« ヘイボー君と福島旅行~温泉きらくや | トップページ | ヘイボー君と福島旅行~白河の関 »

2011年10月 3日 (月)

ヘイボー君と福島旅行~郡山駅周辺

2015年9月 郡山のマッサージ店に突撃してきたので

http://free-range.way-nifty.com/file/2015/09/post-98aa.html

よかったらこちらも参考にしてください。

/////////////////

ヘイボー君と福島旅行 INDEX

出発 坂下ドライブイン 喜多方ラーメンバーガー 喜多方の町並み きらくや

=====

 

郡山駅!

Hukutoti27

 

私とヘイボー君は、本屋を探していました。
駅周辺のエロい店、およびデリヘルを調べるためです。

 

保身のために言いますけど、
今回風俗には行っておりません。
デリヘルも呼んでません。

 

でも風俗街は探索しました!

 

行けばいいじゃんとか言いますけど、
色々しがらみがあるんですよ。

勘弁してください。

 

新潟にはNNN(新潟ナイトナビ)みたいな本が
刊行されており、新潟の夜を楽しみたい男共が
愛用しております。

私は一回だけもらったことがありますけど、
使ったことはありません!

 

そんな感じで、ここ郡山周辺を楽しむために、
そういった類の本を探してたのです。

 

ですが、先ずの本屋が見当たらない。

 

 

ヘイボー
わかった!郡山の人は本を読まないんだ!

 

 

いきなり何を失礼なことを口走ってるんだろうかと
思う所存ではございますが、
彼がそう言うのも無理ないくらいに、
ここ郡山には本屋がないのです。

いえ、あるんでしょうけど、
なぜか探しても見当たらなかったんです。

 

仕方ないので駅周辺で、
ヘイボー君が本屋を検索しましたら、
エロ本専門店みたいなのあるじゃないですか。

女性の入店はお断りしますみたいな。

大黒屋書店っていいましたかね。

 

 

そこで、私とヘイボー君は衝撃的な
現場を目の当たりにします。

 

 

大黒屋書店を通り過ぎちゃったんですよ。
電気が消えてたので、
気付きにくかったんですかね。

しょうがないので、ぐるっと回って再び大黒屋書店に
行こうと路地を曲がったら・・・。

 

 

 

道がドロだらけ。

ゴミが、

家財が、

そのドロだらけの道に置かれている。

 

 

 

これはどこかで見た光景だ。

 

 

そうだ、新潟で起きた、
7.13水害後の街の様子と一緒だ!!

 

 

ここ、郡山駅の裏手と言うのでしょうか、
そこには阿武隈川が流れております。

すっかり忘れてましたが、
うん、前日、台風だったよね。

 

というか、

 

道、通行止めばっかりだったよね。

 

 

その影響が、ここに強く出ておりました。

 

すぐ裏手がこんな状況ですので、
大黒屋書店に着いても、

 

 

店員
「・・・こんな状況ですので・・・。」

 

 

と言われました。

彼は一人で後片付けをしてたのだろうか?

 

 

~~~~

 

時間がなくなってきたので、
もういいや、郡山駅周辺を散策しよう!

という話になりました。

 

駅前にアパホテルがあって、
もう今夜はここにしようか!

という勢いになってきます。

 

 

なんかさー、あるじゃん。

駅前の適当な居酒屋で飲んで、
そのまま風俗行って、
ほにゃ~ってなったら
宿に戻ってそのまま眠る。

 

何か最高の夜の過ごし方じゃないです?
多分絵に描いたような出張中のサラリーマン。

 

そんな夜を夢見て、
とりあえず近くのコインパーキングに車を停めて、
駅周辺を歩きました。

 

 

Hukutoti28  

ちょっと一本裏路地に入ると、
それこそマーケティング横丁じゃないですけど、
ちょっと横道にそれてみますと、あるわあるわ。

 

 

客引き兄ちゃん
お客さん、ヌキはいかがですか?

 

 

何か歩いてるだけで
懲役喰らいそうなセリフを言いながら
兄ちゃんが近づいてきました。

 

やめてっ!
近くに若い女性が歩いてるのに、
そんなこと言いながら歩いてこないでっ!

 

本来、本屋さんでそういう書籍を購入してたら
スッパリと断って、見学とか行ったんでしょうけど、
本屋さんとか水害の後処理でしたからね。

いわば私達は完全なる情弱状態。

 

ならばここら辺で長いこと客引きをしてる
兄ちゃんから情報を聞きだすとしましょう!

 

べに
「いやー、まず泊まる場所を探さないとなんです。」

 

だったらこんな場所歩いてんじゃねーよと
自分でも思うんですけど、

 

べに
「でも、ここら辺ってどうなんですか?」

 

と聞いてみると、
まああんまり書くと生々しくなるので概要だけ話しますけど、

 

郡山で遊ぶなら、キャバかレンタルルームに行くべき。
ピンサロやおっパブは、40代が登場する。

とのことでした。

 

さらに、

 

客引き
「あそこのラーメン屋の近くの店、気をつけた方がいいです。」

 

 

ヘイボー君
「何でですか?」

 

 

客引き
「20万円ボッタクられるって噂ですよ。」

 

 

 

 

 

 

べに&ヘイボー
20万!?

 

 

風俗街のど真ん中で、
バカ二人の声がこだましました。

 

 

もう忘れかけたので滅多なこと書けませんけど、
確かマッサージだったか中国系だったかの店だそうで。

 

 

ヘイボー君
ありがとうございます!

 

 

 

ヘイボー君はお礼を言いました。

そりゃそうですよね。
私もブログに 20万円ぼったくられました、
とか書かなくてよくなったわけですから。

 

ですが、この客引きの兄ちゃんと話したことにより、
私たちの今後が決まりました。

 

~~~~

 

 

ヘイボー君
ラブホに泊まろうかー。

 

散策も終わり、トイレ借りがてら寄った
松屋で牛丼食べながら彼は言った。

 

駅前宿泊前提なら、お酒飲んで、
いい感じなところでヌキを入れる。

 

それがベストプランだと思ってましたが、
さっきの客引きの兄ちゃんの話ですと、
ピンサロは40代とエンカウントする。

かと言ってレンタルルーム借りるくらいなら、
デリヘル呼んだ方がよくね?

駅前のホテル借りるなら、
デリヘル入れるかわかんないから、
最初からラブホの方がいいかも!

 

そんな結果に落ち着きました。

 

幸い、郡山にはラブホエリアがいくつかあります。

サイトで調べるのも手間なので、
実際ラブホエリアに行って
宿泊料金と空き室を確かめる暴挙に出ました。

 

確か、ピーナッツとかいうラブホが
安くてキレイ目だったんですけど、
完全に満室という状態。

 

ヘイボー君は「ピーナッツ」という語呂が気に入ったのか、

 

ヘイボー君
ピーナッツー、何で空いてないんだよピーナッツー!

 

とずっと連呼しておりました。
ピーナッツに何かあったのかい?

 

実はラブホ探して1時間半以上が経過しております。

それもそうでしょう、
ラブホエリア二つも回ってるんですから。

郡山市だって狭くないです。
ラブホエリアの距離もまあまあ開いております。

 

色々動き回っていたら、ホテル山水って場所がありました。

敷地内に個別に家が建ってる様な状態。
 

しかもここら辺の相場最安値、一泊6000円と来たもんだ!

ちょうど空き室も2部屋あります。

 

もうここにしよう!ということで
ホテル山水に泊まりました。

 

~~~~

 

ここでちょっと事件が起きました。

 

ラブホの駐車場にバックで進入したら、

 

 

ガリガリガリガリ・・・・

 

 

べに
└[゚ロ゚;]┐!?

 

 

一体何事!?

ですが、バックモニターには何も写ってません。

ヘイボー君が車から降りて確認に行くと、

 

 

ヘイボー君
べに君! 上!鉄柱がある!

 

 

べに
「何ぃ!?」

 

 

車から降りてみると、
もう驚愕な光景が!

 

 

Hukutotic

 

お前、この造りはないだろ

 

完全なるミニバン殺し。

 

幸い見えない部分ですから良かったんですけど、
これは心に傷を負うレベル。

 

~~~~~

 

さて、部屋に入ると、
僕らが探してた本が置いてありました。

福島夜遊びガイドみたいな名目の本。

 

ご丁寧に2冊も。

 

さあ、夜も遅く!
ラブホもわざわざ二部屋借りたんです。

そして狙ったかと言わんばかりに
風俗雑誌が!

 

さて!早速・・・・!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Hukutotib

かんぱーい♪

 

昼間買ったりんご酒を炭酸で割って飲みました。
ロックで飲むべきでした。

 

そしてしそ味噌。紫蘇味噌。

マジ上手い。これ、近所で売ってないかな・・・。

 

 

え、デリヘルはって?

 

 

ヘイボー君は、仕事明けで一睡もしてないのに
今回の福島旅行。

私もずっと運転だった上に、
ここへ来て屋根をこするという大惨事。

 

そしてもう午前0時を回った時点で
もういいじゃん、みたいな話になりました。

 

 

郡山駅で風俗街を闊歩してたのは、
別に風俗に行きたかったわけじゃないんです。

 

ヘイボー君に言わせると
これも異文化交流なんでしょう。

 

郡山の街並みを、
地元長岡の街並みと比べたり、
どういう場所なんだろう?とか探索したり。
そして客引きの人と戯れたり。

 

そういうのが楽しいんです。

 

さて、お酒入ってだらだら語って。

 

眠くなってきたので寝ることに。

 

翌日は、郡山駅に戻って、
お土産を買ってから、白河に行くぞー!

 

|

« ヘイボー君と福島旅行~温泉きらくや | トップページ | ヘイボー君と福島旅行~白河の関 »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ヘイボー君と福島旅行~郡山駅周辺:

« ヘイボー君と福島旅行~温泉きらくや | トップページ | ヘイボー君と福島旅行~白河の関 »