったぼくは、
ここでまったり浸かって行くと、
どう好意的に解釈しても間に合わないという結論に。

 

なので、加賀井温泉 一陽館の駐車場まで来ましたが、
目的地を松本駅に設定して温泉を後にしました。

 

ブーンと山道をひた走ります。
帰りもここ通るのマジ辛いとか思いながら。

 

で、道中にたまたまあったセブンイレブンにて
小休止をしていてスマホをチェックしたら、
ラインが来ておりました。

 

 

ばろんさん
チェックインする時、一度お会い出来ませんか?

 

どうやらぼくにお土産があるとのことで、
オフ会開始前に渡しておきたい、
とのことでした。

そんなぼくにお気遣いなく・・・!
読者と言うだけでありがたいです。

 

到着予定時間をばろんさんに伝え、
再びぼくは車を走らせました。

それから1時間半くらいですかね。
ホテルに着きました。

 

チェックインを済ませて、
部屋で一息ついていると、

 

べに
そういえばばろんさんどうしてるかな?

とスマホを見たら、

 

10数分前にすでに待っているとのこと!

 

 

あかーん!

ハイパー待ちぼうけさせてしもた!

 

ダッシュで外に飛び出すと、
黒塗りの高級車でホテル近くに
待っててくださったばろんさん。

 

 

べに
はじめまして、べにです!

 

申し訳無さMAXでの初対面は、

 

ばろんさん
どうも、はじめまして。

車から降りたばろんさんは、
高身長のナイスミドル。

身長180センチのぼくが見ても
高身長だとひと目で分かる。

 

そして早速お土産の
一升瓶をいただきました。

 

どうやらばろんさんは、
ぼくの旅行記を見ている中で、

ぼくは綿密な計画を立ててる人だから、
行程をあまり邪魔しないように、
とのことで、このタイミングにしたんだとか。

何という律儀なお方。

 

ばろんさん
このあとどうします?

 

チョコさんはこの日はお仕事ということで、
仕事帰りに合流することになってました。

合流予定に1時間くらいあるので、
 

 

べに
チョコさん来るまで先にタコハイ行きましょう!

 

もう県外の人間のくせに、
常連振って「タコハイ」と略称を言うぼく。

 

そう言えば住友生命の1UPのCMで、
中華料理屋入って2回目なのに
常連ぶるやつあるじゃないですか。

あれマジで頭沸いてると思いましたね。
流石にバカでしょ。バカすぎる。
見ててイラつく。

何が「あの店は2回目ですね」だか。

 

でも、CMとしては成功例だと思います。
少なくともぼくに印象に残らせたので。

 

まあそんなわけで、
少し休憩をしてからタコハイにて
ばろんさんと飲むことになりました。

 

~~~~~~~

 

Nishi2017_48

懐かしのタコハイ。

とりあえずばろんさん来るまで待機。

 

 

来られたので乾杯したんですが、

Nishi2017_49

確か頼んだたこ焼きが
全然来ないからってことで、キュウリもらった。

 

Nishi2017_50

そんでたこ焼き来たああ!!!

 

にわかなぼくが言っても
説得力ハイパーゼロでしょうけど、

ここのたこ焼きは本当に美味しい。

大阪のも美味しかったけど、
そして先日のたこ忠のも美味しかったけど、

純粋に美味しいと思うたこ焼きはここですね。
新潟県にも出来て欲しい。

 

 

Nishi2017_51

たこ焼きつまみに、ばろんさんとお話。

 

ばろんさんは結構海外の方へ、
仕事のついでに行っているそうです。

で、その時にちょちょっと
そっち方面へ行くそうで、

ぼくはその話を
よだれ垂らしながら聞いてました。

 

まああんまり具体的な話をすると、
ばろんさんのイメージが損なわれるし、
そもそもぼくももう覚えてないので、
詳しく書きたくても書けないのですが、

 

とにかく!

 

海外の方の、こう、その、
エロいヤツ?店?みたいなお話を
ぼくは羨望の眼差しで聞いておりました。

 

そうこうしている内に、
チョコさんも合流!

 

そして、

Nishi2017_52

ぼく待望の、ガーリックバターたこ焼き。

 

もうこれマジで美味い。とにかく美味い。
余裕があったらめっちゃ食べたい。

 

ばろんさんチョコさんはガーリックとのことで
食べるのをちょっと控えめにしてましたが、
ぼくは関係ない!とにかく食べました!

 

そんなわけで、まあ色々とありましたが、
メンバーも揃ったのでホントのスタートです。

 

~~~~~~

 

まあ、もう3週間も前の話なので、
どんな内容の話をしたのか全然覚えてなくて、

読者の皆さんは元より、
当事者であるばろんさんチョコさんに
大変申し訳無い気持ちがあります。

 

ただ、ばろんさんはさすが、
昔の西堀事情に大変詳しく、

 

ばろんさん
昔は連れ出しが当たり前でね・・・。

 

と、西堀回顧録を語ってくださったり、

 

ばろんさん
西堀にストリップ劇場があったんだ。

 

チョコさん
え?そうなんですか!?

 

ぼくはおろか、
チョコさんも初耳学な、
多分林先生も初耳学な、
多分古舘さんも知らないような、

情報をぶっこんできたり。

 

などなど、西堀、もそうですが、
まあ人様に聞かせられないような
内容盛りだくさんで時間は過ぎました。

 

ちなみに、タコハイの前の、
客が並ぶ前のカウンターでそんな
話で盛り上がっていました。

なんか知らないけど女性客が3人ぐらい、
すぐ後ろで並んでいるのに

そんなクソみたいな話ばっかしてましたからね、
ごめんなさい、でも楽しかった。

 

 

ばろんさん
違う店行くかー!

 

確か、この駅前界隈で違う場所行こう、
みたいな流れになったんですけど、

このタコハイの隣の隣に、

 

Nishi2017_53

から揚げのお店がありました。
で、ぼくらはそこに行きました。

 

ぼくとばろんさんは颯爽とこの店に入ったんですが、
チョコさんはタコハイのスタッフと顔見知りなので、
後片付けとか手伝ってました。

さすが、イケメンは違うぜ。

 

べに
あ、チンチロがある!!

 

実はタコハイにもあったんですが、
確か品切れだったか終了したんだったか。

 

Nishi2017_54

サイコロを丼に振って、
出た目でハイボールの注文が決定する、
ハイボール賭博、チンチロリン!!

 

ぼくは確か、ハイボールが半額になった。

 

 

チョコさん
べにさん、ここにもありますよ。

 

と、顔を見上げたら、

 

Nishi2017_55

 

おお、これは!!

 

去年の西堀ツアーで、タコハイにもあったやつ!

どうやら、タコハイとこの店は系列店だそうです。

どおりで!チンチロハイボールが
この店にもあるわけだ!

 

そして運ばれてくる料理達。

さてここで小話なのですが、

 

~ べにチョコばろん劇場 ~
 

 

べに
ひゃっほー!料理だぜ!

チョコ
早速いただくぜ!

 

 

べにチョコ
もぐもぐもぐもぐ・・

 

 

べに
OH!!!

 

チョコ
Hey!どうしたんだいべに!?

 

 

べに
Hey!チョコ!ブログ用の写真を撮る前に、
 旨そうだったからついつい食っちまったぜ!

 

チョコ
何してんだいべに!しかしこいつぁ困ったな!

 

 

ばろん
写真撮る前に料理をついつい食っちまうこと、
 みんなにもあるよねぇ~!?

 

 

 

べにチョコ
Hey!ばろん!!

 

 

ばろん
今日はそんなおっちょこちょいちょいな
 君達に、取っておきな裏技を教えちゃうぜ~!

 

 

べにチョコ
そいつぁ頼もしいぜ!!

 

 

ばろん
ついつい食べちゃった料理も、
 こうやって撮れば・・・!!

 

 

 

 

Nishi2017_56_3

べにチョコ
すげーぜ!まだ食ってねーみたいだぜ!

 

 

ばろん
そうさ!やり方は撮っても簡単!!

 

アップで見切らせて撮ればいいんだ!!

 

 

べに
よーし、早速覚えたぜ!!

 

 

~~~~~~~

 

何書いてんだぼくは。

 

まあそんなわけで、
ついつい食っちまった料理の写真を
美味しそうにまた撮る時は、

 

アップで見切らせて撮る、

 

そんな裏技をばろんさんから
教えてもらったぼくは、
つい調子に乗って
アメリカのショッピング番組みたいな
ノリで文章を作ってしまいましたが、

逆にこんな風に作ってるってことは、
ぼく自身ノッている、ということですね。

実際あんな会話なんかしてねーですよ。
わかってると思いますけど念のため。

 

 

さて、ここでも酒と料理を堪能して、
じゃあまあもう一軒行くか!
みたいな話になりまして、

タコハイもから揚げの店も、
両方立ち飲み屋ですから、
座って飲もうぜ、
という流れになりました。

 

で、ぼくらは街中の方へと
歩みを進めたのですが、

 

ぼくが

べに
折角だから「サービスサービスの店」の
 客引きに会いたい。

 

などと訳のわからないことを供述したのですが、
さすがぼくに理解がある方々、
いいですよ、と快く返事をいただきました。

 

なんと、松本駅からサービスサービスの店に
行く途中にも別の店の客引き、

そしてサービスサービスの店にも
2人の客引きを見つけることが出来ました。

まあおばちゃんレベルですけど、
全員女性とのことで、
何かネタになるかな?と思ったんですが、

 

まさかの、声かけられず。

 

あれかな、団体客には声かけられないのかな。
やはりソロで闊歩すべきなのか。

 

仕方ないので街中をウロウロしていると、

売れないお笑い芸人のボケ担当してそうな
客引きがぼくらに近づき、
チョコさんに話しかけてました。

 

まあ何か色々と話をしていたみたいなんですが、

 

べに
そう言えばTwitterとかの写真で、
 背景にする風俗情報誌がほしいです。

 

などと再び訳わからんことを
言い出すぼくに、お二人は快く返事をしてくださり、

 

Nishi2017_57

無料案内所に突入しました。

 

おそらく今日の当番は、
売れないお笑い芸人のボケ担当オンリーなんですかね、
中には誰も人が居りませんでした。

 

Nishi2017_58

昼間に権堂で手に入れた情報誌と
同じものもありましたが、
なんとか新規でゲットしました。

でもグラビアが微妙だったので、あとで捨てた。 

 

~~

 

別にいいんですけど、

チョコさんとばろんさんは
松本の夜トークで盛り上がっておりました。

 

置いていかれるぼく。
しょぼんぬ(´・ω・`)

 

 

チョコさん
すみませんねべにさん。

 

マジチョコさん気遣いのできる男で、
盛り上がりがてら
後ろからとぼとぼ着いて行くぼくを
気遣って声をかけてくれる!

 

 

べに
いえいえ、松本トークで盛り上がってて、
 神々レベルの話をしているなーと
 思っておりました!

 

そう、ぼくは地元じゃないので仕方がない!

 

ばろんさんから、
時間になると開く毬のオブジェだとか、
どこかのにんにくチャーハンが
ハイパー美味しいとか、

そんな話が放たれる中、

 

ばろんさん
ほら、あそこ!

 

ばろんさんが指をさした先には、
前回来た時にチョコさんから教えてもらった
風俗オンリービル、通称「ヌキビル」。

 

ばろんさん
折角だから撮ってきなよ。

 

そう、前回は昼間だったので
中の様子がわからなかったですが、
今回は絶賛営業中なので、
とりあえず入り口に入場しました。

 

Nishi2017_59

入口入ってすぐの風景。

 

なお、このあと死角から
風俗店員が現れたので、
声をかけられる前に颯爽と逃げました。

 

~~~~~~~~~

 

 

そんなわけで。

 

当初、座って飲める店を探そう、
ということで松本の街を右往左往してましたが、

何だかんだで西堀方面に足が進み、
この勢いで西堀で飲むことが決まりました。

 

 

そんなわけで次回こそ西堀回です。

 

冒頭にも書いたように、
西堀のお話が終わったら
Twitterで温泉の話は書きますので、

そのためには今月中に
西堀の話全部更新したいと思います。

 

ぼくがこうやって宣言しても、
宣言どおりにした試しがないので
期待しない方向でお願いします。

 

あ、でもぱんt

 

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2017年6月18日 (日)

西堀オフへの長野旅行記2~権堂駅歓楽街と長野ヤキメン

 

実は、非常に面倒なのです。

 

ぼくは普段ブログをIE、
インターネットエクスプローラーで作成してますが、
5月のアップデートで更新されてから、
どうも作成中に強制終了してしまう。

 

割と早く強制終了するので、
そんなにダメージはでかくないのですが、
調子ぶっこいたこと言いますと、

こう、没入?集中?して文字を打ちますので、
どんな文章打ってたか思い出せない。

 

そこで一気に消し飛んでみなさい、
もうやる気ゼロっすよ。ゼロ。コカ・コーラ。

ぼくはコーラ飲みませんけど。

 

で、もう一回打つのが面倒なのです。って話。

 

仕方ないのでChromeで作ってるんですけど、
どうも、やっぱ相性良くないんですかね。

何か動きがおかしい。

 

でももういいや。

 

そんな、ココログさんでブログを作ってないと
わかってもらえないお話は置いときまして、

今回は善光寺から車で5分!?

何なら歩いて行けるわくらいなところにある、
権堂駅周辺の歓楽街を見てきました。

 

特にエピソードもクソもないので、
今回はほぼ写真です。

 

次回は西堀回なので、
まあサササーっと流し見程度で!

ぼくも推奨します!流し見回です!

 

~~~~~~

 

多分、イコールなんだと思うんです。

 

以前更新の、
クロフネと山形の天童温泉歓楽街を巡ったこと、
福島の郡山歓楽街を巡ったこと。

 

ぼくは何故かこういう歓楽街、スナック街が大好きだ。

ビルに連なり猥雑な雰囲気を醸し出す看板達。

 

見てるとテンション上がってきてしまう。

 

「何がいいの?」

 

そう問われたとしてもぼくは明快な答えは出せない。
でも、「何かいい。」、その答えでもいいじゃない。

 

で、この文章打ってる今でも
全然何でかわからないんですけど、

まあきっとエロい感じがするからみたいな、
薄っぺらい理由なんだと思います。

 

そしてそこからリンクするのが、
外国人スナックの存在。

 

日本のキャバクラは、
あんだけおっぱい見せつけておきながら、
触ったら豚箱行きじゃないですか。

しかし外国人スナックは違う。

 

多分ローラ似
男ナラ、おっぱいくらい、仕方ナイ。

 

某、御代田でそう言ってた女がいた。
そうなんだよ、おっぱいくらい仕方ない!

 

西堀、御代田、そして地元のスナック。

こう言うスナックは大体外国人なのだ。

よって、

 

外国人=スナック=おっぱい=エロい

ホントマジ、義務教育に組み込んで欲しいくらいの
方程式が出来上がってしまってるんですが、

こう言ったこともあってきっとぼくは
歓楽街が好きなんでしょう。

 

権堂は、御代田のバb・・・いや、ナナちゃんが
昔働いていたというスナックがある場所。

 

そうでなくても、権堂はかなりの歓楽街だと
昔から知識としてあります。

 

せっかくここまで来たのだから、
ちょっと見ていきたいと思いました。

 

~~~~~~~

 

善光寺から権堂駅近くまで走り、
コインパーキングに車を駐めました。

 

Nishi2017_12

そこから歩いてすぐに、
なんかめっちゃ売れてるって書いてある
メロンパンが売ってましたので、

 

Nishi2017_11

メロンパンってつい買っちゃうんですよね。

メロン入ってないのに。

きっと、メロン=大きいおっぱい という、
義務教育に組み込むべき方程式が
根付いているからだと思います。

 

このメロンパン、外はカリカリ、中はすげーふわふわ!
噛んだらぺっちゃんこになったしな。
それくらい柔らかかった。

柔らかい=おっぱい=メロン

 

 

そういうことか!!

 

~~~~

 

とりあえず権堂駅を目指します。

 

Nishi2017_13

どっかで見たぞ・・・。
一体だけ違うのかな。

 

Nishi2017_14

もう駐車場のすぐ脇の路地がこれですからね。
素晴らしいぜ!!ゾクゾクする!

 

 

Nishi2017_15

ファアアアア!!!

4フロアぶち抜きのスナックビル!

ホテルプサン!!

そしてほんのりエロスを醸し出すバニーネオン!

 

Nishi2017_16

権堂駅って地下鉄だったんか・・・。初めて知ったわ。

権堂駅に来たのはただの中心地を探るためだったので、
駅構内まで行きませんでした。

 

ここを中心に、辺りを歩いてみます。

 

Nishi2017_17

ここからは駅の東側ですね。

権堂は西側がメイン歓楽街らしいのですが、
こうやって見ると東側もいい味出してますね。

でもなんかエロい雰囲気を感じない。
マジババアしかいなさそう。

 

Nishi2017_18

ちょっと横道に逸れたらこんなお店が!

一気にエロレベルが上がった!

 

Nishi2017_19

おお、東側も本気を出してきたんですかね。

しかしなんか中華料理屋が多い気がする。
まさかの中国人街形成なのか?

チャイナドレスのお店とかあるんか!?

 

 

Nishi2017_20

逆に、西側が繁華街メインだと知っておきながら、
東側もこんなにスナックが見受けられると、
権堂という町はとんでもないコロニーな気がする。

 

Nishi2017_21  

ますます夜の権堂に来たくなった。

昼間は善光寺の西之門で試飲で泥酔、
深夜に起きて権堂徘徊。最強プラン。

 

Nishi2017_22

住宅街に誇らしげに聳え立つホテルAI。

ご近所さんに見つかったら大変じゃないですかぁ。

 

このホテルAIらへんから、繁華街臭が消えたので、
権堂駅方面へ戻ることにしました。

 

Nishi2017_23

飲んだくれ通り。 手前の店が何気に気になります。

 

 

Nishi2017_24

出た!ホテルエーゲ海!

 

結構色んな場所にありますねぇ。

前も書きましたけど、U字工事のネタで、

「海無し県海無し県言うけどな、
 鹿沼ICの近くにエーゲ海って言う海があるんだ!」

 

「それラブホテルだっぺ!」

 

というくだりがぼくはとても好きです。

 

~~~~~

 

確かココらへんからは権堂駅西側の
散策の写真だった気がします。 

 

 

Nishi2017_25

もう絶対エロい店だと思ったのにやってない。

でも出てくるのは魔神の方かもしれない。

 

Nishi2017_26

何かここのトイレ印象が強かった気がしました。

寺だったかが保育園だったかやってて、
でも公園だったかのトイレ。

うおー、全然覚えてないじゃんw

 

Nishi2017_27

美女6号店。

多分ここもやってないのかなー。
看板は現役臭を感じさせるんですけど。

 

Nishi2017_28

こうやって見ると、住宅街と混ざってるようなスナック群。

やっぱり夜も歩いてみたい。
そして今もやっているか確認したい。

 

Nishi2017_29

このあと、逃げられました。

 

 

~~~~~~

 

べに
おおおお!

 

ブログ化はしてないんですけど、
実は昔、権堂周辺に来たことがあります。

 

過去エントリーの「新潟駅前風俗の話の」 時、
文中にある「長野県のお店」がこのお店とのこと。 

Nishi2017_30

チャイナ遊艶地 蘭蘭

 

で、後日に3人で行ったことがあって、
ただ2人までしか入れなかったので、
ぼくは同系列の違う店に案内されました。

なのでこのお店の中身はぼくはわかりません。

 

Nishi2017_31

ココらへんはもう歓楽街の端っこなのかな?

 

Nishi2017_32

この時は権堂駅の西側にいたんですが、
東側の歩き損なった道を見つけてしまったので、
ズームで撮影しました。

どう見ても風俗な気がする。

 

Nishi2017_33

あ、いいですね。

路地裏感が出て、風俗感とスナック感と。
猥雑な雰囲気がよーく出てます。

客引きとかいたら最高ですね。

 

そう言えば今この文章を打っている中、
先日のパンティ旅行記の中で、
パンティゲット出来そうな方法を思いついてて、
若くて可愛い必死な客引き女の子がいる場所を
見つけないとなーと思いました。

 

 

Nishi2017_34

いやいや、改めて権堂はすごい。

まだあるんかい。そう思った。
ぶっちゃけ巡るの疲れてきたわ。

今度ヒマな時権堂で飲もう。

 

Nishi2017_35

某フィリピンパブ。

もし、「いいね♡」を押せる機能があったら4つ押す。

 

~~

 

さっき、チャイナ遊艶地蘭蘭の写真を出しましたが、

あぶれたぼくが紹介されたお店が確かここだった。

Nishi2017_36

当時も和装が大好きなぼくは、
チャイナドレスよりも着物コンセプトの
この店の方がテンション上がったわけです。

 

とりあえず、
中に入って普通のピンサロですわ。

ただ、部屋は和室。畳敷きだった。

 

で、Kちゃんと言うおっぱい大きい子に
お相手してもらいました。

ああ、もちろんおっぱい大きい子を
ぼく側が指名しただけなんですけど。

割りと楽しい時間を過ごしました。

 

あれからもう何年も経つので、
Kちゃんはもうおらんやろなーと思って、
ホームページを開いたら、

 

 

新人 べに (21)

 

 

おお、まさかの風俗デビュー!!

 

おっぱいもDカップとのことで、
まあ、まあイケる気がする!

 

 

Nishi2017_37

これもスナック群。

こうアパートっぽい造りの建物だと、
どうしても上田のおっぱい割り思い出しちゃうんだよなー。

 

Nishi2017_38

これを入れてあと7枚も写真が残っていた。
もうコメントすることねーよ!

どんだけあるんだよ権堂!!

 

Nishi2017_39

地下にも広がるスナック街。

写真にもあるように、もうノーコメントですわ。

 

でも折角だから階段降りていったんですが、
電気ついてなくて真っ暗だったので
すぐ引き返しました。

 

Nishi2017_40

はー、もうこんな赤羽みたいに、
ビルぶち抜きでスナックがあるとこがあるんですねえ。

 

Nishi2017_41

ココへ来て、あのバ・・・ナナちゃんがママやってた
お店ってどこなんだろうか?

御代田にはもう余裕が無いと行かないけど、
権堂ではマジで一回飲んでみたい。

 

Nishi2017_42

もうお腹いっぱいですー。

これ以上ぼくをたぶらかさないでください。

 

Nishi2017_43

ここはわからん。風俗系ではないでしょうけど。

 

Nishi2017_44

げふ。

 

Nishi2017_45

もうコメントするのも辛いわ。
そんなわけで、権堂の歓楽街の写真は以上です。

 

当時はテンションMAXバーストで
撮影してたんでしょうけど、

冷静に今、写真の編集とコメント付けてて、
今のぼくに当時のテンションが理解できなかった。

何してんだマジで。

 

まあでもこれで思い当たる節は
全て歩き尽くしたので、
ぼくも満足だったんだと思います。

 

しかし相変わらず、
この駅周辺の歓楽街散策はめっちゃ歩きますね。

ぼくはこういう時、歩くのは苦にならないのですが、
今写真の撮影時間を見ていたら、
実に1時間半の間、ずっと歩いてた事になります。

駅表~駅裏周辺まで歩きましたからね、
今度歓楽街散策する時は
万歩計でも用意しましょうかね。

 

スマホのアプリで歩いた軌跡を
記録するやつとかないかな。

GPSフルMAXなら
電池の消費やばいかな・・・。

 

~~~~~~

 

そう言えばお昼を食べてなくて、

権堂周辺でお昼を食べることは
考えていましたから、前もって周辺で
色々と検索をしていたのですが、

 

どうやら長野県では「ヤキメン」という
B級グルメを普及させようとしているみたいで。

 

B級グルメ大好きなので、
この「ヤキメン」というのを食べました。

結構離れた場所にありました。

 

Nishi2017_46_2

調べてみると、規定に沿って「ヤキメン」として
認められた「ヤキメン」を提供しているのは、
このお店含め合計3件くらいでした。

その事実は権堂にいた当日に知りました。

 

というわけで、ここで出てくるのは
本物の「ヤキメン」ということになりますね。

 

ヤキメンの規定とは、

・モチモチの専用麺
・にんにく風味
・信州味噌味
・長芋をホクホクに
・温泉卵トッピング

だ、そうです。

で、運ばれてきたのがこちら。

Nishi2017_47

信州味噌と、にんにく風味で味は良かったのですが、
ちょっとしょっぱかったかも。

 

ただ、長芋。
ホクホクのやつと、
シャキシャキのやつがあって、
シャキシャキのヤツがマジ美味かった。

 

~~~~~~~~~

 

お腹も満たされましたので、
いよいよ西堀へ向かいます。

 

そうですね、
今回の旅行記最大のエントリーですよね。

 

今もなお、
西堀の出来事を1エントリーに全て
打ち込もうか小分けにしようかを
考えております。

多分小分けにする。疲れるから。

 

ではでは。

 

| | コメント (2) | トラックバック (0)

«西堀オフへの長野旅行記1~善光寺